ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

「情」も「恥」も知らない人間が総理大臣であることの地獄。

オウム死刑囚13人のうち7人が死刑執行の施設のある刑務所に移送されました。
権力者の考えることは洋の東西を問わず、時代を問わず同じです。
気が付いたのが、残された死刑囚の顔ぶれです。
かれらは、麻原彰晃を除いて、みんな科学省と呼ばれた部署に所属していました。
曖昧な記憶ですが、確かアメリカの科学者からも嘱望された人間もいたと思います。
ひき続き第二段があるのかもしれませんが、やはり、この選別には意味がありそうに思ってしまいます。
(もし死刑が執行されたら、あの死刑執行が引き金だったのかと国民が思うような局面にこれからなっていくような気がしてなりません。)

731部隊は、あれほど非人道的、非人間的な実験をしていたにもかかわらず、実験のデータと引き換えに誰一人罪に問われることなく放免された上に大学や病院の研究機関に登用されて戦後の医療界に君臨したのです。
そのことを思い出しました。

オウム裁判でいったい何が解明されたのでしょう。
むしろ謎が深まっただけではありませんか。
いちばん分かり易い「フシギ」は、サリンを製造したことになっている建物が早々と解体されたことです。
よほど、都合の悪いものがあったのでしょうか。


c0243877_10312262.jpg


田中真紀子さんが総理を批判するのはいいのですが、必ず付け足すのが、だけど「人柄はいいのです」ということです。
真紀子さん、それを言っちゃおしまいですよ。
総理に会った人は口を揃えて、気さくでいい人だと言います。
うしろから近づいて、軽く肩をポンと叩いてニコニコしながら何か声を掛けている総理を2.3度見たことがありますが、総理はそれが実に効果があることを知っているのです。
(天皇陛下にだってしかねない人間です。)
いわば、総理はそれをするだけで今の地位に上り詰めたと言ってもいいくらいです。
人間の弱いところで、だれだってニコニコしながら話しかけてくる人間(しかも、地位のある人間)を憎く思う人はいません。
イチコロでしょう。

わたしたちは、後藤田正晴の安倍評を肝に銘じなくてはなりません。
岸信介とその血をひく安倍晋三の怖さは、「情」と「恥」を知らないところだと言ったことを。
そんな人間を国民は二人も総理大臣にしたのです。

安倍下ろしはアメリカの意向だという見方があります。
そうかもしれないと思わせるのが小泉親子のテレビへの露出度です。
わたしなんか、小泉純一郎がいまごろ何を正義の味方ヅラしているのかと腹が立ちます。


c0243877_1030252.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-15 10:35 | Comments(0)

曽野綾子さん、もう何を言っても遅いのです。

文書改竄問題で、経済同友会の小林代表幹事が「民主主義への重大な問題で、立法府や国民をないがしろにしたものだ」と言っていて、どの口が言う?と呆れました。
国民をないがしろにすることにかけては総理に引けを取らないどころか、もっと国民に痛みに耐えてもらおうと言って(言ったのは榊原経団連会長)安倍政権の背中を押していたのが経済界ではありませんか。
そんなことよりも国会の審議が止まっていることが気になるようで、というのも働き方改革関連法案を是が非でも今国会で成立させたいからです。
かれらに民主主義や国民は眼中にありません。

曽野綾子さんが、初めて?森友に触れています。
さすがに保身のためにも触れざるを得なかったようです。
学校はお金さえあれば建つが、「怖いのはそこで教えられる授業の中味の存在意義だろう。」と書いていますが、曽野さんは塚本幼稚園で四つ五つの子供が「教育勅語」を唱和しているのを「怖い」とは思わなかったのでしょうか。
幼稚園では、安倍総理への個人崇拝までしていたことも知っていたはずです。

「日本会議」の総師?田久保忠衛さんが「米中に横たわる言い知れぬ不安」と題して、安倍総理の果たす役割は大きいと書いています。
森友には一切触れずに、独裁の道を突っ走る習金平だそうですが、まったく足元が見えていません。
よくそれで歩けますね。
民主主義国家では起こり得ないことが起き、そのトップの張本人がなんでこうなったのか分からないと言っているような狂った恥ずかしい国なんですよ、日本は。


c0243877_10544386.jpg


潮匡人さんが「安倍マンセー保守」たちよ、森友文書改竄の罪深さを認めよ」と書いていますが、百田尚樹と仲良く対談しているようなあなたは「安倍マンセー保守」ではなかったのですか。
3月2日以降の急展開に驚いているようですが、自身、森友劇場には飽きたといって早々と耳を塞いだ人間が何を言っているのでしょう。
「公文書は健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源」だということも最近知ったのですか。
潮さんが飽きて早々と関心を失ったころから、わたしたちが民主主義が壊れていくのをどんな思いで見ていたか分かりますか。
あれほど「ソンタク」という言葉が飛び交っていたのに潮さんは馬耳東風だったのですね。
ここにきて「驚いた」は通じません。
わたしは、保身に走る人を面白がったり、ザマーミロと思う気持ちはまったくありません。
ただ、途中からでも、これはちょっとおかしいのではないかと気が付いてほしかったのです。
そして、気が付いたらそれを公にしてほしかっただけなのです。
それがどれだけ国益になったかしれないからです。


c0243877_105556.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-14 10:57 | Comments(0)

辞めないのなら国民の手で辞めさせるしかない。

総理が「なぜこんなことが起きたのか」と言ったとき、わたしはまじまじとその顔を見てしまいました。
鉄面皮もここまでくるとぽか~んとするしかありません。
よく、だれ一人わたしから直接何かを聞いたという人はいないと言っていましたが、いまのところ総理が強がっていられるのはその一点です。
総理と副総理は辞任する気がなさそうですから、その代わりに外のだれかが辞めないといけません。
わたしは、安倍内閣を倒す早道は党三役や閣僚が辞任することだと思っています。
総理に批判的な岸田さん、それでも政調会長を続けますか。
同じく総理の座を覗う野田聖子さん、ここで辞任すれば国民は拍手喝采ですよ。
というわけでドミノ倒し方式で辞めて行けば内閣は持たないのです。
これだけ総理の悪業が露わになったのに、内閣の一員であるということは悪業に加担していることと変わりません。
国民の怒りや社会や時代がどういう方向に向かっていっているかが分からなければ取り残されますよ。
総理が辞めないということは、まだ自殺者がでる可能性があるということだと思っていいのではないでしょうか。


c0243877_10235559.jpg


自殺した赤木元管理官の報道もおかしいことだらけです。
「自殺とみられる」とか「遺書らしきものがあった」とか。
それに、去年8月に親族に電話で弱音を洩らしていたということですが、なぜ家族ではなく親族なのでしょう。
家族はどこにいたのですか。
相変わらず、自殺しているのが見つかったと言うだけで、第一発見者は隠されています。
このように、権力に殺されると本人も遺族も浮かばれないことになりますから、ゼッタイに自殺はしないで生きることを考えてほしいです。

