人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

真相が明らかになることはない。

令和になってまだ3か月も経たないうちに大変な事件が起きました。
若いいのちがたくさん失われました。
そのうちの20人が女性でした。
痛まし過ぎます。
事件には不自然、不可解なことが多々あり、たとえ犯人が何かを喋ったとしてもそれで真相が分かることはないでしょう。
例によって事件は闇から闇へと消えていくでしょう。
犠牲者が浮かばれないことに感じる不条理感は半端ではありません。
総理は事件が起きたとされる10時半から5時間半後の4時に「あまりにも凄惨な事件に言葉を失う」というコメントを出しました。
いつも対応の遅れを批判されることを意識したのでしょうか。
しかし、ヤマユリ事件のとき総理がコメントを出したのは確かプーチン大統領からの弔電の後だったのではなかったでしょうか。
プーチン大統領のメッセージは「無防備な障碍者を狙って実行された犯行の残忍さに動揺している」というものでした.
しかし、総理のコメントにはプーチン大統領が感じたという動揺は見られず、事件の真相解明に全力で取り組むという冷めたものでした。
ロシアの国営放送は「これは第二次大戦後最大の殺人事件だ」と報じましたし、アメリカのケリー国務長官もわれわれのこころは日本人とともにあると言いました。
そのときわたしは、事件や障碍者に対する感受性というか感覚の彼我の違いを知りました。
基本的人権や個の尊厳が日本では理解されていないということです。


c0243877_10155773.jpg


この事件を指して言うのではありませんが、安倍政権では何が起きても驚くに当たりません。
いままでさんざん嘘、隠蔽、はぐらかしを見てきました。
公文書改ざんという大罪も平気でやってしまう政権です。
なんだってやるでしょう。
きのうのニュースはこれ一色になるだろうと思っていたのですが、関西テレビの「報道ランナー」では憲法を取り上げていました。
なんで?と思っていたら、朝日の「報ステ」も憲法を取り上げました。
他の局は知りませんが、取り上げていたかもしれません。
なぜ、国民の関心が薄い憲法をこの時期に取り上げるのでしょう。
不思議です。
自民党が掲げる公約だというのなら、きょうあたりは他党の消費税廃止や凍結を取り上げるのでしょうか。
いま憲法改正を言うのは、パンがないならケーキを食べればのとんちんかんと同じです。
仕事に疲れ、生活に疲れ、その日一日を生きるのが精いっぱいの国民の姿が全く目に入らないから憲法改正などとバカなことが言えるのです。
ほんとうなら恥ずかしくて言えないことです。


c0243877_10151358.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-19 10:22 | Comments(0)

再度、なぜ期日前投票なのか。

総理が新潟での応援演説で「お父さんも恋人を誘ってー」とまで言ってお願いしたのが期日前投票でした。
どうかおかしいと思ってほしい。
いままで自民党が投票を促したことがあったか、それも期日前投票を勧めたことがあったか思い出してほしい。
そんなことは一度もなかったのです。
それほど自民党は今回の選挙に危機感をもっているということでしょう。
さすがの総理も外交がすべて行き詰まったことや内政でも年金問題でみそを付けたことの自覚があるから躍起になっているのでしょう。
「お父さんも恋人を誘ってー」とつい口を滑らしたのは、「不正」が「不倫」と脳内でリンクしたからかもしれません。
潜在意識恐るべしw
それにしても、この発言にはさぞ世界が驚いたことでしょう。

ムサシを使っての不正操作のメカニズムはわたしの頭では理解できないのですが、唯一わたしが考える対抗手段は国民、市民による出口調査です。
出口で、だれに投票したかをその人の名前の下にシールを貼ってもらうことです。
有効性はありませんが、目的は選管の数字とのギャップを浮き上がらせることにあります。


c0243877_10255243.jpg


多くの人の予想を裏切ってトランプ氏は大統領になりましたが、熾烈を極めた選挙戦では、トランプ氏はクリントン側の不正を言い続けました。
「クリントン氏は完全に不正操作されたシステムに守られている」
確たる証拠を握っていたわけでもないでしょうに、それでも言い続けました。
日本では、あきらかにおかしいのに野党は黙っています。
ことがあまりにも重大なので慎重になるのか、証拠がないから言えないのか、あるいは何も感じないのか。
つまりは空気を読んでいるということでしょうか。
空気を読まないと言った山本太郎さんもどこまでも慎重ですが、総理が期日前投票を熱心に勧めるに至っては、なにか一言あってしかるべきではないでしょうか。
もしかしたら、アメリカからの方から不正選挙の声があがってきたりして、、

選挙の私物化と言われながらも入れ替えのダブル選挙を強行した維新は、楽勝することが分かっていたかのようにまったくと言っていいほど意気込みも危機感も見られませんでした。
都構想を為し遂げないうちは死んでも死にきれないと松井知事は言いましたが、そこまで言うのは、よほど怖い人というか頭の上がらない人からの厳命なのでしょう。
個人的なことで政治を回しているだけのくせに、よくも「身を切る改革」とか言えたものです。
万博はカジノの隠れ蓑です
不正の果てに大阪はラスベガスのようなカジノの街になるのです。


c0243877_10262026.jpg











×
# by michi-no-yuri | 2019-07-18 10:30 | Comments(0)

上皇陛下に強いストレスを与えたものは?

総理は、徴用工問題に端を発した輸出規制を参院選にぶっつけたのではないでしょうか。
反韓感情が高まっていることを奇貨として参院選に利用したのではないでしょうか。
わたしは官邸が参院選に何を仕掛けてくるだろうかと注目していました。
何もしないわけはないと思っていました。
トランプ大統領は総理の要請を受けて貿易交渉は参院選後にすると言いました。
ということは、その交渉内容がいかに日本に不利なものかがお互いに分かっていたということです。
総理にとっては、国益が損なわれることより自分を守ることしか眼中にありません。
韓国だって、いま事を荒立てることが総理に有利になることくらい分かっていたはずです。
しかし、いったんこころに火が付くと自分をコントロールできなくなる国民です。
日本側もそれを知っていてあえて相手を怒らすために輸出規制に踏み切ったのかもしれません。
日本国内では、それで留飲を下げた人がたくさんいます。
日本は国際司法裁判所に提訴すると言っていますが、G20の惨憺たる結果を見ても、日本の味方をしてくれる国はなさそうです。
トランプ大統領と金委員長の板門店での会談によって潮目が変わったことが認識できていない日本は世界から見放されることになりかねません。
国民はどうか感情に流されて自民党に投票することはしないでほしい。
それはハッキリ言って自滅への道です。


c0243877_9471696.jpg


きのう、上皇さまが強度の脳貧血を起こしてその場にうずくまれたということですが、わたしは日韓のこれからのことに深刻な危機感を覚えられたからではないかと想像しました。
ほんとうに国のことを思う人ならその危機感は分かると思います。
すべては総理がこうなるように仕向けてきたことです。
戦争のきっかけを虎視眈々とうかがってきたのです。
瀬島隆三さんが言っていたと思いますが、戦後の賠償交渉では何日間も膝を突き合わせて話し合ったと。
しかし、いまの日韓の首脳は一度も会談をしていません。
総理が会談しないのは、要するに何も解決したくないからです。
世耕経産大臣は両国間の信頼関係が失われたと言っていますが、信頼を築こうとしたことがあったでしょうか。
12日の事務レベルの説明会を受けて、城内実さんがこういうことを言っています。
韓国の官僚は信義則というものが分からないのか。
自国の都合の悪いことは隠蔽して言ってはいけないことを言わされているのではないか。
こんな国が民主国家、近代国家と言えるのか。
平気でうそをつく、信じられない。

