ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2018年 10月 12日 ( 1 )

デマを創る人、拡散する人、信じる人。

官僚OBが名前をだして、公文書改ざんで国の「底が抜けてしまった感じ」だと言いました。
底が抜けるということは、無法、無秩序な社会になるということで、日本国民はまだその恐ろしさを知りません。
わたしは、政治がどんなに堕落、腐敗しようと、司法が健全に機能していればと、そこに一縷の望みを託していたのですが、それも見事に裏切られ、抜けた底を覗く勇気もない状態です。

菅野完さんのツイッターで見たのですが、

御成敗式目 第15条に、謀書(公文書改ざん)の罪科の事として
右、侍に於ては所領を没収せらるべし。もし所帯なき者は遠流に処せらるべきなり。凡下の輩は火印をその面に捺さるべきなり。執筆の者もまたともに同罪たり。


とあるそうです。
それほど公文書は国にとって大切なものだということです。
国が依って立つところの基本だからです。
いずれ司法は公文書改ざんに手を付けるのでしょうか。
そうしないと歴史に顔向けできないと思いますけど。
いまの一億二千万人の国民を騙し黙らせても、歴史は黙っていないでしょうから。
公文書改ざんと同様の問題にデマがあります。
沖縄の知事選では玉城さんへの酷いデマが飛び交ったのですが、翁長前知事のときも、すぐバレるようなデマがネットで流れました。
デマを許さないでほしい。
いまなら発信元を突き止めることができるのでぜひ告訴してほしい。
わたしはデマを発信する行為は、それこそ顔に焼印を捺されてもいいくらいの重罪だと思っています。
いまは名誉棄損で告訴できますが、過去の歴史上のことではデマの作り放題です。


c0243877_9545271.jpg


その典型例が明治天皇すり替え説なるものです。
さらに、昭和天皇ほど陰謀やデマに晒された人物もいません。
過日は、山岸飛鳥さんが、天皇は保身のために沖縄を売ったと根拠にもならない文書を出していましたが、こころの中のことは、本人が自分は保身のためにやったと言わないかぎり証明されることにはなりません。
きのう書いた、天皇が言った「自分の身はどうなっても」というのはその場にいた書記官長が記録したものです。
天皇はこころにもないことを言っていると思うのは、そういうレベルの人間が思うことなので勝手ですが、外に向かって言ったり書いたりするのは別です。
外に出れば言葉は必ず一人歩きをするからです。

一次資料を無視して主観だけで書くのは公文書改ざんと同じ行為ではありませんか。
おそらくそういう資料など見たくないのでしょう。
なぜなら、デマを信じる人にとっては天皇は私利私欲の人間でなければならないからです。
天皇がスイスの銀行に莫大な蓄財をしているというのは、戦前ならあり得ない話ではないかもしれません。
敗色濃くなった時期に軍部か軍部に群がる有象無象が天皇名義で海外に資産を移すということはあり得る話だと思いますがこれだって憶測の域を出ません。
もしそうだとしてそのお金を皇族が使ったという証拠はあるのでしょうか。
天皇財閥って何のことですか。
ドゥテルテ大統領は皇居を訪れ、一瞬で日本の国体、日本の文化の神髄を理解しました。
肝心の日本人でそれを理解できない人がたくさんいるというのに。


c0243877_103459.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-10-12 10:05 | Comments(10)