昭恵さんが、学校用地を、良い土地だから話を進めてくださいと言ったということですが、かの女は民主主義政治の仕組みが分かっていないようです。
森永製菓の社長のお嬢さんということですが、いつまでも社長の娘で、いまは社長の妻くらいの気分なのだと思います。
社長の妻なら言いそうなことです。

菅野完さんが、籠池証人のあとに改竄しとるんとちゃうんか?と言っていますが、籠池さんの証人喚問を拒否していた官邸が、一転喚問に応じたのは、籠池さんが何をどこまで喋るかをさぐるためだったのかもしれません。


c0243877_1025922.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-13 10:29 | Comments(0)

悔しいけれど韓国が輝いて見える。

悔しいというより羨ましい。
韓国が輝いて見えるのです。
文大統領はいい顔をしています。
わが国の総理のような邪悪、陰険、汚いオーラは微塵もありません。
日本には、オリンピックを政治利用したと批判する声もありますが、平和の祭典であるオリンピックを平和のための利用することに何の不都合がありましょうや。
ところが、わが総理は平和を壊すことを目的に平昌に行ったのです。
慰安婦合意を守れと、到底韓国が受け入れられないことをわざわざオリンピックに合わせて言いに行ったのです。

オリンピックが終わるや否や、文大統領はすぐに特使を北に送りました。
特使の5人は楽しそうでした。
5人は、若い北の指導者と百年来の知己であるかのように談笑していました。
帰国した5人の顔は輝いていました。
わたしは、あのような何の屈託もない嬉しそうな顔を長い間見たことがありませんでした。
文大統領は、間髪入れずに鄭義溶国家安全室長を訪米させ、トランプ大統領に北との会談の内容を報告させました。
驚くべきことに、そこで米朝会談が即決されました。
大統領と記者会見に現れた鄭室長は興奮も高揚した様子もなく、落ち着いた態度で紙を読み上げていました。

ゼッタイに戦争を避けたい文大統領と、圧力を強めて戦争に持っていきたい日本の総理。
光と影、善と悪、戦争と平和がこれほど際立ち視覚化されているのも珍しい。


c0243877_10374787.jpg


改竄問題が明るみに出て、もう二度と拝むことがないかもと思っていた「正義」がチラッと顔を覗かせたような気がしました。
この機を逃してはほんとうにこの国は永遠に正義に見放されます。

総理は慌てて訪米するようですが、もう二度と外交をさせてはいけません。
外交するたびに、日本を貧しくさせ戦争へと誘導してきた国家犯罪者をこれ以上許してはいけません。

アメリカは北と三つくらいのチャンネルを持っていると言っていましたが、日本もそれに刺激を受けたのか、北とは水面下で交渉しているということでした。
(交渉の任に当たったのはトーイツ?)
あくまで個人の妄想ですが、あれほど総理が危機に陥るたびにミサイルを発射して援護してきた北が、急にピタッとそれを止めたのは、交渉の過程で両国間に決定的な亀裂でも生じたのでしょうか。
もしかしたら、安部総理のほんとうの企みに気がついたからでしょうか。
あの日本に向けて発表した論評にはそれへの激しい怒りが込められていたように思います。


c0243877_1039147.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-11 10:42 | Comments(0)

死者の無念のために。

安倍総理やその妻のしたことで仮にも死者が出るようなことはあってほしくないと思っていたのですが、その願いは叶いませんでした。
山本太郎さんの呼びかけは届かなかったのでしょうか。

「この国に生きている官僚のみなさんは、この国をもう一度立て直すために必要な人材なのですよ。今持っている情報があったら、是非出していただきたい。そして、ちゃんとした国作りのために力を合わせていただきたい。決して、自分の命を無駄にするようなことはしないでいただきたい。」

わたしは、野党やマスコミがもっと連帯し徹底的、重点的に安倍総理を追及していたら、こんなことは起きなかったのではないかと思っています。
官僚たちに、もしかしたら野党やマスコミは自分たちの味方になってくれるかもしれないと思えるような強いメッセージを発していたらこんなことは起きなかったのではないかと。
総理はモリカケから逃げ回っていました。
意味のない外交をし、必要のない選挙まで行いました。
それをマスコミと野党は指を咥えて見ていたのです。
そして、官僚たちはその間生殺しの状態に置かれていたのです。


c0243877_1001027.jpg


自殺したとされている赤木管理官は、去年の秋ごろから体調を崩して休職中で、自殺の前日に大阪地検の聴取に応じていたということです。
翌日の自殺はいかにもという印象です。
なんでも疑ってかかるというのはわたしの好むところではありません。
しかし、わたしも「相棒」の右京さんではありませんが細かいところが気になるタチです。
といって自殺の否定の根拠になるというものでもありません。

通常と言うか、こういうニュースを報じるときには、第一発見者の存在は欠かせません。
自殺しているのを家人が発見して警察に届けたとか、独り暮らしの場合は、連絡がつかないのを不審に思った会社の同僚が自宅を訪ねて発見したとかなるのが通例なのですが、今回そこが抜けているのです。
ただ、自殺しているのが見つかったと報じただけなのです。
こういうことって「あり」なのですか。
また、遺書があった=自殺となるのですが、サスペンスドラマでは、多くの場合、そこから謎解きが展開していきます。
遺書があったということを簡単に信じてはいけないのではありませんか。
真相は闇の中です。
ただ、わたしは自殺であろうがなかろうが死者の無念を少しでも晴らせるものなら晴らしたいとの思いで、疑問に感じたことを書き留めておきたかったのです。


c0243877_102232.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-10 10:06 | Comments(0)