余りにも総理との距離が近すぎるというか自分も一蓮托生なので、城内さんには総理や自分たちの嘘、隠蔽、改ざんが全く見えていないようです。
日本は韓国以上に民主国家でも近代国家でもありません。
韓国は少なくとも政権が司法まで抱き込むようなことはしていません。
知性と冷静さを兼ね備えている人がいることも知っています。
しかし、同時に、わたしの経験した2.3の例からも、半島の人は決して謝罪しない、同じことを延々と蒸し返すということも嫌というほど知っています。(謝罪や感謝をしないのは、相手より下になるという考えなのでしょうか)
しかし、そうであっても隣人とは折り合いをつけて生きていくしかありません。
いま話し合いが難しいのは、総理もまた同じ負の気質を有しているからだと思います。
同じことをいつまでもしつこく言っています。
だから何も前に進みません。


c0243877_9481251.jpg









×
# by michi-no-yuri | 2019-07-17 09:55 | Comments(2)

憲法改正のほんとうの目的。

わけの分からんところから出ずに自民党から出ろ、戦争できるのは自民党だけなんだから、と蓮池透さんに言った男性がいたそうです。
わたしは、安倍支持者は戦争ができるというその一点で総理を支持しているとず~っ思ってきました。
韓国への輸出規制を、久々のクリーンヒットで胸がスカッとしたと言っている人もいました。
なぜこれほど戦争を期待するかと言えば、この社会が何一ついいことがなくてつまらないからです。
そういうつまらない息詰まるような社会にしたのがだれかとまでは考えないようです。
総理や自民党は安定政権だから政策が実行できると盛んに喧伝しています。
長期政権は必ず腐敗するというのが普遍的真理で、現に澱んで腐臭を放っているのを徹底的に隠して、安定政権だからいいのだと言って国民を騙します。
国民からは税金をとるばかりで重労働、低賃金のままにしておくのは、国民のうっぷんを極限まで高めて戦争に持っていきたいからとは考えられないでしょうか。
戦争の反省なんかだれもしていなかったのです。

札幌に応援に駆け付けた総理に、安倍止めろと叫んだ人がすぐ近くにいた8人ほどの私設警備員と思われる人間や警官にむりやり連行されていきました。
これはほんとうに恐ろしいことです。
北の日本人妻が、ある晩4.5人の保衛部の人間が来て夫を連行していきそのままだったと言っていたのを思い出しましたが、もう、日本は北と変わりません。
これを見過ごしてはいけないのですが、ことの重大さを感じる人もいないのかもしれません。
また、最初からその男性がマークされていたのならともかく、すぐに拘束できる人間が周りに8人くらいいたのも異常なことでいったいどれだけの警備がなされていたかということです。


c0243877_9432045.jpg


自民党の言う改憲には嘘が多過ぎます。
もう実際は、改憲しなくても憲法があろうがなかろうがなんでもしてきたではありませんか。
レイプ犯を逮捕寸前に逃がしたり、そのレイプ犯には菅官房長官の口利きであるところから毎月40万の生活費が出ているとか。
わたしたちはありとあらゆる憲法無視の犯罪を見てきたのです。
9条が問題とも思えません。
集団的自衛権行使が成立した時点で9条の意味はなくなりました。
トランプ大統領は日本は狡いと言いましたが、あなたのポチが集団的自衛権を大多数の国民の反対を押し切って成立させたことを知らないのでしょうか。
9条はダミーで本丸は緊急事態法だと言われていますが、わたしはそれにも否定的です。
テロや災害を口実にしようと思えばいつだって緊急事態法は閣議決定されるだろうと思うからです。
わたしはほんとうの目的は別にあるように思えてなりません。
その答えは7年前の「日本創生の会」で明らかにされていました。
長勢元法相が言った主権在民、平和主義、基本的人権を葬ることが真の目的ではないでしょうか。
かれらはその3点を心底憎んでいます。
理解できないのです。

官邸からもっと引っ張れと言われているのか、テレビはまだ吉本の芸人がいくら貰っていたかとかやっています。
警官を振り切って逃げた人間を、まるで危険なテロリストかのように大きく取り上げたり、名前も知らなかった芸能人の大麻事件を延々と流したり、ほんとうに重大なことが必死に隠されているのを感じます。
多くの国民はテレビに洗脳されますから、何が重要なことか、事の軽重がマヒさせられます。
何が大事なことかは、山本太郎さんが駆けずり回り声を嗄らして訴えています。


c0243877_9434156.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-16 09:51 | Comments(0)

総理、なぜ期日前投票なのですか。

きのう、記事をUPした直後に、ニュースで名古屋の地下鉄の改札の近くに「期日前投票所」が設置されたと言っていました。
便利になって有難いと言っている人の声も伝えていました。
投票率が上がれば、ゼッタイに自民党は不利になるので、いままで投票を呼び掛けたことなどありません。
それがここにきて急に「期日前投票」を熱心に勧めているのです。
なぜでしょう。
なぜ、期日前投票を勧めるのか、わたしは総理と世耕経産大臣に尋ねたい。
働き方改革によって、働き方が多様になり投票日に行けない人が増えたからとでも言うのでしょうか。
自民党が投票を勧めることはあり得ないのです。
行政府として投票を喚起する場合は、「万障お繰り合わせの上投票所に足をお運びください。どうしても都合がつかない場合だけ期日前投票をご利用ください」となるのではないでしょうか。
わたしにとって、大袈裟に言えば投票日は神聖な行事でした。
祈りを込めて記名しました。
ほとんどの人がそうです。
それを、何を勝手になし崩しに解体しようとしているのですか。
もし、不正に操作するのが目的だとすれば、これほどの悪はありません。
どうしたらこれほど恐ろしいことができるのでしょうか。
国民を舐めきっています。
安倍政権への憤怒を爆発させるのはいまを置いてありません。


c0243877_9363066.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-14 09:43 | Comments(0)

総理が政見放送で「期日前投票に行こう」と呼びかけました!!

