人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2017年 12月 26日 ( 1 )

ハダカの王様の世界漫遊。

籠池さん夫婦はお正月を自宅で迎えることはできないのでしょうか。
きょうの照さんの「本日の世見」の中で、警察の手に落ちたという表現があってゾッとしました。
警察の手に落ちるということは、獲物が罠にかかって絶体絶命の状態にあることを想像させるからです。
おそらく、裁判は開かれず(国会でのように堂々と喋られたら困るから)籠池さん夫婦から、外へ出ても総理に不利になることは決して喋りませんという一札をとらない限り釈放されることはないのでしょう。
野党は何をしているのかと思います。
枝野さんの演説を、まるで救いを求めるような真剣なまなざしで聞いていた人々の顔を忘れてしまったのでしょうか。
森友問題では自宅にまで上がって話を聞き、国会招致を求めておいて、これほどの人権侵害を知りながらなぜアクションを起こさないのかと憤然たる思いです。
憲法を守るとは口先だけですか。
亀井静香さんが言うように、国会の審議を止めるくらいのことはしてくださいよ。
それも民主主義です、というよりそれが民主主義ではありませんか。
数の論理で何でも事が運ぶような政治は民主主義ではありません。
ほんとうにガッカリです。
立憲主義を掲げておきながら、官邸の法律無視、法律破りは見て見ぬふりですか。


c0243877_1262248.jpg


総理は来月中ごろバルト3国にルーマニア、ブルガリア、セルビアを歴訪します。
外交の安倍をアピールするためだけに用もないのに出かけるのです。
どこか行ける国はないのかという総理の我儘を外務省あたりがいろいろな国に打診して、なんとか受け入れてくれたのが上記の国々だったということでしょう。
しかも無理に拵えた用というのが、北への圧力への協力をお願いすることだというのですから呆れます。
相手の国も、口には出さなくても、それなら北へ直接いけばいいのにと思っているのではないでしょうか。
外交辞令で分かりましたと言うでしょうが、それが国内向けになると圧力をかけることで「完全に一致した」となるのです。

また、妻を同道させるのでしょうか。
夫婦して国民の税金で遊んでいるのです。
ちなみに、「夫人」というのは高貴な身分の女性でその地位に相応しい教養や常識を備えている女性への敬称ですから、わたしが昭恵さんやデビさんに「夫人」をつけて呼ぶことはありません。


c0243877_1263812.jpg










×
by michi-no-yuri | 2017-12-26 12:07 | Comments(0)