ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2018年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

政権維持に利用される家族会。

きのう拉致被害者家族会が官邸を訪れて総理と面会し、トランプ大統領との会談で拉致問題を前進させるようにとの要請文書を手渡しました。
総理は、金正恩の軟化は日本が国際社会を通じて圧力を掛け続けてきた成果だと強調し、「被害者がご家族と抱き合う日がくるまで全力を尽くしたい」と述べたということです。
わたしはこのニュースを聞いたとき、家族会のこの行動は総理を利することになるのではないかと思いました。
モリトモ問題でこれほど追いつめられている総理への利敵行為に当たるのではないかと思ったのです。
全力を尽くすと言い続けながらも1ミリも動かしてこなかった上に、嘘と隠蔽で国民と国会を愚弄してきた総理を家族会はまだ信用するのかと怒りさえ込みあげてきました。
国会周辺では、連日連夜、「安倍辞めろ」のコール、怒号が飛び交っているが耳に入らないのだろうかと。
わたしは、国の中で起きていることに無関心というか、まったく意に介さないかのような家族会の振る舞いが疎ましくなりました。
拉致を解決できるのは安倍総理だけという神話(デマ)を許してそれを政権維持に利用させてきたのが家族会ではありませんか。
「救う会」に引き摺られるままに十数年も過ぎて、いつの間にか安倍応援団にされているのがまだ分からないのでしょうか。


c0243877_118499.jpg


官邸は朝鮮総連を通じて北へ日朝会談の開催を打診したそうです。
また、官邸から「拉致問題解決の見通しを国民に示したいからその準備を」との指示があったと外務省関係者が洩らしているようです。
なぜ、今になって出来ることが今まで出来なかったのかということです。
そこに、大きな秘密がありそうです。

総理はなぜ拉致の解決をトランプ大統領に頼むのでしょう。
アメリカは拉致と関係ありません。
主権国家ならこんなこと恥ずかしくてできないはずです。
総理自らが、日本が主権国家でないことを行動で示しているのです。
わたしは拉致をアメリカに頼むことに対して、どこからも違和感や批判が出てこないことが不思議でなりません。
国民は同盟国だから当たり前だとでも思うのでしょうか。
あるいは、総理はアメリカに頼むことで同盟の絆の強さを国民に見せたいのでしょうか。
それが国民に安心感を与えることだとでも思うのでしょうか。
米軍基地ももう目に馴染んで空気のような存在になっているかのようです。
日本が独立国になることがこの先あるのだろうかと思わざるを得ません。


c0243877_1182144.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-31 11:10 | Comments(5)

半島が躍動しているようだ。

南北首脳会談が来月27日に板門店で開かれることが決まりました。
文政権の人たちの顔が活き活きしています。
トップの意志一つで、こんなに国が変わるのかと驚きと羨望を禁じ得ません。
このごろ痛烈に思うのが、政界にも財界にも日本を良くしようという意思も気運も感じられないことです。
わたしたちは見捨てられ漂流している国の国民として朝鮮半島の融和や平和に向けた動きをただ指を咥えて見ているだけなのです。
安倍政権の5年で、日本はほんとうに「悪い国」になりました。
一人のサイコパスによって
しかし、サイコパスが問題なのではありません。
問題は、そういう人間を支持し忖度する社会なのです。

熊本市の女性パワハラ市議が全会一致で罷免されました。
男性顔負けの威嚇、脅迫的な言動をするかと思えば、分が悪くなるとヨヨと泣き崩れるような女性ですが、わたしはそういう女性を何人か見たことがあります。
しかしここでも問題は、その女性にもたくさんの支持者がいるということなのです。
その人が発するパワーや権力志向体質に惹かれる人が多く存在するという事実です。
そして、そこに忖度や癒着が生まれるという構図が問題なのです。


c0243877_10462525.jpg


総理は妻が世間の批判にさらされ怨嗟の的になっていることをどう思っているのでしょう。
愛情が有る無しに関わらず、配偶者の行動に責任を持つのが夫婦というものではないでしょうか。
別人格だから関係がないとは言えないのです。
しかも、別人格と言いながら、妻の代弁をし妻の関与を否定するのは妻を庇っているのではなく結局は自分を守るためです。
トップとしての責任も配偶者としての責任もとらないような人間が国の舵取りをしているのです。