総理と三原じゅん子さんの政見放送などだれもまともに聞かなかったでしょうしわたしもそうでした。
ところがきのう、また山本太郎さんの話が聞けるかもと政見放送にチャンネルを換えたら、ちょうど前記二人の政見放送が終わるところでしたが、わたしは最後に総理が言ったことに吃驚しました。
なんと、総理は期日前投票に行くように呼び掛けたのです。
いままで自民党が国民に投票に行くように呼び掛けたことがあったでしょうか。
森喜朗元総理が、有権者は投票には行かずに家で寝ていてくれたらありがたいと言って物議をかもしましたが、これが為政者の本音です。
自民党にとって投票率が上がれば自党に不利になることは分かっています。
だから、総理が投票を呼び掛けることなどあり得ないのです。
しかし問題は、総理が「期日前投票」と言ったことです。
おりしも仙波敏郎さんが、阿久根市では期日前投票の票が操作されていたことを暴露している動画が出回っています。

先の衆議院選挙では期日前投票が37.54%もあったそうです。
今回も、公報が出て3日後の7日には141万以上の人がすでに期日前投票をしています。
投票日の21日までにはどれくらいになるのか想像もつきません。
そういえば、ず~っと投票に行こうではなく期日前投票を奨励するような宣伝がなされてきていたように思います。
国民は何の疑問ももたず、期日前投票に行くのが流行のように、投票日に用があるわけでもない人たちまでが期日前投票にいくという現象が見られました。
こうしていつも国民は簡単に騙されてしまうのです。


c0243877_920277.jpg


一年くらい前までは、維新なんて大阪でも相手にされていないと言われていたのが、いまでは圧倒的支持を受けていることになっています。
橋下維新が発足した当時は強烈なアンチがたくさん存在していましたが、かれらはどこに行ってしまったのでしょう。
わたしはいまも維新が勝ったことが信じられないのです。
先日わたしは、都構想とは大阪をカジノ特区にすることかと書きましたが、万博や世界遺産など、大阪にアメを与えて甘やかしている人間の存在を感じます。
その仲立ちをしているのが竹中平蔵でしょう。
ラスベガスのカジノ、リゾート会社(ユダヤ資本?)が大阪一本に絞ったと言いましたが、最初から大阪ありきだったのではないでしょうか。
3.11直後に、宮城県の村井知事は竹中平蔵にお尻を叩かれて漁業特区を作ろうとしましたが、地元の漁業関係者の激しい抵抗にあいました。
大阪では都構想といわれても府民にはイメージも湧きません。
推進する側がほんとうのことが言えないからだと思います。
真実は隠されているのです。

いつか期日前投票の不正が暴かれることがあれば、それは歴史に残る犯罪になります。
万死でも足りない罪です。


c0243877_923731.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-13 09:29 | Comments(0)

「父殺し」ができない人たち。

山本太郎さんが各地で火を熾し風を巻き起こしています。
他党の応援にも駆けつけていて、その戦術には舌を巻きますが、頭がよくてもこころがなければこういう行動にはなりません。
こころが頭を活性化させるからです。

わたしは新井信介さんの真面目な読者ではありませんので、もしかしたら誤解があるかもしれませんが、いつも読後に消化不良に陥るのは、皇室に否定的なことばかり言いながら、ではどうするのかという最後の一言がないからです。
わたしが知らないだけで、はっきり皇室は廃止すべきと言われたことがあったのなら訂正してお詫びします。
7月のメッセージでも、天皇の始まりを調べたら神社界は壊れてしまう、現にどんどん壊れているということなのですが、神社が壊れていっているのが事実だとしてもその原因が新井さんの言っていることに該当するのかどうかは分かりません。
ほかにも原因、理由はいろいろありそうだからです。
また、天皇が朝鮮半島からきたというのも、事実かどうかはともかく、だからどうなのですかということです。
そういうことだけ言うのは悪質なアジテーターと変わりません。

天皇を批判、否定する人は、天皇も同じ人間ではないかと言います。
わたしもある意味では同感です。
しかし同じ人間だと言いながら、かれらは天皇が一人の人間であることを考えもしないのです。
一人の人間として、歴史の重圧に耐え、民族の悲劇に対してはだれよりも苦悩し悲しんだ人間だとは思ってもみないのです。
わたしも天皇の苦悩や悲しみが分かるとは思いません。
でも、想像することはできます。


c0243877_10151742.jpg


きのう考えていたのは、感情的に天皇を否定する人が、父殺しという父親からの自立ができずに、親に暴力を揮ったり罵倒している息子と同じ精神構造ではないかということでした。
父殺しならぬ天皇殺しができないばっかりに、いつまでも憎悪し続けているのではないかと。
天皇殺しとは穏やかではありませんが、先ずは天皇を一人の人間として見ることです。
天皇は神でも超人でもありません。
天皇の戦争責任を追及することで、ほんとうの悪である軍国主義が歴史の裏に隠れてしまいました。
軍国主義者はこれ幸いとすべての不都合を天皇に押し付けて逃げました。
それによって天皇はまるで軍国主義者のようなイメージを植え付けられました。
それが、いまの安倍政権や「日本会議」の台頭を許したのではありませんか。
戦前の亡霊を蘇らせたのはあなたたちです。
主に姉に対して言うのですが、いつまで駄々っ子のように天皇に反抗したら気が済むのですか。
いい加減天皇から自立し自分を解放したらどうですか。

歴史、文化の継承者、守護者として、また国民の敬愛、敬慕に応えられる存在として日々自分を律して生きているのが天皇ではありませんか。
先帝は、象徴の意味を問い続けて来たと言われました。
新井さんは多分象徴の意味が分かっていないのだと思います。
それが分かっていたら、天皇がどこから来たとか、三種の神器がどうのこうのということにはならないと思います。


c0243877_10153761.jpg











×
# by michi-no-yuri | 2019-07-12 10:26 | Comments(0)

山本太郎さんの直訴事件から思うこと。

山本太郎さんが園遊会で天皇に手渡した手紙を天皇が目にすることはなかったことを「ネットゲリラ」で知りました。
宮内庁次長がその後の定例記者会見で「園遊会は各界で活躍された方を招いてご苦労をねぎらう場所。常識的に判断されるべき問題」だとして天皇には届けず今後も届けることはないと言ったそうです。
天皇も見たいとも見せなさいとも言わなかったということですが、直訴で有名な田中正造の書状もそのときは天皇には渡らず、その後どういう経路を辿ったかは分かりませんが、今は資料館に展示されているということです。
その資料館を「山本太郎事件の後、わざわざ天皇が訪問して見ています。それが天皇陛下の回答です。」
とネットゲリラさんが書いていますが、それが天皇の答えだと喝破するネットゲリラさんはさすがだと思いますが、こういう人がもしかしたら忠臣というのかもしれません。
この伝で行くとさしずめ太郎さんは大忠臣です。
天皇は太郎さんの熱きこころにこういう形で報いたのです。
宮内省は天皇と国民の間を遮断するのが役目だと思っているのかもしれません。
宮内庁には君側の奸しかいないようです。
昭和天皇のときは侍従の口を通して天皇の生の姿を垣間見ることができましたが、いまはまったくそれがありません。

ふと思い出したのが、2.26のとき、獄舎で書かれた大量の記録や遺書は、青年将校に同情を寄せる看守が危険を冒して外へ持ち出したものだったことです。
「国士」のような看守もいると、青年将校の一人が書いていますが、いまはそういう国士がいないばかりに国はただひたすら腐っていきました。
そこへ「やむにやまれぬ」こころで一人で登場してきたのが山本太郎さんです。


c0243877_9404127.jpg


わたしは、平成最後の宮中茶会に右翼ゴロのような高須院長と西岡力さんが招かれていたことに驚いたのですが、もちろん人選に天皇はノータッチですから、官邸がねじ込んだのか、それとも宮内庁に官邸や「日本会議」と通じている人間がいるかしか考えられません。
これからは、こういう人間がどんどん皇居を侵犯していくのかもしれません。
いつだったかあることでトーイツが皇室に食指を伸ばしていることを如実に感じたことがありました。

