人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

<   2015年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「ヨーロッパの繁栄はアジアの屈辱」(岡倉天心)

総理は施政方針演説で、岡倉天心の「変化こそ唯一の永遠」という言葉を、日本人の最後のセーフティネットである岩盤規制を打ち砕くための必要性を正当化するために引用しました。

真の意味するところは分かりませんが、わたしがとっさに連想したのが「変わらずに生き残るためには変わらなければならない」という映画「山猫」の言葉でした。

「永遠であるためには変わらなければならない」ということではないかと思いました。

「変化」という言葉に食いついたのでしょうが、この哲学的なフレーズは総理には似合いません。

だれかも言っていましたが、同じことなら、その後に続く「古いものの崩壊によって再創造が可能になる」という言葉を引用すべきだったのです。


しかし、もし総理が岡倉天心のことを少しでも知っていたら、とても天心の名前は出せなかったはずです。

わたしも聞きかじりの断片的な知識しかありませんが、天心が「アジアは一つ」という「大アジア主義」を唱えていたことくらいは知っています。


c0243877_11225895.jpg


天心のことで記憶にあるのが

「ヨーロッパの繁栄はアジアの屈辱」という言葉です。

欧米列強は植民地でなにをしていたか。

かれらの凄まじい暴力と殺戮、凄まじい収奪を天心は目撃していたのです。

ヨーロッパ(欧米)の繁栄はアジア人の血と涙と屍の上に築かれたものだと言っているのです。

日本が列強と対抗するために富国強兵をして「強い国」になったところでどうなっていきましたか。

列強の真似をして版図を広げた結果、手酷いしっぺ返しを食らったのです。

いまもそれが続いています。

日本が欧米と肩を並べようとすることは許されないことなのです。


c0243877_1124355.jpg


曽野綾子さんの発言が当然のことですが世界から非難されています。

しかし、本音の部分には、差別される対象である日本人が差別発言をしたことへの不快感もあるのではないでしょうか。

フランスかイギリスのドラマで、検事が「わが国に差別は存在しない。タテマエ上は、、」と言うシーンがありました。

タテマエとはいわば理念であり、暗黙のルールです。

曽野さんの選民意識が言わせた発言かもしれませんが、タテマエを踏み外すことは許されないことなのです。

しかし、欧米が植民地で行った殺戮と収奪は、かれらの本質ともいえるもので、いまも何も変わっていません。

アフリカや中東でしていることをみれば分かります。

これからの日本で起きることかもしれません。

総理に、天心の「屈辱」が理解できるはずがありません。

「屈辱」や「誇り」のある人間に売国はできません。


c0243877_1125254.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-18 11:26 | Comments(0)

憲法を嘲笑した総理。

きのうの衆院本会議で岡田克也さんが代表質問を行っている間、総理は下を向いて自分の原稿を読んでいました。

せわしなく口が動いていましたから、黙読ではなく音読をしていたようです。

そして、岡田さんが改憲に触れた中で、われわれは70年間憲法を守り育ててきたという意味のことを言ったとき、なんと、総理はなお原稿に目をやりながら、嘲るように声を立てて笑ったのです。

(どうかそのときの映像をテレビで流してほしい。)

わたしは、総理はもう自分の精神状態をコントロールできない領域に達してしまったのかと衝撃を受けました。

そう言えば、きのうの総理は明らかに「躁状態」でした。

(今テレビを見たら、「躁」は殆ど収まっているように見えました。)

何がきっかけで「躁」になるのか分かりませんが、わたしには思い当たることがありました。

お昼のニュースが、来月、オバマ大統領夫人のミッシェルさんが訪日すると伝えていました。

総理のご機嫌がいいのはこれではないかと思いました。


c0243877_11135793.jpg


総理はアメリカから頭を撫でてもらったのではないでしょうか。

アメリカの軍事目的のためにお金だけではなく、自衛隊もだして立派にアメリカの代わりを勤めますということですから、感謝されて当然でしょう。

アメリカは総理に「ごくろう」と言ったのかもしれません。

お礼の印としてミッシェルを遣わすと。

これで日米関係の親密さを国民にみせつけられると総理は喜んだに違いありません。

あの嘲笑は、安堵感からつい気が弛んだということだったのでしょうか。


c0243877_11143893.jpg


議長席の前に議員がずら~っと並んでいてナニゴトかと思ったら勤続25年を迎えた議員を表彰するというものでした。

中に、指揮権を発動して小沢さんの秘書を逮捕させた森英介、女子大性を買春していた佐田玄一郎、いいカッコしたいために議員になったような石原伸晃の顔がありました。

わたしには、罪人が見せしめのために並ばされているように見えました。

佐田さんなどよく人前に顔を出せますね。

むかし、岸信介の評伝をざっと読んだとき、わたしは孫の安倍さんはどう思うのだろう、祖父を恥じて世間に顔向けできないのではないかと思ったのですが、まったくの杞憂でした!


