人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2016年 04月 11日 ( 1 )

世界一貧しい大統領から教えられたこと。

きのう、宮根さん司会の「Mr・サンデー」でムヒカ元大統領を見たのですが、なんで接待役が宮根さん?と思いました。
想像ですが、ほとんどの人がムヒカさんの仁徳におそれをなして逃げた結果、軽薄を絵にかいたような宮根さんにお鉢がまわってきたということではないかと思いました。
元大統領夫妻は共に、普段着のようなジャケットを羽織っただけのラフないでたちでした。
案内したのが串カツ屋でしたが、こういうのもまたパターン化した田舎者思考なのです。
話を聞くのに最悪の場所でした。
人は見かけで判断するという見本みたいに、店の主人はムヒカさんを見送るとき片手をポケットに突っ込んだままでした。

そこでの話で、ムヒカさんは、周りの人も幸せでないと自分の幸せもないのだと言われました。
講演では、自分の家族を幸せにするために一生懸命働くのはどうなのかという質問に、家族のために働くのは立派なことです、その上で、周りの幸せのために働けばさらにあなたは幸せになれるのですと言われました。


c0243877_11161246.jpg


人間の二極化が進んでいるそうです。
簡単に言えば、善人と悪人に分かれるということですが、しかし、善人の判別ほど難しいものもありません。
自分は一度も悪いことをしたことはないと思っている人間がが善人ではないからです。
それについて、わたしがムヒカさんのはなしを聞いて思ったのが、周りの人が幸せでないと自分も幸せでないと思う人と、自分さえ幸せならいいと思っている人間の二極化ではないかということでした。
利他心と利己心で分かれるようです。

おおさか維新の議員が国会で言った暴言を聞いて思ったのが、子どもの喧嘩ではよく、アホ!と言われたら「アホ言うもんがアホや」と言い返すのですが、これは実に真理をついているなということでした。
自分が人に対して言ったこと、したことは必ず自分に返ってくるという因果応報の法則を子どもがちいさいときから言って聞かせる必要があるのではないでしょうか。
内省心と注意力があれば、必ずや人生がそうなっていることに気付くはずです。
それに、嘘をつくと閻魔さまに舌を抜かれるということも言い聞かせる必要がありそうですw

ムヒカ夫人の笑顔がとても魅力的でした。
人の幸せのために戦ったことへの神様からのご褒美の笑顔だったのかもしれません。


c0243877_11164966.jpg










×
by michi-no-yuri | 2016-04-11 11:18 | Comments(6)