山本太郎さんのあの一件について、東国原さんがゼッタイにしてはいけないこと、前例のないことだと口を極めて非難していますが、前例はあります。
田中正造以外にも確か二人の民間人が直訴に及んでいたはずです。
太郎さんの行為を否定するのなら田中正造も否定するのかと問えば、きっとこう言うでしょう。
根本的に時代が違うし、人間も違い過ぎると。
山本太郎さんがいまを生きている歴史的人間なのだと言ったところで分かるはずはありません。
しかし、考えてみてほしいのは、歴史に名を残した人物は生きているとき世間からどのような評価を受けていたかということです。
太郎さんは空気を読まないと言いましたが、歴史的人間は時代や社会の空気を読まなかったことで結果的に名が残ったとは言えませんか。


c0243877_9411098.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-11 09:49 | Comments(0)

これからいろいろなことが明るみに出てくる。

山本太郎さんの政見放送に、感動した、泣いた、素晴らしいという称賛の声がたくさん上がっているという。
わたしも3回視聴しましたが、圧巻の、そして怒涛の17分でした。
ネットとは無縁の人々に漸く太郎さんの声が届いたのです。
それでもテレビは見るけど政見放送は見ないという国民が圧倒的多数なのが現実です。

三原じゅん子さんには次は大臣という声も出ているそうですが随分大物になったものです。
15年くらい前(テキトーです)深夜のバラエティ番組に出ていた三原さんが何かを食べる場面で、これは必需品でいつも携帯していると言ってトウガラシの入った小瓶を見せていたことがありました。
そういう日本人が皆無とは言えないかもしれませんが、そのときわたしは三原さんは半島出自の人なんだなと思いました。
断るまでもなくそのことは問題ではありません。
その後、政界に進出して見事当選を果たしたわけですが、わたしは過去の名声はともかく、当時は深夜番組にちょこっと出ているだけのタレントの三原さんを担ぎ出して当選させてしまう組織の存在を想像せずにいられませんでした。
ネットゲリラさんが自民党議員のほとんどは帰化人だと言いましたが、さすがそれはないだろうと思うものの当たらずと言えども遠からずかもしれません。
わたしがよく書くように、ぼ~っと生きている日本人と目的をもって動いている人間の差がいまの安倍一強を作り上げたのは間違いないのです。
先日、慰安婦像にツバを吐きかけた日本人というショッキングなニュースがあり、わたしはそんなことができる(悪い意味で根性のある)日本人がいるだろうかと思っていたら、案の定韓国人の4人組でした。
酔った勢いでということですが、お酒を飲んでいたのは事実だとしても、酔った勢いでというのは嘘だと思いました。
日本と韓国、北朝鮮との仲を引き裂くことを任務としている工作員は厳然と存在します。
ヘイトスピーチもそうだろうとわたしは思っています。


c0243877_920136.jpg


先日、パソコンを換えたときに忘れてそのままになっていた新井信介さんのブログで7月のメッセージの動画を見ました。
そのなかで新井さんは、G20は日本と北の間を引き裂くために画策し暗躍しているグループを抑える(潰す)のが目的だったと言っています。
総理を助けるかのようにタイミングで打ち上げられていたミサイルが今年に入ってぴたっと止まりました。
わたしはそのとき、画策に従事している人間の間で内輪もめが起きたのか、それとも方向転換が起きたのかと思ったのですが、どうやら、そのころからトランプ大統領の頭の中では金委員長との板門店での歴史的会談が考えられていたのかもしれません。
紆余曲折を経ながらそれは秘密裏に着々と進行していたのでしょう。
知らぬは総理一人だったということです。
ミサイルが止まったのはその合図だったのでしょうか。
その前にトランプ大統領は日本にイージスアショアやF35を売りつけるという早業をやってのけました。
両国を引き裂く画策をしていたグループに乗せられていたのが総理です。(その元締めはCIA?〉
総理がなかなか北へ行こうとしないのはそういう事情が絡んでいるからかもしれません。
わたしは、わが総理を軽蔑し嫌悪しているであろうトランプ大統領を評価します。
いまの日本人は情けない国民ですが、総理は日本人を代表する人間ではありませんからどうか混同して日本国民まで軽蔑しないでほしい。
日本人の中には、太郎さんが見つけ出してきたような素晴らしい日本人がまだたくさん埋もれているのですから。
表には売国奴とバカしかいませんから。

(なお、新井さんのメッセージのなかで天皇について語られている部分には賛同できません)


c0243877_9222769.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-10 09:27 | Comments(0)

山本太郎は日本の最後の希望。

山本太郎さんの街宣が盛り上がっているということですが、三宅洋平さんのときとは比べものになりません。
あのときは山本太郎の旗も立てられ小沢さんも駆け付けていました。
立錐の余地もないくらいの人、人でそこから熱気が立ち上っていました。
その直後、三宅さんは昭恵さんの甘言に釣られて官邸に赴き総理を「国士」と言いました。
冗談でもお世辞でもありません。
それほどに権力は人を酔わせ狂わせるものなのです。
三宅さんは熱い期待を寄せた人々を裏切りました。(わたしももその一人でした)
大袈裟に言えば、そのときなにかが終わったのです。
なにかが挫折したのです。

太郎さんの街宣では立錐の余地どころか空き空き(すきすき)です。
選挙カーの前をまるで太郎さんが目に入らないかのように足早に通り過ぎていく人のなんと多いことでしょう。
みんな政治によって生活が変わることなどないと諦めきっているのでしょう。
三宅さんがつくった挫折からまだ立ち直れていない人がたくさんいるのかもしれません。
いま、わたしの中では希望と失望、楽観と悲観が同居していてお互いがせめぎ合っています。
しかし、最後は必ず希望と楽観が勝つのです。
わたしはこう思っています。
たとえ今回の選挙で敗れても主戦場はその後に訪れるだろうと。
そのとき、敗れることでパワーアップした山本太郎さんの凄さをわたしたちは目にするのではないでしょうか。
いま蒔いたタネは必ず芽を出すのです。
そんな悠長なことを言っている場合でもないのですが、これは自然の摂理であり必要な時間なのだと思います。
とはいえ、なんとしてもこの選挙で大勝してほしい!


c0243877_9553126.jpg


ネットではまだ吉本の闇営業の話題が続いています。
5年も前のことを、だれが、どこから持ち込んだ話なのでしょうか。
それとも吉本は最初から掴んでいて、それをいま出してきたのだとしたら、何らかの意図がありそうです。
スキャンダルとして出すことで、総理に助け舟をだしたと考えられなくはないからです。
ほんとうのスキャンダルは、総理を吉本の舞台にあげたこと、お返しに?吉本の芸人が官邸を訪れたことです。
吉本こそコンプライアンスに違反しているのです。
芸人の闇営業なんて国民にとってどうでもいいことです。
先輩の芸人も自分らの若いときは普通だったと言っています。
謹慎とか反省とか何を寝言みたいなことを言っているのですか。
こういうことをさも重大なことのようにテレビに取り上げさせて、逆に言論の自由を窒息させられていくのです。
5年前のことで詐欺グループと癒着が生まれたとか脅迫を受けているとかいうのならともかく、何もないではありませんか。
こんな5年も前の話が急に出てきてそれをだれも不思議に思わないことがわたしには不思議でなりません。
組合を作ればいいのにと思っていたのですが、そんな勇気のある芸人はいないだろうと思っていたところ、きのう、たむらけんじさんがそのことに言及していました。
今回の騒ぎ、あきらかに仕組まれていると思います。


c0243877_9554726.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-09 09:57 | Comments(0)

