ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2017年 04月 22日 ( 1 )

総理が稲田朋美を防衛大臣に抜擢したことで自民党のタガが外れた。

政府が北朝鮮ミサイルの着弾への対応を発表したのですが、地面に伏せて頭を守れだって、、w 笑ってしまいます。
フクイチもアンコンできたのですから、それに比べたら北をアンコンするのは容易ではないかと思うのですが、、
北朝鮮は緊迫しているが、99.9%戦争にはならないという確信で自国民を韓国から呼び戻すことはしないとしたカンボジアを、韓国政府は「日本とは対照的だ」と評価しました。
韓国のネットユーザーからは「安倍と違って賢いね」とか「日本よりカンボジアが上」といったコメントが多く寄せられたとのこと。
みんな、安倍総理が戦争に前のめりになって煽っているのを知っているのです。
総理は、もう本心を隠す必要もないと思うのか、危機だと煽る一方で、花見を楽しんだり、ロシアへの訪問は予定通りだそうです。
嘘に整合性を持たせるには相当なIQが要求されるようです。

王毅外相が、外交的手段による解決が第一の選択肢であるのはすべての国の共通認識である。
戦争はいつでも起こり得るが、結果は全員が敗けるという状況で誰も勝者はいない、と言っています。
わが総理は最初から、すべての国の共通認識を放棄し、だれも勝者はいないという高等な認識、想像力を持ち合わせていません。


c0243877_11133715.jpg


李国強、王毅といった政治家は優秀ですね。
日本人でありながら、中国の政治家を尊敬し信頼する自分が悲しく寂しくなります。
ネットゲリラさんが言っていました。
中國には世襲もいるが、庶民のなかから頭脳だけでのし上がる道があるので、超優秀な人間が国家の運営に当たっていると。
十何億人という中から選ばれたというかのし上がってきた人間なのです。
もう、日本のことは言いたくありません。

中川俊直さんのことで、自民党執行部は、若手の議員の気の緩み、たるみを言っていますが、それを言うなら自分たちであり総理でしょう。
自分たちの役目には総理への苦言、助言は入っていないのですか。
いちばんの不届き者は総理ではありませんか。
わたしは、ゆるみ、たるみの最大の原因は、総理が稲田朋美さんを寵愛して防衛大臣に抜擢したことにあると思っています。
それで、自民党の箍(たが)だけではなく国家の道義的箍が外れました。
総理は国家の道義的な箍を外す一方で、国民への締め付けを強めています。


c0243877_1114048.jpg











×
[PR]
by michi-no-yuri | 2017-04-22 11:10 | Comments(0)