c0243877_1116274.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-17 11:20 | Comments(1)

十六日 その二  第二次大戦一年前の状況。

デンマークのテロは、(デンマーク首相がテロだと断言しました)あまりにも露骨な工作のように見えました。

犯人は最初一度だけアラブ系だと報道されましたが、それ以後はデンマーク生まれで一貫していたようです。

名前がなんと、「オマル・フセイン」!

表現の自由についての討論会場とシナゴーグが狙われたことがすべてを語っているではありませんか。

すぐ脳裏に浮かぶのが、ドイツがポーランドに侵攻して始まった第二次大戦のちょうど一年前にドイツ各地で吹き荒れた「反ユダヤ主義暴動」です。

ナチス突撃隊員がユダヤ人の商店やシナゴーグを襲撃した「水晶の夜」事件です。

(割られて路上に散らばったガラスが月明かりでキラキラ輝いたことから「水晶の夜」と言われています。)

ここから始まって、ヨーロッパ全域に広がっていった凄まじい暴力と殺戮は、収容所における非人間的な所業以上の恐怖だったと思います。

なぜなら、人々は突然、日常から引きずり出され、権力を与えられた野獣の中に投げ込まれ、言語に絶する暴力にさらされたからです。

(そのときの映像には身の毛がよだちます。)

また、歴史が繰り返されようとしています。

先日はアウシュビッツで解放70年の記念式典があり、二度と差別や憎悪を繰り返してはいけないと誓ったばかりでした。

「誓い」のなんと虚しいことでしょう。

もう、戦争は止められないのでしょうか。


c0243877_12592714.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-16 13:00 | Comments(0)

十六日 その一  右翼こそ反日。

デンマークで、シナゴーグと表現の自由の集会が襲撃されました。

同じ日に、東京で「天皇制反対」のデモがありました。

どこかで連動した動きなのだと思います。

世の中で起きることは、「起こされる」のであり、すべてが工作、マッチポンプだと思っているわたしは不吉な予感に襲われました。

「天皇制反対」のデモにはとても不自然なものを感じました。

まさか官邸の工作だとは思いたくありませんが、わたしが一瞬そう感じたのも無理からぬことで、それほどに官邸がマスコミ工作などで陰謀の巣窟になっている感があるのです。

わたしが直感したのは、これは左翼の弾圧に天皇を利用したのではないかということです。

国民に左翼とはこういう連中なのだと思わせる印象操作です。

戦争、原発、TPP、秘密保護法に反対するのが左翼であり、その左翼は天皇制にも反対しているのだということを印象付けるためではないかと。

そういう連中は、政権にとって目障りな憎むべき存在なのです。

天皇は総理を批判するなと発言した御用学者もいたくらいですから、総理周辺の空気が反天皇になっていても不思議はありません。


c0243877_11263230.jpg


保守を騙るなと言いたいです。

やはり、かれらは天皇を利用しますね。

いつものことですが。

右翼は、左翼=反日だと思わせることに躍起になっています。

ゲッペルス世耕は工作チームを使って工作に余念がないようですが、それを放置していてはいけないのです。

そういうのがネットに現れたら、もぐら叩きの要領で、即座に叩かないといけないのです。

右翼こそ反日だと。

反日右翼は日本から出ていけと。


c0243877_1127356.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-16 11:27 | Comments(0)

子どものためという親のエゴ。

きのうわたしは、他者に喜びを与えることは人間として最高の喜びであり、その前に、自分のこころが喜ぶことが最高の幸せではないかと書いたのですが、実は、こんな当たり前と言えば当たり前のことに気がついたのは最近のことなのです。