すべての魂の解放のために。

安富歩さんの女性装は、親とくに母親の長く苦しい支配から逃れることができた開放感の表現なのかもしれません。
そのインタビュー記事を見失ってしまったのですが、奇しくも軌を一にするかのように「水瓶座時代」に「母殺し」という記事が連載されました。
母殺しとはブログ主の造語だそうですが、よく知られているのがフロイトの考えだした概念の「父殺し」ですが、簡単に言えば、親からの自立、解放だと思います。
いままで、母殺しという視点、指摘がなかったことが不思議なくらいです。
一部の上級国民を除いて父親の権威なんてとっくに失墜しているのですからいまさら殺すこともありません。
過日の事務次官の息子殺しは、父殺し、つまり父から自立できなかった息子が逆に父から殺された事件だったとは言えないでしょうか。
マザコンとは、母親への愛着、執着を指す言葉だそうですが、愛着は愛されたいという感情だとは言えても愛情とは何の関係もありません。
とくに、男性に多いのが、母親について語るときにありきたりの上っ面しか言えないことです。
つまり、上っ面の母親しか見ていないのです。
いつまでも見られる関係であって見るということはまったくと言っていいほどなかったのです。
有名人が母親について語るのもおおむねそんなものです。
しかし、1人だけ例外がいました。
稲垣足穂です。
本を読まないわたしが足穂の「愚かなる母の記」というエッセイを何度読んだかしれません。
内容はひどいもので、というか事実だけを書いているのですが、読んでいるうちに悪態の言葉からじわじわと愛情が滲みだしてくるのを感じるのです。
わがままでおおざっぱで投げやりなところが自分と重なって最初は悲鳴を上げたくなりましたが、欠点、短所はまた美点や長所でもあるのだと自分に言い聞かせて慰めたものでした。
心配性なわたしは同時に底抜けの楽天家でもあるところも共通しています。(矛盾はしません)


c0243877_1093065.jpg


足穂の母親はガンになって姉に引き取られて行き3年の闘病の末に亡くなるのですが、そのあいだ一度も見舞いに行かなかったばかりか、死を知らせる封筒に入っていた交通費はさっそく酒代に化けてしまいました。
しかし、最後の方でこう書いています。
「見て下さい。この愚かなりし老婆は、いまや私に涙を以て、次のような幻を描かせているではありませんか」と、死後の母親が孫や愛犬と感動的な会話をする場面を書いています。

「水瓶座時代」には、いかに母親の支配によって子どもの精神が圧迫され歪められているかが書かれていますが、子どもの自立、開放は同時に母親の解放でもなければなりません。
母親も苦しんでいるからです。
社会の同調圧力によって教育にのめりこまざるを得ないところに追い込まれているからです。
しかし、それももう終わるのではないでしょうか。
自分たちも不幸だけど、上級国民も決して幸せでないことが少しずつ分かってきたと思うからです。
ほんとうの幸せとは何だろうと、立ち止まって考える時期になったのではないでしょうか。
ブログ主は、何かと強要する母に対して「ババア、うるさい」と言えていたらと書いていますが、わたしもそこまでいけたら最高だなと思います。
(誤解のないように言っておきますが、「ババア、うるさい」はあくまでも象徴として言われていることです。)
6月29日の「『母殺し』あなたは母殺しを終えていますか?」という「水瓶座時代」の記事をぜひ読んでください。


c0243877_10103630.jpg











×
# by michi-no-yuri | 2019-07-08 10:12 | Comments(5)

子どもの言い訳。

自民党が自党議員に配った「「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識」という冊子についてTBSの党首討論で総理は知らない、読んでないと言いました。
だから反論のしようがないではないかと。
特別委員会で、この8年間に外国人技術実習生の174人が自殺したという問題を取り上げたときも、総理は今初めて知ったことだと言って逃げました。
これは子どもが叱られたときに言い訳に使う言葉だということに気が付きませんか。
子どものときからそれで来て今もそれが通用すると思っているような人間が総理なのです。
子どもならともかく、一国の総理にそんな言い逃れを許してはいけません。
本人が知らなかったと言うのを、知っていたはずだとも言えませんが、野党はなぜそこで矛を収めてしまうのですか。
「では、今知ってどう思うか」となぜ畳みかけないのですか。
まともな人間なら、「今知って非常に驚いている、さっそくその背景にある問題の究明に全力で取り組む」と言うのではありませんか。
なんでいつもいつもそれで終わらせてしまうのですか。
質問して終わり、反対して終わり、、
わたしは国民の政治的無関心の元凶はそこにあると思っています。
こんな不毛を何十年も見せられて関心を持てと言うほうに無理があります。
勝ち誇ったような顔で、知らなかった、今初めて知ったと言って逃げるような人間はとてもまともな人間ではありません。
皮肉なことに、そんな人間は総理だから務まっているのですが、実社会ではだれも相手にしません。


c0243877_9553790.jpg


遠い国から日本に働きに来て、なぜこんなにたくさんの自殺者出るのでしょうか。
故国の親はどんな思いでその悲報を聞くのかと想像すると胸が潰れそうです。
しかし、良心の欠片も持たない政治家や企業の人間には馬耳東風です。
いつか立場が逆転して(すでにそうなりつつある)日本から中国や東南アジアに出稼ぎにいった子どもがかの地で自殺したとしたらと想像してみてほしい。
「れいわ新選組」が掲げる8項目の政策のなかには入っていませんが、わたしは外国人労働者の受け入れをとりあえずストップさせてほしいと思います。
ほんとうに、いろいろな問題を孕んでいるのです。
徴用工問題が繰り返されることになるのです。
いえ、もっとひどいことになるのが目に見えています。
わたしは八村塁さんやサニブラウンさんを新しい日本人像だと言いましたが、かれらの親のどちらかは移民でもなく労働者として来た人でもありません。
出会いがあり、ということは縁があって日本人になった人たちです。
八村さんがいみじくも色は黒いが魂は日本人だと言いましたが、強い縁があったことをうかがわせます。
日本人であっても悪縁で日本人になっているような人もたくさんいて、きっとそういう日本人が今のような日本にしたのだろうと思います。
とにかくストップをかけてほしい。
今の日本に労働者を受け入れる環境も資格もないからです。
国民の生活そのものである政治より企業の論理が優先するシステムをこれ以上許してはいけないと思います。


c0243877_956599.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-06 10:04 | Comments(5)