拉致家族会が緊急集会を開きました。
当たり前のことですが、壇上に居並ぶ家族のみなさんの顔には疲労感、虚脱感だけが漂っていました。
10年以上も希望や熱意を持ち続けることはできません。
それなのに、めぐみさんの弟はなお日米が協力して圧力をかけ続けなければと言っていました。
その隣には西岡力さんがいました。
官邸の回し者である西岡さんによって家族会は引きずられ政治利用されてきました。
まだそれが分からないのです。


c0243877_12514180.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-30 10:48 | Comments(0)

二十九日 その二  金正恩が動いたことの意義。

金正恩が中国で、自国では見せたことのない顔を見せていました。
やはり、35.6才の若者なのだなと思えるような顔でした。
緊張感が素顔を覗かせたのでしょうか。
行きたくなかったのが本心だったのかもしれませんが、そうは言っていられないほどの緊迫した事情があったのでしょうか。
若い正恩が一大決心して動いたのに、まったく動かないのがわが総理です。
安部総理が総理でいることで日本は孤立し、気が付いたら人が食べ散らかした残飯にしかあり付けないようなことになっていませんか。
日米同盟に胡坐をかいてきて、その相手のアメリカからもつれなくされてこれからどうするのでしょうね。
外交が根本的に間違っていたのです。

先日、総理は組織を根本から立て直すと言いましたが、わたしは「組織」が何を指すのかが分かりませんでした。
行政府? 自民党? 内閣府? 官邸? どの組織のことなのでしょう。
総理はもちろん立て直す気などさらさらなくて言っているだけなのですが、たとえば諸悪の根源だと言われている「内閣人事局」の廃止を言えば少しは信じてもらえたでしょうに言えないですよね。


c0243877_11164855.jpg


そのときは知らなかったのですが、あの「内閣人事局」という看板の字は稲田朋美さんの筆になるものだったのですね。
最初の違和感は今も覚えています。
違和感というより異様感と言った方がピッタリします。
なぜ稲田さんが書くことになったのでしょうね。
それで思い出したのが、「貴乃花部屋」の看板の字です。
わたしはてっきり貴乃花が書いたのかと思っていたのですが、名のある書家が書いたと知って驚きました。
あれは駄目でしょう。
一から出直すなら、先ずあの看板を外さなくては。
こういう言い方は嫌なのですが、あの看板を掲げている限り部屋がよくなることはないように思えるのです。
瀬戸内寂聴さんの「美は乱調にあり」の影響なのかどうか分かりませんが、こんな字が市民権を持ったり、ヘタウマがもてはたされたりするのは、一種の文化の頽廃であり、日本語への侮辱ではないかとさえ思います。

金正恩の素顔も垣間見れ、貴乃花の素に戻ったような顔も見られました。
これから素=真実が現れるという先触れでしょうか。


c0243877_11172270.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-29 11:21 | Comments(0)

二十九日 その一  官邸はマフィアかゲシュタポか。

北朝鮮関係筋によると、日本政府が最近朝鮮総連を通じて首脳会談の開催の意思のあることを北に打診してきたということです。
6月初めにも平壌で日朝首脳会談が実現するかもしれません。
米朝会談が決まり、金正恩が訪中するという急転直下の動きに、官邸は蜂の巣状態なのが目に見えるようです。
しかし、こんなことは今までだって、総理の身内のような統一教会や総連を通じてできたことだったのではありませんか。
わたしは、あえてそうしなかったのではないかと思っているのです。
圧力強化やミサイル発射は出来レースではないかと疑っていたからです。
首脳会談が実現すれば、イヤでも拉致問題は結末を迎えることになります。
故意に?伸ばし伸ばししてきた拉致がついに結末を迎えそうです。