当たり前にあった未来が今はない。

朝日に続き毎日も改ざんの事実を示す文書を出してきました。
総理にしたら、スシ友と言われている各報道機関の論説委員、編集委員、報道局長を籠絡したから安心していたのでしょうか。
報道機関の内部が一枚岩だとでも思っていたのでしょうか。
それに、一国の総理ともあろう人間が一報道機関を目の仇にし、過去の誤報を持ち出してそれこそしつこくしつこく責め立てている姿は常軌を逸していました。
そこには、むかしの政治家にはあった品格も武士の情けもなく、ただただ異様としか言いようがありませんでした。
後で何が出てくるか分からないから、総理も財務省も疑心暗鬼になっているようですが、総理の身辺から今のところ辞任のオーラは感じられません。
まだ逃げ切れると思っているのでしょうか。
きのうは、自党議員の質問に、財務省には最大限の努力をしてもらいたいと答えていて笑ってしまいました。
あんたさえ総理でなかったら、モリカケはもちろん日本がこれほど道義的にも経済的にも荒廃することはなかった。
それどころか、あんたは戦後、国民が未来を信じて積み上げてきたものを全部破壊した。
疑ったこともなく当たり前にあった未来が、今はないのです。


c0243877_12374564.jpg


原本は大阪地検にあるということですが、なぜ地検は動かないのでしょうか。
検察は小沢さんのときは容疑事実もないのに、逮捕も視野に張り切っていたではありませんか。

総理は2月中に、自党の3回生議員と6回に分けて公邸で会食したということです。
9月の総裁選に向けての環境づくりということらしく、その底知れぬ権力への執着には心底驚きます。
しかし、たとえ3期をやれても自分の悪事が消えるわけではないのですが、総理にはそこまで考えることができません。
とにかく、いつもいつも「今だけ」なのです。
会食では、憲法改正についてGHQの作った憲法を日本人の手でと熱弁を揮ったそうですが、そのGHQに取りたてられて戦後日本の悪しき基礎をつくったのがおじいさんの岸信介ではありませんか。

政府は緊急事態法の成立を急いでいます。
それを災害時に国民を守ってくれる法律だと好意的に解釈している国民の何と多いことか。
安保法制もそうでした。
安部総理は真剣に日本を守ろうとしてくれたと。
しかし、米朝の首脳会談実現で日本はハシゴを外された上に、安保法制も宙に浮いてしまいました。
東アジアは融和に向かっているのに、世界を回って北への圧力を要請してきた総理は「日本の恥」です。
わたしはいま日本国民であることが恥ずかしい。


c0243877_1163934.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-09 10:58 | Comments(0)

最低の道徳観念もない総理とその妻。

伊調選手の告発を受けてレスリング界に激震が走っています。
栄コーチはいま夜も眠られず、食事も喉を通らずで心身衰弱の状態にあるということです。
最初、マスコミに囲まれて取材を受けたときも声が上ずっていて、ショックの大きさが窺えました。
栄コーチには悪意や誤解の有無は別にしても思い当たることばかりだったのではないでしょうか。
だから、ショックが大きかったのだと思います。
つまり、栄コーチは良心的な人だったということではないでしょうか。
(伊調さんが活動拠点を愛知から東京に移すときにきちんと円満に話がなされていたのでしょうか。)

森友の問題で、昭恵さんの存在が大きく報じられるようになったころ、わたしは、もし自分が昭恵さんだったら生きてはいけないだろうなと思いました。
いまの栄コーチのように、夜も眠られず、ご飯も喉を通らなくなるのは確実でした。
ほとんどの人がそうなるでしょう。
ところが、昭恵さんは一時情緒不安定になったようですが、すぐに立ち直り何ごともなかったように活動を再開しました。
なんという人だろうと思いました。


c0243877_1105434.jpg


その夫は妻以上に理解を超えた人間でした。
第一次安倍内閣では、お腹が痛くなって辞任したので、またそうなるのではないかとの世間の予想は杞憂に終わりました。
下野している間、人間を改造されていたのかと思うほどタフで、毎夜のグルメでは肉食系を見せびらかしていました。
普通なら、到底乗り越えられないような難局もすいすいとクリヤーしてトップの座に居続けました。
わたしは、ほんとうに不思議でなりませんでした。
しかし、途中から分かったのです。
「こころ」がないからだと。
「こころ」がなければストレスは生じません。
恥辱に感じることもありません。
人類史上に始めて現れた人間だと言ってもいいくらいです。
小沢さんが言われるように、こんな最低の道徳観念もないような人間が日本の総理大臣なのです。

文書の件で財務省から自殺者が出るのではないかと言う人がいますが、わたしはそれはないと思います。(他殺は別にして)
いままで自殺者がでたのは、まだ社会に義理や人情が残っていたからです。
最低の道徳観念も持っていない総理大臣のもとで、だれかに忠義立てするような酔狂な人間がいるとは思えません。


c0243877_1101292.jpg









×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-08 10:54 | Comments(0)

その陰険な下心は浅い小川の水のように見え透いている。

南北首脳会談が決まりました。
会談をしている間は核開発もミサイル発射もしないということなので、全国の教育委員会に避難訓練要請の通達まで出していた総理はさぞ困っていることでしょう。
北朝鮮が「『脅威』をもたらす張本人は果たして誰か」という論評を日本に向けて発表しました。
「安倍一味がわれわれの「脅威」にかこつけて日本社会に恐怖の雰囲気を醸成させようと狂奔するが、その陰険な下心は浅い小川の水のように見え透いたものである。」