子どものことを本気で考えている人が現れた。

安富歩さんは親鸞を研究していると言いました。
仏教は学問として勉強しようと思えば気が狂うほど難解なのだそうですが、そういうことは学者に任せるとして、その神髄というか要諦は案外だれもが知っている簡単なことではないでしょうか。
輪廻転生と因果応報だけでいいのだと思います。
上皇后さまが推薦された新美南吉の「でんでんむしのかなしみ」はお釈迦さまの説法に題材を得て書かれたものだと思いますが、こういう話は子どもには理解できないとしても、いずれ理解できるときのために話して聞かせるということはとても大切ことだと思います。
わたしは子どものときに、たとえば人に為したことは必ず自分に返ってくるということや自分にとって嫌なこと痛いことは相手にとっても同じだということを周りのだれかから繰り返し聞かされていたら、その後の人生も大きく変わったかもしれないと思うことがあります。
こんな道草、周り道をして迷子になって恥や罪を作ることもなかったのではと思うのです。
しかしものは考えようで、さ迷える羊だったからどこからか救いの手が差し伸べられたということも考えられます。
親鸞の悪人正機説もそういうことではありませんか。
安富さんは子どもを守ろうと言いました。
いまさらに驚くのが日本の子どもがだれにも守られずに放置されているということです。
国にとっても親にとっても子どもは学校に行っていればいいのです。
その学校は校内で問題が起きれば握り潰すことしか考えません。
安富さんは学校が嫌なら行かなくていいと言いました。
こんなことを言われるとこれから愛国心教育をしようと思っていた国は困るのです。
権力を使ってでもそういう考えを潰そうとするかもしれません。
わたしは子どもには勉強ではなく、周りのものを見る、観察することをさせてほしいと思います。
観察のなかからすべての生きものが同じ意識体だということが分かり、もっとも大切な「憐れみのこころ」が生まれます。
それこそスマホを捨てて外へ出ようです。


c0243877_10271091.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-05 10:30 | Comments(0)

いま動かずにいつ動くのか。

雨は止まず、気象庁は会見を開いては「自分のいのちは自分で守ってください」というのですが、これを聞くたびにドキドキするのはそういう効果を狙っているからでしょうか。
しかし、このときいつも思うのは、障害を持つ人、寝たきりの人たちはどういう思いでこの警告を聞いているのだろうということです。
気象庁(国)も守りたくても守れない人がたくさんいることを知らないはずはないでしょうに。
それとも、避難警告を発しても実際に避難する人は0.5%だという現実に対するいら立ちなのでしょうか。
わたしは町内会が機能していないこと、隣近所で声を掛け合うという習慣が失われていることが被害を大きくしているように思えてなりません。
ハザードマップだけあってもダメなのです。

きのう「れいわ新選組」の候補者が出揃いました。
太郎さんは木村英子さんに続き、ALSの舩後靖彦さんを擁立しました。
考えもしなかった、盲点を突かれたと思ったのは、要するにそういう人たちの存在が視野に無かったということになるのでしょうか。
太郎さんが政策でそういう人たちを優先的に守るだろうとは思っていましたが、まさか、当の本人が当事者として選ばれるとまでは想像できませんでした。


c0243877_9511521.jpg


人間を生産性で計るという思想の先にあるのはいのちの選別だと太郎さんは言いましたが、目に浮かぶのは、アウシュビッツの門の前でまだ役に立ちそうな人間とそうでない人間(ガス室送りの)が選別されている光景の映像です。
まさか日本でと思うでしょうが、こういう世界はあっという間に来るものなのです。
モラルハザードも極まった日本では何が起きてもおかしくありませんし、自民党も杉田水脈さんの発言を否定していません。
動けない候補者に代わって動ける人、それも影響力のある人が名乗り出て応援してほしいと思います。
太郎さんの最初の出馬のときは沢田研二さんが応援のスピーチをしました。
何十万、何百万というフォロワーを持つ人の影響力は計り知れません。
歌詞に政治(政権)批判を盛り込んで話題になった桑田佳祐さんや長渕剛さんはもうその思いは薄まってしまったのでしょうか。
バッシングや忠告を装った圧力に屈したのでしょうか。
どうか力を貸してほしい。
太郎さんのためではありません。
すごいスピードで壊れていく日本にブレーキをかけるためです。
あなたたちにはそれができるのです。
わたしなんかがいくら訴えても耳をかしてくれるのはせいぜい数十人です。
あなたたちがツイッターで一言「れいわ」と言うだけでどれだけの票につながることでしょう。
とくに、なんとなく安倍信者になっている若い人に向かって、安倍政権を支持することは亡国への道だと言ってください。


c0243877_9531266.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-04 10:03 | Comments(1)

松本人志さんの嫌らしさ。

九州南部の雨が止みそうにありません。
怖くて怖くてとか泣きそうだと言っていた人がいましたが、老人の一人暮らしが多いことを思えばその不安、恐怖は想像に難くありません。
わたしが突発性難聴になって一つだけよかったと思うのが耳に届く雨の音が半減することですが、それほどに豪雨の音は恐ろしいものです。
自民党が参院選の公約に憲法改正を掲げましたが、まさにこれが大雨警報の出ているさなかに酒盛りをする人間の感覚です。
国民の生活のことなど、考えたこともないのがよく分かります。
「れいわ新選組」が5人目の候補者を発表しましたが、その場にはメディアの人間もいたはずなのに、ネット以外で知ることはできません。
テレビも新聞も取り上げませんが、もしかしたら最後まで取り上げないかもしれません。
本来のメディアなら、驚きをもって報道することではありませんか。
太郎さんではありませんが、いまがメディアの人間が目を覚ますぎりぎりのタイミングだと思うのですが、世界が大きな変化を迎えているということが分からないのですね。

荻生田さんが、総理の外交手腕は枚挙にいとまがないほどだと言いましたが、荻生田さんのなかでは手腕と成果は別物らしい。
外国へ行って、そこの首脳と握手して、共同会見することが手腕なのでしょう。
それだけのために総理は頻繁に海外に行くのですが、相手の国では、いまごろ、日本の総理は何しに来たんだっけと首を傾げているのではないでしょうか。
だれかがエアー外交だと言っていましたが、うまいこと言いますね。
側近ほど騙されているというか騙されたいということかもしれません。


c0243877_9235996.jpg


あるブログで、上岡龍太郎さんがヤクザと芸人は根は一緒だと言っている動画を見ましたが、いっしょなのは「正業」ではないというところだけで、他に同じ要素があるようには思えません。
30年前の発言だということで、そのころはヤクザみたいな芸人がいたのかもしれませんし、ドロップアウトした人間だというのもそうかもしれませんが、今は様変わりしました。
逆で、芸人になりたいためにドロップアウトするのです。
「正業」ではないから、生活ができるまでになるのが大変なのではありませんか。
吉本はバイトは自由だったようですから、そのバイトの中に吉本を通さない営業がはいっていたというだけで これほどの社会的制裁を受けなければならないのでしょうか。
芸人を呼びたくても吉本を通すとバカ高い料金を要求されるので諦めざるを得ないという話もあります。
ヤクザと同じなのは吉本ではありませんか。
松本人志さんが、宮迫さんに電話して、ギャラで嘘をついたらすべてが嘘だと思われると言ったのだが、真意が通じてなかったようで寂しいみたいなことを言っていましたが、こういうところに松本さんの嫌らしさがあります。
わたしのいちばん嫌いな科白が、(特に男性に多く夫もよく言うw)「お前のためを思って言っているのだ」です。
ほんとうに宮迫さんを思うのなら、そんなことテレビでは言わないでしょう。
それともテレビのネタにするために電話したのでしょうか。
そういうところが総理と似ているようです。


c0243877_9223923.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-02 09:31 | Comments(0)