いちばん身近な関係である夫婦や親子にしても、実際はストレスを掛け合うような存在であることが殆どです。

子どもや配偶者が喜びを感じているだろかなどだれも考えたことがないのではないでしょうか。

このごろ、親はほんとうに子どもの幸せを考えているのだろうかと思うことがあります。

「みんなといっしょ」ということが大原則で、勉強して、いい学校、いい会社に入れることしか頭にないのではありませんか。

それは、本音は親のエゴ、とくに大半は世間体だと思いますが、親は子どものためだと思い込んでいることがお互いの不幸の原因になっていないでしょうか。


c0243877_13344423.jpg


息子がいつか、受験勉強している子どもに夜食をつくってもってくるような親はたまらんなあ と言ったことがありますが、そんなことは考えたこともなかったわたしには思いがけないことでした。

何もしなかったのが正解だったのですw

そこまで言い切っていいのか戸惑いますが、私にとって子供のことは所詮、他人事なのです。

だってそうではありませんか。

子どもの人生を親が代ることはできないのですから。

子どもにとっては夜食すらプレッシャーになるということです。

ほっといてほしいのです。

とにかく、元気でさえいればそれでいい、それがわたしの幸せです。

だから、いまだにちょっと風邪を引いたと聞くだけで死んでしまうのではないかと心配します。


c0243877_13361713.jpg


むかしの農家や商家の子どもは勉強していたら、家の手伝いをしろと叱られたと聞きます。

とにかく忙しくて、子どもにかまってなどいられなかったのです。

子どもの将来を考えるような親はいなかったのです。

わたしは、どうやらそういうDNAを引き継いでいるようです。

夫はわたしを大雑把な女だと言いますが、DNAだからどうしようもないのですw

総理の教育改革とは、富国強兵で、国のために立派に死んでくれる人間を育てることです。

世の親はまた、進んで国のために子どもを差し出すのでしょうか。


c0243877_13353293.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-15 13:23 | Comments(0)

幸せとはこころが喜ぶこと。

「I am not Abe」の呼びかけ人の古賀茂明さんはもうテレビには呼ばれないのではと噂されていたのですが、きのう「報ステ」に出ておられてほっとしました。

家の前にハクビシンの死骸が置かれていたり、古賀さんの家だけが停電ということなどがあったそうですが、いつもと変わらぬ淡々とした語り口は、聞く者に安心と勇気を与えてくれます。

「I am not Abe」が広まってほしいと思います。

一目で分かる目印でもあれば、不正選挙や世論調査の捏造はもうできなくなるのです。

政権はその数の多さに青くなるに違いないのです。


c0243877_10514587.jpg


きのうもテレビをみるのが苦痛でした。

集団的自衛権の解釈がどんどん広がっていきます。

公明党は異議を唱え、慎重な姿勢をとっているということですが、(わたしは知らないのですが)公明党がかって異議や慎重姿勢を一度でも貫いたことがあったのでしょうか。

もうそんなだれも信じないアリバイ工作は止めなさい。

総理のお友だちや一年生議員はともかく、自民党の中から一人も反対する人がいないようですが、ほんとうにそれでいいのですか。

一応野党ということになっている党もそれでいいのですか。

わたしはいちばんの戦犯は志位委員長だと思っているのです。

トップダウンの党ですから、もう共産党には期待できないということです。


c0243877_10521231.jpg


政治家の罪は、ある程度国民も承知していることなのですが、問題はマスコミです。

第4の権力といわれているその権力は何によってもたらされたものですか。

いわば国民に付託されたものではないのですか。

国民がマスコミによってしか真実を知り得ないということを知りながら、国民の信頼をあっさり国家権力に差し出してしまったのです。

マスコミの罪は万死に価します。

わたしはず~っと待っていました。

マスコミさえ真実を報道すれば、日本を救えるのですから。

まだ間に合います!


c0243877_10523575.jpg


このごろよく思うのが、なぜ、人は人の喜ぶことをしないのかということです。

国は国民が、企業は従業員が喜ぶことをなぜしないのか、わたしは不思議でなりません。

他者に喜びを与えることは人間として最高の喜びではありませんか。

人が喜ぶ前に、自分のこころが喜ぶことが、最高の幸せではありませんか。


c0243877_10534136.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-14 10:55 | Comments(0)