何もかも見透かされているのです。
相手のことを忖度せずにやり過ぎたことが、南北融和へと向かわせた原因の一つではないでしょうか。
経済制裁以外に、北に踏ん切りを付かせる何かがあったのではないかと推察させるものがあります。
とにかく、総理のすることなすことすべてが裏目に出るのです。
余りにも幼稚で邪悪で粗雑だからです。
しかし、今回はその裏目が日本の救いとなりました。
総理はどう出るのでしょうか。
政府は緊急事態法の成立を急いでいます。
なんと総理が恃みとするのは大災害なのです。
これほど国や国民に愛のない総理も初めてです。
思えば可哀そうな人間です。
人の愛、人の情が分からないのですから。


c0243877_10553274.jpg


だから天皇を敬う気持ちも分かりません。
まだ産経がしつこく書いています。(阿比留瑠偉)
天皇が譲位の意向を示されたのは憲法に抵触するのではないかと。
有識者会議のメンバーの一人は「お言葉は憲法違反じゃないかという意識はあった」と言っていたと。
総理は国会で、尾崎行雄の「玉座をもって胸壁となすなかれ」という言葉を引用して、天皇の言葉には慎重でなければならないと言ったそうです。
自分たちは、憲法を無視し、権力を最大限私物化しておきながら何を言っているのかと、怒髪天を衝く思いです。
かれらの言っていることから、かれらがいかに天皇を疎ましく思い、底知れぬ怒りと憎しみを抱いているかがよく分かるではありませんか。

菅野完さんの国会前での演説をツイキャスで見ました。
国会の中に犯罪者がいると。
かれらは極左ゲリラだとも言いました。
たしかに、かれらに「保守」のホの字も爪のアカもありません。
それどころか、日本の歴史、伝統、文化をことごとく破壊しました。
文化大革命の紅衛兵と変わりません。


c0243877_1056467.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-07 10:58 | Comments(0)

「あずかり知らぬ」と平然と言える総理大臣。

森友への国有地売却についての決裁文書を財務省が書き換えたことがほぼ事実だと分かりました。
共産党の辰巳幸太郎議員は、事実であれば内閣総辞職に相当すると総理に迫りましたが、総理は、まったく自分のあずかり知らない話だと逃げました。
この人が総理でなかったら、森友も、加計の問題も起こらなかったことだけはハッキリしているのです。
わたしはそのために総理になったのではないかと疑っています。
日教組を殲滅し、日本中に「日本会議」系の私学を作るための先駆けとするための森友ではなかったのですか。
4年前?の2.26日に大阪の居酒屋で松井知事、八木秀次と3人で盛り上がったのはそういう話題ではなかったのですか。
それでもあずかり知らぬと?
100歩譲ってそれが事実でも、自分の政権で起きたことには責任があるのです。
自分一人だけは逃げおおせるつもりでいるようで、どこまで汚い人間かと反吐が出そうです。
はじめて見る人間です。
おそらく、妻のことも妻が勝手にやったことで、自分はあずかり知らないと言うのでしょうね。
検察は何をしているのでしょう。
まだボス(CIA?)からゴーサインがでないのですか。


c0243877_10564742.jpg


この件と関係はないでしょうが今月末にオバマが来るそうです。
(バッドタイミング)
外交するふりで逃がしてはなりません。
南北融和に狼狽えず強硬路線を貫けとか言いに来るのかも。
もう日本が、自由がない、民主主義がない、法治国家ではないと言える国は北朝鮮だけになりました。
韓国の司法は元気です。
中國は習金平の独裁体制になるようで、さっそく産経が批判しています。
常に外部のチェック機関が存在しない限り、中国は堂堂巡りを続けるしかないと。
まるで、日本にはチェック機関が存在していたかのようです。
ここにきて朝日が乾坤一擲の挙に出ましたが、官邸のやり過ぎが風を変えたということでしょう。
官邸は秘密警察になっていました。
総理は完全に脇を固めたと慢心していたのでしょう。
慢心から綻びが出てきたのです。
しかし、すんなり総理が白旗を掲げることはなさそうで、まだまだ悩ましさは続きそうです。


c0243877_10551980.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-06 10:57 | Comments(0)

ケント.ギルバードさん 煽動は止めなさい。

きのうの新聞に、ケント.ギルバードの「世界から尊敬される日本人」という本の広告があり、いまさらですが、嘘を書くな、扇動するなと思いました。
個人の名前を出して世界から尊敬された日本人と言うのなら分かりますが、日本人と言うだけで尊敬されるいわれはありません。
こういうのをデマと言うのではありませんか。
デマ(デマゴギー)とは、「政治的な目的で意図的に流す扇動的かつ虚偽の情報」とあり、明らかにそれに該当します。
日本人をイエローモンキーくらいにしか思っていないくせに、こういうことを書いて日本人を持ち上げるのは苦痛なはずですが、その苦痛を上回るなんらかの見返りや目的があるのでしょう。
最近知ったのですが、アインシュタインの日本礼賛もどこまでが事実か分からないのだそうです。
とくに、予言の中にある、きたる世界政府の盟主を担うのは日本という文言ですが、いかにも捏造の匂いが紛々とするではありませんか。
ケント.ギルバードの目的は、日本人をいい気にさせて第二の真珠湾攻撃に誘うことだろうと思います。
そうとも知らずにいい気になって「日本人スバラシイ」に酔っている滑稽な日本人。


c0243877_1114476.jpg


なんども書くのですが、わたしはデマほど罪深い憎むべき犯罪はないと思っています。
きのう災害の番組で、小林幸子さんが子どものとき経験した新潟地震ではたくさんのデマが流れたと言っていました。
ちょうど関東大震災時の朝鮮人虐殺の記事を読んで、デマが引き起こす人間の残虐性に戦慄していたところでした。
恐怖と不安から出た言葉がデマとなって拡散していくのでしょうが、
災害への備えでは、是非デマについても警戒することを周知させてほしい。
東北大震災では、わたしが知らないだけかもしれませんが、デマの噂は聞きませんでした。
デマが生じるスキもないほど、現実が地獄だったということかもしれません。
しかし、いまデマが作り出される土壌があります。
それももっとも忌むべき人種差別的デマが醸成されているように思います。
熊本地震のとき、動物園のライオンが放されたというデマが流れました。
犯人はしばらくして逮捕されましたが、罪名は動物園の業務を妨害した偽計業務妨害というもので2日後には釈放されています。
わたしは、もっと厳しい法律をつくって対処されなければならないと思います。


c0243877_1195338.jpg








×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-04 10:57 | Comments(0)