動き出した歯車よ、どうか止まらないで。

電光石火というか疾風迅雷というか、トランプ大統領の行動は鮮やかでした。
きのう思いついたと言っていましたが、決断したのがきのうということで、それまでさんざん考えていたのではないでしょうか。
トランプ大統領の顔はいつも考えている顔です。
話すときも全身で唾を飛ばして喋ります。
いつも薄笑いを浮かべてヘラヘラしている総理とは違うのです。
トランプ大統領は、あなたが来てくれなかったらメディアに叩かれるところだったと言い、金委員長の手をとって感謝の意を表しました。
ほんとうにそうだったとしたらすごい賭けです。
こんな賭けにでられる人間なんてそうはいません。
というか、二人の間にはすでに信頼関係ができていたということでしょう。
だから打てば響いたということではないでしょうか。
25回会っても、会えば会うほど人間関係も国の関係も壊すことしかできなかった人間とは違います。
ハノイの会談決裂のあと、金委員長はアメリカを非難してもトランプ大統領は非難しませんでした。
わたしは、板門店での邂逅に至るには、中国やロシア、韓国との暗黙の連携ができていたのではないかと思いました。
なんだかスゴくみじめです。
「ホームレス中学生」の主役が逮捕されましたが、親である総理が国民を捨てて逃げているのです。
しかし、主人公がそうであったように、そこから立ち直り、自立へ向かうことになればいいのですが、国民にそれができるでしょうか。
トランプ大統領の訪韓は分っていたことで、あるいはこういうこともあるかもと考えるのが外交だと思うのですが、G20で日本がしていたのは韓国の排除でした。
しかし、排除されたのは日本でした。


c0243877_10274693.jpg


河野外相は米朝の電撃会談を受けて、これは日朝会談を後押しするものだと苦しい言い訳をしていましたがほんとうにみじめです。
それを言うのなら、すぐにも日朝会談をしなければならないのに、そうはなりそうにありません。
すぐ横田めぐみのさんの弟が、妥協してはいけないと釘を刺していましたから。
西岡力さんなどあの人たちはそれでご飯を食べているので、北朝鮮はどこまでも憎むべき対象でなければいけないのです。
総理も外相も遠いヨーロッパにまで出かけて拉致の協力を頼んでいたのが恥ずかしくありませんか。
固まっていたものが動きだすのは大いなる喜びです。
(人間の心身で考えればよく分かります〉
人と人が会ってにこやかに話をするのは見ているだけで幸せです。
トランプ大統領をはさんで、金さんと文さんが笑顔で話していました。
金委員長がニコッと笑えばわたしも笑っていました。

トランプ大統領の、同盟への不満の真意はよくわからないのですが、早速桜井よし子さんの「日米安保破棄に備えよ」という一文が産経に載りました。
トランプ大統領と握手した人たちは筋金入りの反米主義者でした。
日本の自立のためにトランプ大統領の発言を歓迎する人がいますが、それを安倍総理のもとでするのはあまりにも危険ではないでしょうか。
トンデモナイ混乱が起きそうです。
それに立ち向かえる人間はポスト安倍の面々はもちろん野党にもいません。
ここで山本太郎を登場させなければ日本は混乱状態が続きそうです。
アメリカが戦争の鍵を握っているのです。
火のないところに火種を置いても戦争をしてきたのがアメリカなのに、どこの国に攻撃されるというのでしょうか。
もし本気で言っているのならトランプ大統領は因果応報を恐れているということかもしれません。


c0243877_1028840.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-07-01 10:32 | Comments(0)

横山ノックさんの「本気」と「やる気」をいま涙とともに思い出している。

G20は大山鳴動して鼠一匹分の成果も収穫もなく、日本の孤立を見せつけられて終わりました。
集合写真の場の動画はとても正視に耐えません。
ホストとして立っている総理に手を差し出したのはオランダの首相だけで、あとは総理の存在さえ目にはいらないかのようにガン無視でした。
失礼極まりない行為だと思っても、総理自らがが招いた結果です。
ある番組で、両側の人がその隣の人と話をしていて文大統領が孤立したようになったところをクローズアップして笑いものにしていました。
わたしはこれがいじめの体質そのものだと思ってぞっとしました。
なぜ総理はいつもいつも原稿を読んでいるのでしょうか。
隣でマクロン大統領が呆れ、かってはメルケル首相も呆れ顔で見ていたことがありました。
質問に対してもあらかじめ答案が用意されていたのには吃驚です。

吉本芸人の闇営業が、なぜ5年も経った今になって明るみに出てきたのでしょう。
ほんとうに不自然です。
それより、吉本が総理を舞台に上げたこと、返礼として官邸でギャグを披露したことこそ闇営業ではありませんか。
なぜならそれは吉本のコンプライアンスにないことだからです。
お金がが介在していないからいいいというものではありません。
総理はそれによってお金には代えられないものを得たのですから。
吉本は総理の独裁に手を貸したも同然です。


c0243877_108716.jpg


「ネットゲリラ」のコメント欄の常連であるH.N「tanuki」という人のコメントにわたしは驚きました。
「横山ノック知事が答弁を全部ひらかなで書いてもらっていた話、、」ですが、漢字にルビがふってあったというのならともかく、あり得ない話です。
なぜ、そんな見てきたような嘘としか思えないようなことを書かれるのでしょうか。
高等小学校卒の人間の識字能力はそこで終わっていると思っておられるのでしょうか。
むしろ、実際はそういう人間の方が向上心、知識欲が旺盛です。
ノックさんが取り巻いた記者に向かって
「君たちはどこまでぼくをバカにしたら気が済むんだ!」と見たこともないような怒りを爆発させたことがありました。(ほんとにゆでだこでした)
眼には涙が浮かんでいました。
あなたたちはどこまでノックさんをバカにしたら気がすむのですか。
ダメですね。
ノックさんのことになると涙が止まらない。
もしかしたらノックさんの「無念」が憑依しているのかもしれません。
いまノックさんが生きていたら、きっと太郎さんは声をかけるでしょうね。
なるべく(自戒も込めて)デマや嘘には慎重であってほしいと思います。
そうでないと言説そのものが信じられなくなります。


c0243877_10352122.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-06-30 10:14 | Comments(0)

わたしたちは今山本太郎という生きている歴史的人間を見ている。

山本太郎さんが、蓮池さん安富さんに続き身体障害者の木村英子さんという人の擁立を紹介しました。
知名度がどうのこうのと言った自分が恥ずかしい。
太郎さんは知名度なるものを一瞬で粉砕してしまいました。
虚を突かれたというか度肝を抜かれました。
そもそも知名度なんていうのは所詮浮世での虚名でしかありません。
言い直します。
「純烈」にうつつを抜かすような女性層でも知っているではなく、そういう女性層の琴線をも震わせるような人選だったのではないかと。
安富さんのあの格好は、世間の常識なるもののまやかし、社会の同調圧力を常識としてその中で安住している人間への揶揄、挑発なのかもしれません。
女装では変態しか連想しませんから女性装とはいうのは苦肉のネーミングだったのでしょう。
安富さんの本を読みたいと思います。
木村英子さんは知的な雰囲気のある人で、話の分かり易さが「考える人」であることを窺わせます。
いつもいつも考えている人なのではないでしょうか。
太郎さんはほんとスゴイ。
わたしたちは今、生きている歴史的人間を見ているのだと思います。
革命を見ているのだと思います。
政治はいま生きているすべての人のためにあることを太郎さんは分からせてくれました。
太郎さんのすべての人々に光を当てようという政治姿勢に、他の政治家は顔を上げられないのではないでしょうか。
しかし、顔を上げられないような恥を知っている政治家もいないでしょうが。


c0243877_8332042.jpg


太郎さんを支持する人の中でも、ほんとうに信じていいのだろうか裏切られるのではないかと思っている人がいるようですが、人を騙す人間は口先だけで騙します。
声を涸らし、駆けずり回るような詐欺師はいません。
失敗することで人は成長すると言われますが、人を信じて裏切られるのもいい人生経験です。
騙されるのではないかと不安に思う人は、そういう人生の貴重な経験を自ら放棄しているようなものです。
わたしはいままで裏切られ失望を味わってきたのも人間を知る上での学習だったのだと思っています。