原子力ムラには悪い人しかいないのですか。

総理の施政方針演説、打ち沈んだ日本の空気に反比例するように、熱が入っていたようですね。

不正選挙?で当選した100名を越す一年生議員は、そのことだけが仕事だったのか、演説の要所要所で派手に掛け声を張り上げていました。

総理とその親衛隊だけで盛り上がっていたのです。

改革を熱っぽく連呼していたようですが、わたしには戦後以来の大改革が、戦後以来の大破壊に聞こえていました。

それはけっして空耳ではなく、聞こえる人間には分かる明日の日本の現実です。

最重要で最優先すべきフクシマのことには触れられずじまいでした。

高浜原発が安全基準をクリアーして、川内に続き再稼働をするそうです。

地元では再稼働反対の声はすでに息絶え、避難計画が中心課題になっていました。

地元民が避難ルートの検証などをしていましたが、避難すればそれで助かるというものではないでしょう。

避難したらそのまま帰れなくなる確率が大なのに、その視点は忘れられています。


c0243877_12364381.jpg


そんな時間まで起きていないので見たことがなかったのですが、先日たまたま読売テレビで、NNNドキュメント「再稼働元年、、、ここは原発の地元ですか?」を見ました。

川内原発では、避難計画が市と県で決められることに周辺の住民が反対していました。

当然のように、再稼働ではなく避難のことに問題が移っていました。

スズメバチかカマキリのような顔をした川内市長はともかく、悪代官そのものの伊藤知事の住民を無視した態度は許しがたいものでした。

傍聴席からの抗議に、知事はニヤつきながら目を閉じ、「なんとでも言えよ!」と挑発するかのように頭を左右に振っていました。

これほどの悪党はそういるものではありません!

大間原発では電源開発の社長が新年の挨拶にきたと大間町長を訪ねていましたが、鷹揚に笑みを浮かべ、地方の市長や町長を懐柔することなど赤子の手をひねるようなものだといわんばかりの余裕綽綽の態度でした。

胸を反らしながら部屋を出て行きましたが、殿様然とした態度で補助金をちらつかせられたら一たまりもないのだろうなと思いました。

日本人にとって、広島や長崎、そして福島はなんだったのだろうと、わたしは虚しく落ち込みます。

日本人に絶望します。


c0243877_12371234.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-13 12:43 | Comments(7)

一二日 その二  隷属を止めれば、日本はすぐにもいい国になる。

きのうのサンケイに載った曽野綾子さんのコラムが炎上していたようです。

わたしはさ~っと目を通しましたが、何も感じませんでした。

いつものことだからです。

あの夫婦は優生(選別)思想の持ち主なのです。

ほんとうの敬虔なクリスチャンには悪いのですが、こういう人間が聖書を語り上から目線でお説教するのです。

移民に賛成とは、奴隷を買うような感覚で言っておられるのでしょう。

移民受け入れとは、奴隷を買うようなハナシだと小沢さんが言われました。

そんなことをしなくても、政治を変えるだけで人口は増え、地方は活性化するのだ言われました。

当たり前です。

いまの政治家はそれとは逆のことを指示されてそれに従っているだけだからです。

それを止めれば、いいだけなのにそれができません。

それどころか積極的に売国路線をひた走っています。

総理が秘密保護法、集団的自衛権、TPP、改憲と矢継ぎ早に出してきたのは、何のことはないアメリカの事情なのです。

追いつめられてきたアメリカが日本にムチを入れているのです。

日本はご主人にムチを入れられ何も考えずに走っているのです。


c0243877_1472015.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-12 14:11 | Comments(0)

十二日 その一  テレビは嘘しか伝えない(古館一郎)