総理は辞任しそうにありません。
辞めたら即逮捕になるそうで、、もしかしたら、中国に倣って永世総理を企んでいるのかもしれません。
実際そんな話も出ていたのではありませんか。


c0243877_1018756.jpg


なぜ安倍一強なのかと疑問に思う人がたくさんいます。
わたしも長い間分からなかったのですが、最近になって思ったのが、官邸がマフィア化しているからではないかということです。
悪の因子を持っているような人間ばかりを登用した結果鉄の結束が出来上がっているのではないかと。
(悪党は、悪の因子を持っている人間は一目で分かるはず。)
スネに傷持つような人間が重宝されるという犯罪集団です。
それでなくても長期政権は必然的に独裁化し、そして腐敗します。
佐川さんへの質問に立った丸川珠代さんなどさしずめ腐敗した権力にたかるハエです。
腐った権力を栄養にして生きているのです。
自民党内から倒閣運動が起きないのは、声を上げられないような空気があるのでしょう。
一般人がヤクザにものが言えないのと同じような状況があるのではありませんか。

なにかにつけ小泉進次郎がカメラの前に立ちますが、かれはワンフレーズを言うのがやっとなのです。
頭が悪いから、何も考えていないから、続きの言葉が出てこないのです。
国民はこんな人間に何を期待するのでしょうね。
総理にでもなった暁には、父親がそうであったように「ハッタリ」で通すしかありません。


c0243877_10182762.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-29 10:20 | Comments(0)

佐川さんにあれ以外の答弁は考えられない。

きのう、官邸(公邸?)を退出する総理の顔は勝ち誇ったように晴れ晴れとしていました。
「どんなもんだ! こんなもんだ」と言わんばかりの顔を見て、あらためてこの人の異常さを思いました。
底の知れない、底の見えない怖さとでもいうのでしょうか。
産経でさえ、「改竄、疑問晴れず」と書いているのに、官房長官も幹事長も、これで総理初め政治家の関与がなかったことがハッキリしたと言っていて何を言っているのかと思いました。
わたしは、きのうの佐川喚問の中継は興味が持てず見ませんでした。
前川さんが、これから生きるだろう20年、30年を考えたら、真実を話して楽になったほういいと助言していましたが、これで佐川さんは楽な人生を自ら放棄したことになります。
どのみち転落することが分かっている総理を庇った代償が「苦」では割に合わないのですが、いくら頭が良くてもそういう計算は出来なかったのでしょう。
役人以外の生き方を知らないのでしょうから。


c0243877_108448.jpg


下関市での前川さんの講演会に、下関市教委は後援しないと通告したそうです。
下関は言わずと知れた総理と文科大臣の地元です。
天下り問題や出会い系バーに出入りするような人間は不適当だとの判断に依るのだと。
(これだけ天下りを糾弾するということは天下りはないという理解でいいのですね。)
いろいろなスキャンダルに加え恥ずかしい写真まで晒された森沖縄北方担当大臣や、下着ドロボーの元大臣、高級ソープへ行ったところを写真に撮られた元大臣などなど醜聞に事欠かない自民党議員のことは問題ではないのでしょうか。
高級ソープやクラブは良くて、出会い系バーは良くない(いかがわしい)ということでしょうか。
しかし、どんなに前川さんの人格を貶めようとしても無駄なのです。
まだ、印象操作が効くと思っている官邸や自民党議員は自分たちがどれだけ愚かで世間知らずかが分からないような哀れな連中なのです。
前川さんを招聘した中学校の校長は、事前に前川さんがどういうことをした人物か説明しなかったのかという問い合わせに対して、前もってどういう人物かはあえて言わない、それは聴講した個人が判断することだと答えています。

事前にその人物評をするということは総理の嫌う?レッテルを貼るということです。
世の中にはレッテルを貼ってもらわないとなにも判断できない人間がたくさんいます。
そういう人間は「人」を知りたいのではなく、レッテルを知りたいだけなのです。


c0243877_109036.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-28 10:14 | Comments(0)

