人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2019年 07月 19日 ( 1 )

真相が明らかになることはない。

令和になってまだ3か月も経たないうちに大変な事件が起きました。
若いいのちがたくさん失われました。
そのうちの20人が女性でした。
痛まし過ぎます。
事件には不自然、不可解なことが多々あり、たとえ犯人が何かを喋ったとしてもそれで真相が分かることはないでしょう。
例によって事件は闇から闇へと消えていくでしょう。
犠牲者が浮かばれないことに感じる不条理感は半端ではありません。
総理は事件が起きたとされる10時半から5時間半後の4時に「あまりにも凄惨な事件に言葉を失う」というコメントを出しました。
いつも対応の遅れを批判されることを意識したのでしょうか。
しかし、ヤマユリ事件のとき総理がコメントを出したのは確かプーチン大統領からの弔電の後だったのではなかったでしょうか。
プーチン大統領のメッセージは「無防備な障碍者を狙って実行された犯行の残忍さに動揺している」というものでした.
しかし、総理のコメントにはプーチン大統領が感じたという動揺は見られず、事件の真相解明に全力で取り組むという冷めたものでした。
ロシアの国営放送は「これは第二次大戦後最大の殺人事件だ」と報じましたし、アメリカのケリー国務長官もわれわれのこころは日本人とともにあると言いました。
そのときわたしは、事件や障碍者に対する感受性というか感覚の彼我の違いを知りました。
基本的人権や個の尊厳が日本では理解されていないということです。


c0243877_10155773.jpg


この事件を指して言うのではありませんが、安倍政権では何が起きても驚くに当たりません。
いままでさんざん嘘、隠蔽、はぐらかしを見てきました。
公文書改ざんという大罪も平気でやってしまう政権です。
なんだってやるでしょう。
きのうのニュースはこれ一色になるだろうと思っていたのですが、関西テレビの「報道ランナー」では憲法を取り上げていました。
なんで?と思っていたら、朝日の「報ステ」も憲法を取り上げました。
他の局は知りませんが、取り上げていたかもしれません。
なぜ、国民の関心が薄い憲法をこの時期に取り上げるのでしょう。
不思議です。
自民党が掲げる公約だというのなら、きょうあたりは他党の消費税廃止や凍結を取り上げるのでしょうか。
いま憲法改正を言うのは、パンがないならケーキを食べればのとんちんかんと同じです。
仕事に疲れ、生活に疲れ、その日一日を生きるのが精いっぱいの国民の姿が全く目に入らないから憲法改正などとバカなことが言えるのです。
ほんとうなら恥ずかしくて言えないことです。


c0243877_10151358.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-07-19 10:22 | Comments(0)