「クロちゃんの暴言」から考えたこと。

その番組ではなかったと思いますが、数年前に類似のものを見たことがあります。
患者になったタレントに、医師がすぐに入院しないと死ぬようなことを言っていて驚いたものです。
お笑い芸人の「クロちゃん」が「名医THE太鼓判」という番組で「2型糖尿病」と診断されいつ突然死してもおかしくないと宣告されたそうです。
普通なら恐怖で青ざめすぐにも生活習慣を改めると思うのですが、「クロちゃん」は余り深刻に受け取らなかったようです。
というか、恐怖より、生活を改めようという意思が薄弱だったということでしょうか。
ある番組がそこを突くためにドッキリを仕掛けたのですが、狼狽えたクロちゃんはあろうことか「あいつら(医師団)うるさいから、マジで、いやほんとうに」と言い、さらに心配して涙を流したという女医さんには「泣き真似する女もいるから」と言い放ったというのです。
「あいつら」の一人森田医師は「クロちゃんの暴言には悲しくて涙が出た」と言い、別の一人は「われわれがうるさく言うのはほんとうに心配だだからです。」と言い、嘘泣きといわれた女医さんは「強い悲しみと、残念でならないと同時に、医師として何がダメだったのかを自問しました。」と言っています。
かれらの言葉を嘘だとは言いませんが、涙が出たとか悲しかったというのは、プライドが傷ついたからというのが真実ではないでしょうか。


c0243877_9201911.jpg


わたしは、この世に、わたしの健康を心配して涙を流してくれる医者がいるとは到底思えません。
しかし、わたしがこの件で問題だと思ったのはクロちゃんでも医師団でもなく、視聴者の反応でした。
医師団の先生を「優しすぎて涙がでます」とか「献身的態度が素敵です」というコメントを寄せた視聴者にやりきれなさを覚えたのです。
みんなどこまで人がいいのでしょうか。
こういう番組自体を信じてはいけないのです。
優しさや献身とは逆なのです。
病人を増やすことを目的につくられた番組だと思って間違いないのです。
血圧や肺炎に気をつけようというCMをよく見ます。
その内、タレントが涙を流しながら「みなさんの健康が心配なのです」と言いながらクスリの宣伝をするようになるかもしれません。
資本主義、コマーシャリズムが来るところまで来たという感じです。
当の医師たちもその犠牲者かもしれません。
多分、自分の偽善にも気がついていないでしょう。
まともな医師ならあのような「おためごかし」はこっぱずかしくて言えないでしょうから。


c0243877_9231183.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-03 09:25 | Comments(2)

だれがシリアの子どもを殺しているのか。

シリアの都市が再び爆撃に曝され犠牲になった子供たちの悲惨な衝撃的な映像を見るようになりました。
ところが、マスコミは普通にこれをシリア政府軍によるものだと報じていますが、それは違うのではありませんか。
反政府デモがあった当時ならその嘘も通用したでしょうが、いまシリア政府がそのようなことをする理由はなにもありません。
こういう映像は市民が撮ったものでも、シリア政府が撮ったものでもありません。
欧米のマスコミが撮って意図的に流しているのです。
世界のマスコミを握っているのはユダヤです。
かれらは支配下にある欧米のメディアを自由に操って情報をどのようにでも操作できるのです。
いま、アサド政権が機能しているかどうかもわたしたちは知ることができません。
アサド大統領の声が届くこともありません。
すべて一方的な情報です。
去年、TBS「NEWS23」の星浩キャスターがアサド大統領のインタビューに成功しました。
星さんは、いまシリアのこういうニュースをどのようなポジションで報じているのでしょうか。
その中でアサド大統領は
「もっとも重要なのは、政府は道義的に決して自国民を殺すことはない、自国民に対して大量化学兵器を使用することはないということ。」
と言っています。


c0243877_113339.jpg


ちょっと考えれば分かることです。
国民に直接選ばれた大統領が自国民に化学兵器を使う理由がどこにあるでしょう。
いくらアサド大統領に悪の専制君主のイメージを植え付けたいからといってやることが野蛮で乱暴で幼稚過ぎます。
自国民を殺された上に、その罪まで着せられた大統領の心中は察するに余りあります。
いまふと気が付いたのですが、アサド大統領の身に起きたことは、天皇がヒロシマに原爆を投下するようにアメリカに頼んだという荒唐無稽なデマと相通じるものがあると思われませんか。
かれらはいつも同じ手口を使って、歴史をいじくり人々をコントロールしてきたことがよく分かるのではありませんか。
アサド大統領はトランプ大統領が「テロとの戦いがわれわれの優先課題だ」と言ったことを評価しこころに留めています。
トランプ大統領への評価はがた落ちですが、わたしはいまでもヒラリーよりはナンボも良かったと思っています。
何か発言するたびに批判に曝され混乱を引き起こしていますが、いかにヒラリー一派の抵抗が激しいかということでしょう。
混乱が変化をもたらし、そしてアメリカを終わらせてくれるのがトランプ大統領だと思ってわたしは期待しています。


c0243877_1133880.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-02 11:06 | Comments(0)

権力闘争がないことの弊害。

山本太郎さん、枝野代表が国会で籠池さんを取り上げましたが続きがありません。
わたしは法曹界、とりわけ弁護士会の沈黙が理解できません。
籠池さんには、自分一人のことならともかく、妻が同じく収監され寒い独房で耐えていることがこの上ない苦しみではないでしょうか。
夫として、男として堪えがたい苦しみではないでしょうか。
その憤怒はどこに向けられているのか、向けられている当人は何も感じてないようで相変わらずヘラヘラしています。

