ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2018年 04月 01日 ( 1 )

「ほっしゃん」こと星田英利さんの生き方。

河野外相が、北が核実験に向けた動きをしていると言っています。
真偽は分かりませんが、そんな動きがあれば、アメリカや中国が言っているはずです。
また、河野さんは、この北を中心とする怒涛のような変化に対して日本は何もしなくていいのかという人がいるが、何もしなくていいのだと言っています。
焦ったら足元を見られるからだと言っていますが、わたしには、今まで何もしてこなかったことの言い訳にしか聞こえません。
アメリカに追従することが外交だと思ってきた日本に、急に独自の外交が出来るはずがないのです。
それこそ、総理の意図するところとは違いますが、戦後レジームからの脱却が達成されない限り独自外交はできません。
それに、河野外相の顔から平和、友好、融和をイメージするのは困難なのですが、だから総理はあえて外相に任命したのかもしれません。


c0243877_10103154.jpg


「ほっしゃん」こと星田英利さんのツイートが政治色が強くて業界やファンがウンザリしているという記事がありました。
政治色ってどんな色ですか。
イロモノ扱いにしようという印象操作ですか。
いのちそのもの、生活そのものの政治を別枠でしか考えられない人間。
政治はダサいと嘯いているのがカッコいいと勘違いしている人間。
真正面からは言えなくて斜に構えてボソボソ言っている松本人志のような人間。
口にチャックで、わたしは政治のことは喋りませんとアピールしている芸能人や芸人。
かれらは、自分でそれがどれだけ醜い態度かが分かっていません。
いまでも東大生には安倍支持者が多いのでしょうか。
お前らとは違うんだというところを見せたい高学歴を鼻にかけている人間のいやらしさです。

星田さんはこう言っています。
「大人たちがみんな常にモノ言える人でいないと、今の子どもたちの将来にモノ言える世の中をプレゼントできへんと思うよ。」
野村沙知代さんの「なんとかなるわよ」は有名になりましたが、そう思える人は稀少でしょう。
その稀少のなかに星田さんがいたのだと思います。
芸能界やテレビから干されようと「なんとかなる」という生き方をしている人間の強さです。
干されるのが怖くて黙っていられるような人ではないのです。
親や学校や社会から人と違うことはいけないと教えられてきた人間から、星田さんのような人はでてきません。


c0243877_10125770.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-04-01 10:17 | Comments(5)