この寂しさはどこからくるのか。

きのうの夜から、北朝鮮の要人が中國へというニュースが駆け巡っています。
妹の予正や金永南が中国へ行くのに汽車まで仕立てることはないでしょうから、やはり金正恩だと考えるのが妥当ではないでしょうか。
金正恩動く、ということで官邸や外務省には衝撃がはしっているのではないでしょうか。
最近の南北朝鮮やアメリカ、そして世界の動きから日本はカヤの外で、これまでの安倍外交がここにきて何もしていなかったどころか根本から誤っていたことが露呈しました。
きのう、共産党の議員が「北との対話の推進を表明してきた党としては今回の動きは大変喜ばしい」と言ったことを受けて総理は何と言ったか。
「私は北との対話を否定したことは一度もありません」と言ったのです。
どうしてこんな嘘が平気で言えるのかと絶句します。
今年に入ってからも、いろんな意味で遠い国であるバルト3国、ルーマニア、ブルガリア、セルビアに押しかけて行っては北への圧力を要請していたくせに。
モリトモから逃げるために、外交と称して用もないのに税金を使って外遊していたのです。


c0243877_1010548.jpg


南北朝鮮が統一されるかどうかは未知数です。
先々難しい問題が次々と立ち現れることでしょう。
しかし、わたしが文大統領を評価しかつ羨ましく思うのは、対立ではなく融和を強く打ち出していることです。
統一と平和への強い意思を感じるからです。
わが総理は、アメリカ一辺倒で、韓国、北朝鮮、中国という地理的にも歴史的にも近い関係のある国々との平和的な共存を希求するどころか毀すことしかしてきませんでした。
あろうことか加害国である日本が歴史問題を盾に、軋轢、対立、分断を煽ってきたのです。
いつもいつも近い将来の戦争を見据えていたからです。

去年の年末に、総理は急に中国との関係改善を図るような動きを見せていたのですが、いつのまにか立ち消えになっています。
3日前の新聞が、防衛省が南アジアへの支援を強化するという記事を載せていました。
やっぱり、中国包囲網なのです。
金正恩の中國訪問という歴史的出来事に接しながら日本はおいてけぼりで、国をあげて総理夫婦の嘘に翻弄されているのが情けなく寂しい。
寂しくてならない。


c0243877_1074179.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-27 10:10 | Comments(0)

異常人格者が総理大臣をしている。

きのうの「Mr.サンデー」に橋下徹が出ていて、例によって早口でまくし立てていました。
いつも思うのが、なぜこの人物にだけ発言の機会が多く与えられるのかということです。
以前、同じフジ系列の関西テレビで、青山繁晴が一時間以上の時間を与えられてあることないこと喋っていたときもそう思いました。

「森友改竄問題を斬る」ということですが、自分を第三者だとする印象操作がみえみえで、そのための番組だったようです。
私立小学校認可の審査基準を緩和したことを、まるで閉ざされていたものを解放したかのような口ぶりでしたが、認可したのが森友だけだったということで、最初から森友ありきだったのは明白です。
いずれそこにもメスが入れられるのでしょうが、すでに橋下徹は国からの圧力があったと逃げを打っています。
それにしても、総理が下野時代に大阪にきて「そこまで言って委員会」に出たり、たかじんさんといっしょにお風呂に浸かっていたりしていたのは何のためだったのでしょうね。
年末になると、恒例のように橋下徹、松井一郎、総理、菅官房長長官の4人が逢っていましたが、何を話していたのでしょう。


c0243877_1028163.jpg


きのうの自民党大会で総理が、国民の行政に対する信頼を揺るがした責任を痛感している、組織を根本から立て直すと言っていたのですが、精神を病んで強制入院している患者が、病院をぬけ出して勝手に演壇に上がって演説しているような印象を受けました。
まだ言葉によって国民を騙せるとでも思うのでしょうか。
生き残るために見苦しいまでの悪足掻きをしています。
24日には、呉の海上保安庁の卒業式に出席し、(現職の首相が卒業式に出席したのは平成18年の小泉元総理以来2人目)「法の支配にのっとった自由で平和な海を後世に引き継いでほしい」と訓示しています。
総理の口から法の支配、自由、平和という言葉がでてくることがわたしには堪え難いまでに悍ましい。

