人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2015年 10月 10日 ( 1 )

「平成維新」の歌がほしい。

TPPは完全合意にいたっていないというのに、きのう、マスコミはいっせいに農産物の関税についてTPP後はどうなるかの説明をしていました。

総理はこう言いました。

「守る農業から攻めの農業に転換し、若い人が夢をもてるよう万全の対策を講じていく。」

攻めの農業といえば聞こえがいいのですが、なんのことはない、もう農業は「守らない」と言っているのです。

攻めの農業ができる農家など0.1%もないのではないでしょうか。

総理はもう「守らない」と言ったのです。

競争に付いて来られる者だけが生き残れると言ったのです。

総理が何をしようとしているかがよく見えてきました。

非正規を増やすこと、そして、生き残れない農家を増やすこと。

もうこれ以上は生活できないという人間を大量に生み出し、そういう人間を権力で自由に使役することです。

徴兵制を敷くまでもありません。


c0243877_10484515.jpg


「反戦な家づくり」ブログに 「日本人は計画的に政治的無関心に育成されてきた。」と言われているように、日本人は本来「お上」に従順な国民ではなかったはずです。

明治からの歴史をみても政治運動が盛んだったことが分かります。

しかし、軍国化が進み、治安維持法が施行されるにおよび、国民は声を失っていきました。

戦争反対などとても言えなくなっていったのです。

まさに、いまがその最終局面です。

いま「反戦」を言えば中核派? 平和憲法を守れと言えば左翼と言われるようになっていることに愕然とします。

わたしは、こういう精神的土壌が枯れることなく水脈を保っていたことに恐怖せずにはいられません。

いまがギリギリのところでしょうか。

日本人は70年の間に、政治に無関心になるように洗脳されてきました。

60年安保を境に、、

洗脳する側は、日本人を研究し尽くしています。

人間を改造して別の人間にすることなど朝飯前でしょう。

(いろいろ思い当たる事象がありますが、陰謀論と受けとられかねませんので書きません。)

もう、日本人は先祖、先達の声を思い出すことができなくなっているのでしょうか。


c0243877_10575864.jpg


歌がほしい。

こころを一つにして、恐れを吹き飛ばすような歌がほしい。

わたしは事情があってw軍歌をたくさん知っています。

明治政府の富国強兵政策に合わせて勇ましくも悲愴感溢れる歌が多く作られました。

「抜刀隊」の曲など聞かされたら、戦争に行きたくなるのもムリはないと思ってしまいます。

そういう軍歌に乗せられて日本人は戦争へと邁進していったのです。

幸いにして、いまそういう歌はありません。

洗脳する側がそういう歌を恐れたからです。

しかし、戦意を高揚するためにいつまたそういう歌がつくられないとも限りません。

その前に、国民の側から先手をうって「平成維新の歌」を作ってほしいと思うのです。

権門上に奢れども国を憂うる誠なし

財閥富を誇れども社稷を思う心なし。


いま、昭和維新のときとは比べものにならないくらいの腐敗や荒廃が社会を覆い尽くしています。


c0243877_10515067.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-10-10 10:58 | Comments(5)