人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2019年 04月 09日 ( 1 )

橋下徹という厄介者。

ゴーンさんの妻が逮捕の危険を感じて、サスペンスドラマさながらの脱出劇に成功しました。
彼女の口を通してさらに日本の人質司法や人権無視が世界に拡散されることでしょう。
わたしが恐ろしいと思うのは、それを何とも思わない政府や検察の体質なのです。
戦前と同じで、世界を敵に回すのが快感になっているのでしょうか。
いつも思うのは、司法が日本国憲法の埒外というか治外法権のような存在の印象があることです。
その証拠に、警察、検察が不法な取り調べをしたり冤罪を犯しても何の罪にも問われないではありませんか。

ポスト安部に菅官房長官の名まえが浮上しているのですが、そう言えば菅さん来月訪米するのですね。
いままで総理になった人の中には、その前に訪米してアーリントン墓地に行くのが決まりのようになっていましたが、菅さんもそうなのでしょうか。
いまさら拉致のことだけでわざわざ行くでしょうか。
人気投票ではダントツで小泉進次郎なのですが、CIAも進次郎の余りの未熟さに二の足を踏んだ結果の菅さんということでしょうか。
菅さんが急浮上したのは、維新が躍進したからだと思います。
菅さんは維新の後見人のような人ですから。


c0243877_9591120.jpg


憲法改正も勢いずくだろうということですが、天皇に逆らってやれるものならやってみろという感じでわたしは静観しています。
日米地位協定をそのままに「押し付けられた憲法」という理由で改憲などできるわけがないではありませんか。
ほんとうは「押し付け」というのも口実で、本音は主権在民や平和主義や基本的人権を無くしたいだけなのです。
維新の勝利でまた橋下徹が大きな顔をしてメディアに露出するのはわたしには拷問です。
さっそく公明党選挙区に候補者を立てると宣言し戦闘モード全開です。
三度の飯より喧嘩好きということで、なんでも「根に持つ」性格から喧嘩相手は増える一方です。
これは半島出自の人間の特徴ですが、どの国にもそれぞれ負のDNAがあるということでとくに半島を悪く言う意図はありません。
人を悪しざまに執拗に攻撃せずにいられないDNAといえば、故飯山一郎さんがそうでした。
そういう「根に持つ」人間によって日本がさらにひっかき回されることになるのかと思うと、、、時代劇専門チャンネルに避難するしかないではありませんか。
着物はいいですね。
吉野で思ったのは、リュックを背負った登山スタイルの人ばかりで華やぎや色気など望むべくもなく、さぞ桜も咲き甲斐がないだろうなということでした。


c0243877_1014717.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-04-09 10:03 | Comments(0)