きのうの新宿にはたくさんの人が来ていました。
デモは届け出が必要でも、人が自然に集まってくるのまで事前に規制することはできません。
警視庁はせいぜい国会周辺を水も漏らさ厳重な警備体制を敷いて世界に恥を晒せばいい。
あの警備はもちろん交通整理のためではありません。
暴動を恐れているのでもありません。
警察権力を誇示して国民を萎縮させるのが目的です。
権力の犬をして恥ずかしくないのでしょうか。


c0243877_10284873.jpg









×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-26 10:31 | Comments(0)

振り返ったら後ろには北朝鮮しかいなかった。

官邸前の警察車両や鉄柵の、ネズミ一匹通さないぞと言わんばかりの徹底的な警備を見て、ここは何という国なのだろうと思いました。
これでも先進国なのでしょうか。
恥かしくないのでしょうか。
もう、総理は何も見えなくなってしまっているようです。
モリトモがアベゲートとして報じられていることや、山口敬之のレイプ事件の真相が知れ渡ってきても、何も感じないようです。
この何も感じないというのがイチバン恐ろしい。
産経が、社説(主張)で、中国は希代の独善国家になったので日本は自由主義の防波堤にならなければと書いていました。
デモの警備一つ見ても自由が聞いてアキレる、ソットウする。
振り返ったら後ろには北朝鮮という国しかなかった、、というのが今の日本なのに。

トランプ大統領が総理を名指しで批判しました。
トランプ大統領の面目躍如と言うかハッキリ言ってくれますね。

「こんなに長い間アメリカに付け込めるなんて信じられんなとほくそ笑んでいる安倍首相を始めとした偉大な我が友人たる各国首脳に言っておきたいことがある。そんな日々はもうこれで終わりだ。」


c0243877_1034113.jpg


4月に訪米する総理は、何を話すつもりなのでしょう。
恥も外聞もなく日朝会談ができるようにお願いするしかないではありませんか。
北朝鮮への圧力をお願いしてきた国々にはどう言い訳するのでしょうね。

きのう、亀井静香さんが官邸を訪れています。
引導を渡すつもりだったのかもしれませんが、相変わらず糠に釘、のれんに腕押しという結果に終わったのではないでしょうか。
アメリカにハシゴを外されたら、そのときは対米自立だと総理が衛藤晟一に話していたということをどこかで読みました。
「日本会議」の本音は対米自立です。
いまごろ、桜井よし子さんと金美齢さんが、いまこそ対米自立のときですよと両脇から総理を揺さぶっているかもしれません。
トンデモナイ女性たちです。
辞任しないとなれば、残されているのは対米自立の道しかないのかもしれません。
国家のタガが外れているのに、なお警察権力で鉄壁の守りをしようとしているところに、続投の意思が垣間見えるのです。
それまでに何としても、どんなことをしても総理を引き摺り下ろさなければならないと思います。


c0243877_10164119.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-24 10:22 | Comments(2)

本気で怒れば必ず世の中を変えられる。

きょう野党が籠池さんに接見できることになりました。
きょうは同時に「大阪拘置所をバスティーユにしようという」という菅野完さんの呼びかけで籠池さんの釈放を求める大集会があります。