G20に来日した首脳の夫人のなかで、わたしがマクロン夫人のブリジットさんに親近感を覚えたのは、ファースト.レディ然としたところがなく、どこかオドオドした感じの風情に惹かれたからです。
わたしは子どものころから、仲間に入れず隅のほうでオドオドしていた子に近づいては友達になろうとしました。
つまり同類だったからです。
今問題の「ひきこもり」もそういう人間なのだと思いますが、太郎さんはそこにも光を当ててくれるのではないでしょうか。
(「ひきこもり」のなかから候補者が出てくるかも)
人間はみんな同じ権利を有しています。
社会は助け合うためにあるのだと思います。
やさしさや思いやり、助け合うこころや姿ほど美しいものはありません。
簡単なことではありませんか。


c0243877_8335336.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-06-29 08:55 | Comments(2)

吉本のコンプライアンスでは総理はどういう扱いになっているのですか。

読売テレビのニュース番組「zero」を初めて見たのですが、番組の初めからきっちり30分、「スリムクラブ」のことに費やしていました。
G20の前夜にこれは何事だろうと思いましたが、思い当たることがないというかあり過ぎるというか、とにかく異常なこただと思いました。
きのう吉本は「決意表明」なる文章を発表しましたが、なにか肝心なことをお忘れではないでしょうか。
つまり、過日の総理を「なんば花月」の舞台に上げたこと、さらに、返礼?として吉本の芸人が官邸を訪れてギャグを披露したことです。
吉本はその理由や経緯について一言の説明もしていません。
決意表明では、コンプライアンス順守を徹底していくと言っていますが、吉本のコンプライアンスにとって総理はどういう扱いになるのでしょうか。
超法規的存在ですか。
わたしはそこをうやむやにしてはいけないと思っています。
総理が行政の長(すでに三権の長になっていますが)だから曖昧にしてはいけないのです。
あるいは総理としてではなく一私人として舞台に上がった場合でもどちらにしろ言い逃れができないのです。
吉本は決意表明の前にそれを明確にしなければなりません。
そこを不問にして芸人だけを処分対象にするのは筋が通りません。
吉本は闇営業より反社会的勢力とのつながりを(表向き?)重視していますが、総理こそ反社会、反国家的勢力の頭目ではありませんか。
総理がモリカケでは嘘をつき通し、官僚にも嘘をつかせて政治を私物化して弄んできたことを、吉本は見ていなかったのでしょうか。


c0243877_9425290.jpg


官邸には西川きよしさんが引率者のような形で同行していましたが、国会議員の経験がある西川さんなら、権力との距離感にもっと敏感であるべきでした。
それに、年齢や実績からも吉本に意見をする立場の人間ではありませんか。
もし、吉本が軽い気持ちで総理を舞台に上げたというのなら、芸人だって同じことが言えるのです。
軽い気持ちでやりましたと。
上が範を示せなかったから、今回のようなことが起きたのではありませんか。
吉本の芸人が官邸を訪れたとき、総理は予算委員会から逃げ回っていた時期でした。
ロシア外交やイラン訪問で何の成果もなかったことを追及されるのが嫌だったのです。

わたしがこのことにこだわるのは、いつも言うように権力者は自分ひとりの力で権力者になるのではないからです。
権力のおこぼれに与りたい人間の忖度とゴマすりによっって権力は盤石になっていきます。

金正恩委員長が観劇する姿がよくテレビに映ります。
芸術家や芸能人はみんな委員長の私物のようなものです。
総理はそれを意識しているのかもしれません。
気分は金正恩になりたいのだと思います。
血は争えないということ、、?


c0243877_9475377.jpg










×
# by michi-no-yuri | 2019-06-28 09:50 | Comments(0)

すべての流れは人口削減に向かっている?

スルガ銀行の株主総会は大荒れでそこら中から怒号が飛び交っていました。
お金のことになると人は鬼になります。
父が急死したとき、どこで聞きつけたのかすぐに債権者が駆け付けましたが、普段知っていた顔が知らない顔に変わっていました。
一企業や個人経営者に対してはこれほど鬼になるのに、国にたいしてなぜ人は鬼にならないのでしょうか。
消費税や年金への不安は直接生活を脅かすのになぜもっと怒らないのでしょうか。

山本太郎さんの「政権をとったらすぐやります」8項目の中の消費税廃止、最低賃金1500円、奨学金をチャラにするという1~3については、それが実現するだけで世の中どれだけ明るくなるかわかりません。
時給が1500円になったら、どれだけたくさんの人が喜ぶことでしょう。
それを想像するだけでも気持ちが明るくなります。
それとも、企業は人の喜ぶことをするのが嫌なのでしょうか。
企業は何で成り立っているか考えてほしい。
労働者と消費者がいなくて企業が存在できるものかどうか。
政府との間にある距離感で人は諦めてしまうのかもしれませんが、怒りをぶつけるられるのは選挙しかありませんん。
選挙にいくことでしか世の中は変わらないのです。


c0243877_9431746.jpg


この中にはありませんが、わたしはぜひ公団住宅の家賃をゼロにしてほしいと思います。
50年以上も前に建てられて老朽化した公団でもまだ家賃を徴収しているのです。
だれも何も言わないからダラダラと続いているのです。
ゼロにできないのなら3000円くらいでいいのではありませんか。
そういう公団には、下流老人と言われている年金生活者が多く住んでいます。
こういうことはすぐにもできることではありませんか。
どうして人を楽にしてあげようという思いがないのでしょう。
それに、増加の一途をたどっている空き家はどうするのですか。

やっぱり、少子化は国策なのだと思います。
日本人絶滅計画のようなものがありそうです。
日本人でなくても,NWO(ワンワールド)にとって人口削減は最大の命題ではないのですか。
(ビル.ゲイツがうっかりワクチンで人口を減らせると口を滑らしたことがありました)

LGBTがクローズアップされ、国民の多くが保守的だと思われる台湾が合法化に踏み切りましたが、この流れは止まらないのでしょう。
しかし、これを人権問題だけで見るとまんまとかれらの思うツボになりそうです。
人口削減の一環かもしれないからです。
かれらは人口削減のためにあらゆる方法を編み出してきます。
戦争もままならないので、こういうところにも目をつけるのでしょう。


c0243877_9434252.jpg











×
# by michi-no-yuri | 2019-06-27 09:44 | Comments(0)