先日、何を審議していたのか覚えていないのですが、野党の質問に対して総理が「わたしは森羅万象について答えなければならない立場ですが」と言って吃驚しました。
てっきり、森羅万象について答えられるわけがないと言うのだと思ったからです。
この人、自分を全知全能の神だと思っているようです。
ほんとうに病気ではないのでしょうか。


c0243877_10595269.jpg


福田元総理が講演で、党総裁の三選について「いいんじゃないですか、しっかりした人が出てこないんだったら三選でも四選でもしたらいい。」と言ったことを産経が取り上げています。
産経はバカですからその真意が分からず、福田さんは総理を認めているのだと思ったのでしょうか。
それとも真意が分かった上で我田引水したのでしょうか。
しかし、そこに込められた悲憤、自民党への絶望、怒りが分かったとは思えません。
皮肉でしか言えなかったどうしようもない気持ちが分かったとは思えません。
わたしも自民党へは怒りしかありません。
なんでこんな異常な人間をいつまでも総理に据えているのかと思うからです。
石破さんなんて支持しているわけではありませんが、何かあるとちょこっと批判めいたことを口にするだけで一向に旗幟を鮮明にしません。
なぜ闘志を見せないのですか。
闘志を出さないだれも寄ってきませんよ。
権力闘争といえば、あまりいいイメージではないのですが、権力闘争こそが、政治を腐敗から守る大きな役割を担っているのではないでしょうか。
それがなければ、政治はただ沈殿し腐敗し独裁になるしかなくなります。
それが今の日本です。


c0243877_1104424.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-03-01 11:03 | Comments(0)

二十八日 その二  天皇を憎むこころの闇。

わたしの姉は天皇を憎むこと人後に落ちないほど罵倒する口調は激烈です。
しかし、なんでそんなに憎いのか呪詛するのかと訊いても答えはありません。
これでは反抗期の中学生と変わりません。
かれらは何で反抗するのか自分で分からないのですから。
わたしは明治天皇替え玉説から今にいたる巷間流布している噂を信じたことはありません。
信じたくないから信じないのではありません。
天皇の発言されたもの以外は検証不能だからです。
そして、それをいいことにデマを製造し拡散する人間がいます。

わたしは、明治維新のドサクサに、フリーメーソン(ワンワールド)が日本と天皇制を解体するためにいたるところにその種子を撒いていたと思っています。
かれらの悪意が仕掛けた陰謀なのに、なんで易々信じてしまうのですか。
かれらの思うツボではありませんか。
かれらが、日本をそのままにしておくわけがないのです。
植民地にならなかったことを自慢している場合ではありません。
そのとき植民地にならなかったことがむしろ日本を堕落させたとも言えるのです。
明治の元勲、政治家たちは、いまと同じように外国に魂を売っていました。
かれらはそういう外国人に教唆、使嗾されて、天皇の名のもとに悪事を働いていたのです。
そして、悪事はすべて天皇のせいにしました。


c0243877_9113477.jpg


思うに、天皇を憎むのは、なぜ国民の多くが現世的には何の役にも立たないし何も生産しない、政治を糺してくれるわけでもない一人の老人がいい暮しをし、国民から崇められているのかが理解できないからではないかと思います。
天皇を敬うのは国民が「無知」だからだと思っているのです。
そして一途に、無知な国民よ、目を覚ませと思っているのです。
理解できないから苦しいのです。
苦しいからさらに憎むのです。

人間はみんな同じだと言う人がいます。
同じとはどういう物差しで言っているのでしょう。
生物的、生理的、あるいは法の下では同じということならよく分かるのです。
しかし、この世には、徳の高い人もいれば、地獄の住人のような人間もいます。
わたしはこの天文学的な懸隔に驚嘆せずにいられません。
天皇以外にも、わたしは巷の聖人ともいえる阿羅漢や菩薩のような人に会ったことがあります。
十万人に一人くらいそういう人がいるのではないかと思います。
この世に降りた天使(天子)でしょうか。

冷徹な人間観察で知られる吉田兼好は、天皇はわたしたちと同じ人間ではないと言っています。
徳の高さを言っているのでしょう。
「源氏物語」のなかの「みかど」はなぜあんなに細やかな感性をしているのだろうと驚いたことがあります。
位の高い人が、なぜあんなに「人の情」が分かるのかと、、
徳の高さ、仁慈や慈悲のこころは皇室の精神的伝統としていまに受け継がれているのだと思います。


c0243877_9115673.jpg









×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-02-28 09:12 | Comments(0)

二十八日 その一  オリンピックが終わって。

オリンピックが終わりました。
長かったたなあという印象です。
始まる前に国に元気がないからメダルも期待できないのではと思っていたのは嬉しい誤算でした。
アスリートたちはたとえいっときでも日本を元気にしてくれました。
女子のスピードスケートの快挙は想定外でしたが、古くは橋本聖子さん、最近では岡崎朋美さんがガンバってガンバって銅を手にしたのですが、今回はそういう先輩の苦労を吹き飛ばすような勢いでメダルを大量取得しました。
小平さんの活躍で感じたのが、オランダ留学でかの女が「理論」を学んだことが大きいのではないかということです。
日本のスポーツ界がいまだに精神主義一本でやっているとは思えませんが、そういう体質の残滓が一朝一夕になくなるものではないでしょう。
早く「理論」を確立して合理的な指導、練習をしないと世界から遅れることになりませんか。


c0243877_952854.jpg


カーリングも粘って銅メダルを獲得しました。
人気が沸騰しているかの女たちなので批判めいたことは言い難いのですが、わたしは微笑ましい光景だと世界のメディアが報じた「おやつ(もぐもぐ)タイム」には違和感を禁じ得ませんでした。
競技場の中の観客もいるところであれはないだろうと思いました。
また、外国の選手が真剣に黙々と競技しているなかで「そだね、そだね」を連発するかの女たちの声も耳触りに感じました。
北の美女軍団の応援に感じた「傍若無人」と同じものを感じたのです。
思い過ごしかもしれませんが、こういうところにも、「日本スバラシイ」の風潮の影響を感じてしまいます。

相撲の春場所が始まりますが、オリンピックが終わってまたあの話題が蒸し返されるのかと思ってウンザリします。
白鵬は、批判された取組について、できるだけ減らすが大きく変えることはないと言って横綱の意地を見せました。
批判を気にして「分かりました、改めます」では横綱の値打ちがありませんw

北朝鮮が変わろうとしています。
日本だけおいてけぼりです。
おいてけぼりはいいのですが、これを奇貨として総理一味が独自路線に舵を切ることを恐れます。
戦前と同じ道に突き進むのを恐れます。


c0243877_954514.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-02-28 09:07 | Comments(2)