わたしは、菅野さんの「下手な演説はすべてを殺してしまう」という説に共感します。
さらに、もっと下品になろうという説にも共感します。
日本がある集団、組織の「大きな声」と「(威嚇的な)下品な声」によって乗っ取られてしまったのは、下品に対して上品にというか恐れてまともに対峙してこなかったからではありませんか。
「大きな声」にはコチラもそれに劣らぬ大き声で対抗すべきなのです。
それをしてこなかったことが今のザマです。
このごろ思うのは、日本人には不正に対する怒りがあるのだろうかということです。
被害者意識ばかりが取り上げられ、「苛め」そのものへの怒りがないことがますますイジメを助長しているということはないでしょうか。
現代の日本人は、不正への怒り? そんなもの持って何か得になることでもあるの?といった感覚でしょうか。


c0243877_10261161.jpg


わたしはいままでの生涯で3度本気で怒ったことがあったことを先日思い出していました。
一度目は今は亡き兄に対して。
二度目はPTAに。
三度目はある組織に。
わたしは人も知る訥弁でおしゃべりが大の苦手なのですが、そのときは人間本気で怒るとこんなに滑舌が滑らかになるのかと自分で驚いたものでした。
気弱で決して人を責めることができないわたしが、そのときは責めて責めて攻めまくっていて、喋りながらこれってわたし?と信じられない思いでした。
わたしは、相手が答えに窮するようなことは言えないタチです。
勉強できない子にどうしてできないのとか、浮気する夫にどうして浮気するのかと訊いたり責めたりするのは可哀そうで理不尽に思えるからですw
冗談はさておき、わたしが言いたいのは本気で怒れということに尽きるのです。
高村光太郎は「怒りが世を糺す」と言いました。
ほんとうにそうだと思います。
たくさんの人が本気で怒れば必ず世の中を変えられるのです。
安倍晋三を5年も総理にしてきたのは、損か得かの価値観が身についてしまって怒りを忘れた国民ではありませんか。


c0243877_10342657.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-23 10:39 | Comments(2)

日本を清めようと雪は降るのか。

雨が降っている。
こんなに雨が降り続くのはほとんど記憶にありません。
ところによっては雪まで降っています。
春の雪と開花の早まったサクラの取り合わせ、この世のものとも思えない美しさです。
日本を覆う深い闇、その汚れや曇りを洗い清めようという天の意思なのかと思ってしまいます。

パククネ前大統領は収賄で30年の求刑でした。
李明博元大統領も収賄容疑で検察が逮捕状を請求しています。
最近飛び込んできたのが、サルコジ元仏大統領がリビアから不正献金を受けた容疑で身柄を拘束されたというニュースでした。
一人日本の総理だけがなぜかいまだに塀の外です。
ここに至っても辞任も逮捕もないということが、いかに権力の私物化が行き渡っていたかを物語っています。
日本は5年前から、憲法の三大理念を排除しようという「日本会議」に支持された総理によって民主主義も法治主義も侮られ続けてきたのです。


c0243877_10104744.jpg


ところで、自民党議員の総理支持率が9%だったそうです。
有田芳生さんがツイッターで、自民党の大臣経験者が、「がんばってよーここでクビを取らなくちゃ」と言って握手を求めてきたと書いています。
クビの主はもちろん安倍総理です。
わたしは、ふつふつと怒りが込みあげました。
なにを言っているのかと。
自民党議員が反対の意思を示さなかったせいで、わたしたちは5年間どれほどの屈辱と絶望を味わされてきたと思っているのかと。
自民党議員としてのプライドがあれば、あんな総理の一強を許せるわけがないのです。
権力闘争が起きないわけがないのです。
総理を引き摺り下ろすのに野党が数年掛かるとすれば自民党なら1日でできるのです。
わたしはず~っと自民党議員よ、叛旗を翻せと言い続けてきたのですが、この期に及んでも野党に期待するってどういうことかと怒り心頭です。

総理は外交に逃げようとしていると専らの噂さです。
先日の「ミヤネ屋」では、ゲストの森本敏さんと、トランプ大統領ともプーチン大統領とも対等に付き合える総理を森友問題で潰すようなことは国益を損なうことにならないかというようなことを言っていました。
バカも休み休み言えと思いました。
総理の外交が国益を損なった元凶ではないのか。

しかし、考えてみるともっとも悪いのが国民なのです。
国民の政治への無関心が安倍総理の一強を許してきたのは間違いないことです。
きのうはカーリングやスノボーの選手の凱旋パレードがテレビを賑わしていました。


c0243877_1011570.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-03-22 10:16 | Comments(0)