ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2018年 07月 01日 ( 1 )

過労死、餓死、戦死が現実味を帯びてきた。

きょうの新聞一面を見て驚きました。
中國の離島侵攻に備えて「沖縄に陸自補給拠点」という記事です。
弾薬や燃料などの物資の集積所だということですが、万が一にも戦争になったら、真っ先にやられるところです。
また沖縄を戦場にしようとするのか!
先日の慰霊式典での14歳の少女の魂の訴えなど馬耳東風だったのです。
何かと逆らう沖縄に「仕返し」がしたいのかもしれません。
そういう人間です。

最近の日本の防衛が米軍撤退後に対応しようとしているのを感じます。
総理の取り巻きなどが対馬海峡が38度線になるとはしゃいでいます。
わたしは以前から辺野古は米軍基地建設に名を借りた自衛隊基地だと思っていました。
どうしても日本がほしかったところなのだと思っていました。
北がダメになったらさっそく中国が仮想敵国になりました。
どこまでも戦争がしたいのです。
最高指揮官になる妄想に憑りつかれているのです。
総理をバカだとか、アホボンとか言うのは間違っています。
古賀茂明さんが言っているように総理は「ものすごく怖い人」なのです。
残虐で執念深い人間なのです。
バカだと思っていたらトンデモナイ間違いを冒すことになります。


c0243877_10465242.jpg


総理や閣僚たちはサッカーを熱心に観戦していたようです。
総理はインスタグラムなどで「おめでとう、次も、頑張れ、ニッポン!と書きこんでいたようですが、わたしは総理が「日本」と言うたびに激しい違和感に苛まれます。
サッカーファンには申し訳ないのですが、わたしはここにきて日本は負けた方がイイと思うようになりました。
勝ち進めば、「強い日本」をアピールして国民を好戦的気分にさせることができるからです。
戦争をするためには日本は強いのだと思させることが必要だからです。
あの試合を子どもに見せたくなかったと言っている人がたくさんいました。
わたしもそう思います。
しかし、イチバン子どもに見せたくないのが総理の国会答弁です。
「R-18」に指定してほしいくらいです。
過労死に続き、餓死、戦死が現実味を帯びてきました。
飢餓がどれほど辛いものかは簡単に体験できます。
総理は性欲の方はどうかは分かりませんが、食欲だけは旺盛なようですから、3日ほど絶食を体験してみてほしい。
ネトウヨたちも、この炎天下、飲まず食わずで20キロほど歩いてみたらどうですか。
戦争が好きならそれくらいはできなきゃあ。


c0243877_1047656.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-07-01 10:51 | Comments(0)