天皇を憎悪する人々。

数日前の「正論」に、八木秀次の「皇位継承の儀式のおける課題」と題する論文が掲載されました。
天皇のおことばに端を発するご退位に政府は神経質なまでに憲法との整合性を計ろうとしたと書いていますが、嘘です。
整合性なんか求めていません。
八木秀次は天皇の生前譲位を、「自由意思」と言い、そこに「自分勝手」とか「わがまま」というニュアンスを込めて天皇を批判した人間です。
横畠内閣法制局長官も、菅官房長官も憲法4条1項に抵触するのではないかとの懸念を表明しましたが、天皇に関してだけここまで憲法を厳密に適用しようとするのは、一言で言えば天皇への邪な怒りなのです。
かれら「君側の奸」は、譲位発言に虚を突かれると同時にそれを天皇の自分たちへ敵対行為だと感じたのです。
八木秀次によれば、天皇が「譲る」という意思を示すことは憲法違反に当たるそうです。
天皇が意思や意志を表明することは憲法に定める政治不介入の原則に反すると言っているのです。
つまり、天皇には人権さえ認めないということです。
保守を自称し、いつも日本、日本とか 天皇、天皇と言っている人たちのほとんどはこういう人間なのです。
日本への愛などありません。


c0243877_943059.jpg


いつだったか、タイで政治が混乱して収拾がつかなくなったことがありました。
そのとき両陣営の代表者は国王の前に身を投げ出しにじり寄って裁定を仰いだのです。
もちろん、国王が片方の味方をされるわけはなく、多分、お互いに譲り合いの精神でことを収めなさいというようなことを言われたのではなかったでしょうか。
譲り合えなかったからこういうことになったのですが、不思議や、国王に言われるとストンと腑に落ち、いままでの諍いはなんだったのだろうということになったのではないでしょうか。
まさに国王の言葉は神の声だったのです。
わたしの脳裏にはその場面が美しい記憶として残っているのですが、いつも思うのは日本もそうであってほしいということです。
君臣はこうあるべきだと思いました。
これが理想的な「マツリゴト」なのだと思いました。
日本でも天皇に自由に発言してもらいたいと思っている人が沢山います。
それをさせてなるものかと天皇への敵意や憎悪を剥き出しにしているのがいまの総理周辺の人間なのです。
天皇を否定し憎む人たちはタイのこのような国王と国民の関係も忌々しいものに映るのでしょうか。
わたしは国民が天皇を敬愛し敬慕する姿を美しいと思います。
極論ですが、わたしの中で最後の最後に残るのは天皇以上に、天皇を敬い慕った日本人の姿なのだろうと思います。
権力も持たず、現世的、世俗的には何の役にも立たない一人の人間がなぜ敬慕の対象になるのか考えたことがありますか。
天皇をヒエラルキーの頂点に君臨する存在だと思っている限りは永遠に分からないでしょうね。


c0243877_964130.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-02-26 09:09 | Comments(0)

それでも「まだ間に合う」と言わずにいられない。

きのう、某新聞の拡張員が購読を頼みに来ました。
若い人は新聞を取らないでしょうと訊くと、困ったような顔で大きく頷いていました。
不倫報道へのバッシングに危機感を持ったのか、文春がいい仕事をしました。
佐川長官を緊急査察するという特集ですが、同時に獄中の籠池さんの近況も知らせてくれました。
総理は自分を守るためだけに、国会での虚偽証言が証明された佐川長官を庇い続けるという大それたことをしています。
庇い切れると思っているのでしょうか。
これは、自分の野心のために正義をもちだして貴之岩というモンゴル人力士を犠牲にしている貴乃花にも言えることだなと思いました。

わたしは、何年も、マスコミさえ真実を報道すればすぐにも国を救えるのにと言い続けてきました。
一方で絶望しながらも、まだ間に合うからと言い続けてきたこのやるせない切羽詰まった気持ちが分かってもらえるでしょうか。
裏切られても裏切られても「まだ間に合う」と言わずにいられなかった気持が、、


c0243877_10244342.jpg


新聞は本当に危機感を持ってほしい。
姉の親しい人が、ず~っと朝日を購読してきたけど最近何かおかしいと思うようになって産経に代えたらスッキリと納得できたと言ったそうです。
おそらく、朝日が変だと思うようになったのも自分で考えたことではなく、ある種の空気に冒されてのことでしょう。
(総理があれだけ朝日を目の仇にしているのですから)
マスコミの起死回生は真実を報道する以外にありません。
本来の使命である権力の監視以外にありません。
週刊誌は、むかしは新聞が書けないことを書くことに存在意義があったのですが、いつしか不倫を追いかけるまでに落ちぶれました。
しかし、文春も反省したようですから(?)どうか佐川長官が辞めるまで追求の手を緩めないでほしい。
マスコミはモリカケ追及を徹底してほしい。
「まだ間に合う」のです。
籠池さんの件では、塚本幼稚園で国士気取りで講演をしていたおエライ先生方に突撃インタビューを試みてください。
今の籠池さんの境遇をどう思うか訊いてほしいのです。
「人の情」として総理に意見する人が一人もいないのですか。
国士とか偉い人と言われている人間なんてこんなものです。
人を肩書や見かけで信じたり尊敬するのはやめましょう!


c0243877_1282790.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-02-24 10:29 | Comments(2)

アメリカは日本に遠慮しなくなりました。

米軍三沢基地から飛び立ったF16が直後に火を噴き、二個の燃料タンクが隣接する小川原湖に投棄されました。
油漏れの被害や禁漁がいつまで続くのかは分かりませんが、米軍からは謝罪も説明もありません。
「謝罪の一言すらまったくない。(組合員の)いのちを取られる間際までやられたのに」と必死で涙をこらえ振り絞るように言った小川原漁協の濱田組合長の口惜しさや怒りがわたしにはよく分かる。
漁師にとってあそこはまさに「いのちの湖」だったはず。
わたしまでがいのちを汚されたような気持ちになったのです。
なぜ米軍は謝罪しなのでしょうか。
沖縄では事故処理は米軍が当たり、日本側は遠くで見ているしかなかったのに、今回は自衛隊がタンクの回収をしたそうです。
損害賠償も日本が受け持つことになっているそうです。
政府にしたら、人的被害も家屋の損傷もなかったことで胸をなでおろしたことでしょう。
しかし、組合長初め漁師たちの怒り、口惜しさは賠償で消えるものではありません。
日本側は一応抗議はしたのでしょうが、なんと米側は8時間後には飛行訓練を再開しているのです。
舐められたものです。
日本の地で起きた事なのに日本は何も言えないのです。