アメリカの人気キャスターが、12年前のイラク戦争取材で、自分が乗ったヘリが攻撃されたと言ったのは嘘でしたと告白して自ら休職を願い出たということです。

メディアが、かれはアメリカ国民の信頼を裏切ったと非難していましたが、「ご冗談でしょう」と言いたくなります。

攻撃されたのが、自分の乗ったヘリでなかったことがどうだと言うのですか。

そんなことが問題ですか。

このキャスターは、何十年もキャスターを勤めてきて、嘘はその一回だけだったとでも言うのですか。

今まで自分が伝えてきたことはこのことを除けば全部事実だったとでも思っているのですか。

しかし、そうだとしてもあながち否定できないのは、インタビューなどで、いかにああいう人種が無知で鈍感でお人好しかということを散々見せられてきたからです。


わたしはこのように想像しました。

メディアへの信頼を失墜させないために、こんな昔の取るに足らないウソを告白させて、それ以外は全部ホントだと思わせる印象操作ではないかと。


c0243877_11265531.jpg


古舘一郎さんは「テレビは嘘しか伝えない」と言いました。

実に勇気ある発言ですが、まさにそれこそが真実なのです。


きのうは、「ISIS」に拘束(保護?)されていたアメリカ人女性がヨルダン軍の空爆によって亡くなったことが大きなニュースになっていました。

事実なら痛ましいことですが、あまりにも嘘が多いというより嘘しかないのですから、どうしても眉にツバを付けたくなります。

イラク戦争で嘘の証言をしたクェートの少女と同じとはいえなくても、宣伝に使われていることに間違いありません。

女性は、シリアが自国民を虐殺していると抗議していましたが、ということは、彼女はISIS側の人間ですか?


c0243877_11234084.jpg


ISISのバックがアメリカとイスラエルだということが、ここまで暴露されているのに、意に介さないのですから凄いです。

力で抑え付けるという習性から抜けられないのかもしれません。

有志連合はいったいだれと戦うのですか?

きっと、日本でテロが起こされるでしょう。

そのテロはもう舞台のソデで出番を待っているかもしれません。

テロが恐ろしいのはいうまでもないことですが、真の恐怖はその後に訪れます。

一気に統制社会になります。

秘密警察が夜突然やってきて家の戸を叩くような社会です。


c0243877_1123476.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-12 11:31 | Comments(0)

希望が戦争になるとき。

TBS「報道特集」の中田孝さんと「ISIS」側との交渉のVTRを見たのですが、胡散臭い人物のように思われている中田さんが、人質の生命を心配して実に慎重に対応しておられることが分かります。

政府が中田さんに交渉を依頼すればあるいは解放に成功したかもしれないのですが、政府はそれを望まなかったのです。

「ISIS」から翻訳を頼まれたという日本政府からのメッセージの音声を聞いて、どこかで聞いたことがあると思ったのは、耳に残る「大本営発表」の音声でした。

メッセージは25秒で

私――(代表の名前)は、日本政府の代表である。

日本政府は日本人2名の無事な生還について真剣である。


この後に、二人のフルネームと生年月日を言って終わっています。

真剣さなど感じられませんでした。

フルネームと生年月日を言うのは、こういう場合の決まり事なのか、それとも外に言うことがなかったので付け足しただけなのか、、

このテープの出所を外務省に問い合わせたら否定しなかったそうですから、シリア臨時大使本人に間違いないのでしょう。

政府が相手に伝えたのはたったこれだけ?!


c0243877_11274672.jpg


ISISとパイプがあるというだけで、胡散臭い人間だと決めつけたり、中国と親しいというだけで中国と通じていると非難したりするような人がたくさん存在します。

しかし、国家間でもめごとや紛争が起きたときには、そういう人の存在がいかに大きいかが分かるのです。

戦争を食い止められるのも、そういう人のパイプやルートがあることが大きいのです。

相手国を敵視し、交渉もしないということは、戦争をするためだと思って間違いありません。

(総理は、中国と戦争するためにアメリカから総理に任命されたのだと思います。)


総理は、責任は最高責任者の自分にあると言いました。

「責任がある」とは言いましたが「責任をとる」とは言っていないのです。

もし、誰かが責任を問うたら、総理はきっとこう言うでしょう。

「テロに屈しない」の姿勢を貫くことが自分の責任だと。


c0243877_1130537.jpg


今回のことで、「自己責任」だと思った人が80%を超えました。

ほんとうにそれでいいのでしょうか。

その行動や人間性とは関係なく、国民を守るのが国家です。

そのタテマエを失くしたら、国家のタガが外れます。

総理には分からないでしょうね。

非正規労働者が2000万人になり、それでも雇用が増えたと強弁する総理が待遇改善に取り組むことはありません。

なぜならある目論見があるからです。

赤木智弘さんが「希望は戦争」と言ってから8年になります。

一生非正規なら戦争に行ってもいいと思う若者が出てくるかもしれません。

為政者はそれを待っていたのです。


c0243877_1129199.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-11 11:32 | Comments(0)