c0243877_10151235.jpg


このごろ感じるのがアメリカが日本に対して遠慮しなくなり、それが露骨になってきているということです。
これも安倍総理のせいなのです。
総理があそこまでトランプ大統領の下僕のように振る舞えばだれだって勘違いするでしょう。
トランプ大統領は訪日時、横田から入り米兵を前にどんな演説をしましたか。
横田から入り、横田から出て行く大統領を見て、米軍の将兵がどんな感覚を持ったでしょうね。
トランプ大統領はその行動によって日本が属国だということを内外に示したのです。
日本の誇りだとか自虐史観だとか、いつも日本、日本と言っている人間がそれに対して何も思わないのですから情けなくて悲しくて笑うしかありません。

矢部宏治さんによると、戦争になれば自衛隊が米軍の指揮下に入るという密約が吉田茂との間で交わされているそうです。
しかし、「戦争になれば」というのは意味がありません。
平時から指揮下に入って訓練していないと戦争になってからでは遅いでしょう。
事実、そうなっているのではありませんか。
自衛隊もそれを良しとしているのですね。


c0243877_10153755.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-02-23 10:22 | Comments(0)

官邸はすべてを握っている。

大阪拘置所に服役していた元受刑者の口から、初めて籠池さんの獄中生活の断片が洩れてきました。
一時痛風の症状が出て車椅子の移動となり、通常は一人なのに3人の刑務官が付き添っていたこと、その受刑者が食器を下げに行くと最初は「ごちそうさまでした」と言っていたのに、その内言わなくなったという2点です。

山本太郎さんは国会で、拘留が長引いていること、家族の接見が禁止されているのはまさか口封じということではないでしょうねと言いましたが、そういう質問の仕方ではなく、こういう状況を総理はどう思っているのかと、総理から言質を引き出してほしかったと思いました。
枝野さんも籠池さんを取り上げましたが、そのあとがありません。
佐川長官、昭恵さんについても何一つ結果を出していません。
いつまで同じことを繰り返すのでしょう。
なぜ国会を止めるなり、国会の外へ出て国民に直接訴えるなりしないのでしょう。

おそらく、籠池さん夫婦のことは毎日官邸に報告が上がっているはずです。
官邸は、籠池さんが外へ出ても一切何も喋らないと誓えば、すぐにも出してやるのにと思っているのではないでしょうか。


c0243877_1532304.jpg


それにしても、なぜ総理は面識もない籠池さんを急にしつこい人間だと言ったのでしょう。
それまでは教育方針に共感していたのに、なぜ急変したのでしょう。
「まずい」ことに気が付いたのからではないのですか。
昭恵さんが言ったという、自分も真実が知りたいというのは本心かもしれません。
良かれと思ってしてきたことが、なぜこういうことになったのかが理解できない程度の人なのではないでしょうか。
ほんとうに真実が知りたければ、当事者である夫に訊くことです。

総理が山口敬之の仲人をしていたことが「笑っていいとも」の動画でもばれていますが、わたしはそれとは別のところで総理が言ったことに注目しました。
小泉元総理が電話出演したとき、タモリさんに官邸に来ませんかと誘いタモリさんが「いいとも」と言ったものの行かなかったというエピソードを総理は話したのですが、そのときこう言ったのです。
こういうこともみんな官邸に記録として残っているのですよと。
それなのに、今冶の市職員や加計学園の関係者が官邸を訪ねた記録はないのだそうです。


c0243877_153259100.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-02-22 11:11 | Comments(0)

その恐ろしさを国民はまだ知らない。

来年日本で開催される「G20」が大阪に決まりました。
総理と大阪はなぜか相性がいい。
万博開催地が決まるのが11月だということで、そのためにG20を大阪にして相乗効果を狙ったのでしょう。
わたしが、大阪が外れることをこころから願っているのは、跡地が廃墟になるのが見えているからです。
傾いていくだけの日本や大阪に跡地の再利用、再活用はゼッタイにできません。
おりしも同日、総理は経済財政諮問会議で、専門的な技能を持つ外国人受け入れの検討を指示しました。
「専門的な技能」を持つ人間と言うのは国民向けのタテマエで、そんな贅沢を言っていられる今の日本ではありません。
それにしても総理は大阪が好きですね。
東京では無理でも大阪では羽が伸ばせるということでしょうか。
松井知事とは、おそらく悪事を共有する一蓮托生の間柄なのだろうと思います。


c0243877_11154969.jpg


「見えない『労働強化』」という徽宗皇帝のブログの記事ですが、わたしもなんでそんなに忙しいのかと息子に聞いたことがあります。
やはり、記録の作成と会議が多いことがその原因だと言いました。
国会では、記録は廃棄しましたの一言で済んでいるのに、底辺では記録や会議のために過労死レベルの勤務が当たり前なのです。
これは一体だれの指示なのでしょうか。
前川さんは行政の不正を摘発しましたが、学校現場の過労の実態についてもぜひとりあげてほしかった。
行政の不正と過労は繋がっているのですから。

徽宗皇帝さまの、原因は不祥事が起きたときの上の人間の責任回避のためという指摘はその通りなのですが、わたしはそれだけに止まらない政治の悪意を感じないではいられません。
ここにも国の深慮遠望があるのではないかと。
過重な仕事を課し、さらに会議を頻繁に行うことで相互監視の空気をつくって国に従順な人間にしようというのが目的ではないかと。
これはまさに安倍政権の体質そのものです。
官邸では佐川長官の評価が高く、いまや「忖度」も過去のものになって、直接の指示が総理からあるそうです。
あやふやな答弁をすると、「PM(プライムミニスター=首相)の指示」というメモがまわってくるのだそうです。
どれだけ恐ろしいことになっているかを国民はまだ分かっていません。
人間ならできないことが行われています。


c0243877_11163325.jpg










×
[PR]
# by michi-no-yuri | 2018-02-21 11:19 | Comments(0)