人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2015年 03月 26日 ( 1 )

総理は進退窮まっているらしい。

青山繁晴さんによると、総理は訪米を前に深刻な苦悩に陥っているそうです。

米上下両院での演説内容についてとくにアメリカ民主党から激烈な攻勢がかかっているからなのだそうです。

従軍慰安婦や南京大虐殺について、さらに、あの戦争に「侵略」の文言を入れろと。

それが演説をさせる条件だと言わんばかりらしい。

アメリカはこの機会に、安倍総理の、かれらの言うところの歴史修正主義を徹底的に叩いて潰してやろうと手ぐすねひいて待っているのでしょう。


いままで言ってきたことですが、日本の過去にもっとも厳しいのはアメリカです。

靖国参拝をもっとも不快に思うのも、中国よりアメリカです。

中国とは価値観が違うと総理は言いますが、その価値観の異なる中国とは話し合いが可能でも「価値観を共有している」はずのアメリカとは対等に話ができないはなぜなのですか。

植民地だからです。


c0243877_11272126.jpg


従軍慰安婦や南京大虐殺を認めて謝罪すれば、自分の支持者を失望させることを恐れる総理は進退窮まっているのです。

アメリカは世界の苛めっ子なのに、総理はその怖さを知らなかったのでしょうか。

自分の置かれている立場やしてきたことが分かっていれば、一人前の国の総理として扱われないことぐらい分かりそうなものではありませんか。


アメリカは酷い国です。

その「悪」の大きさの前では沈黙するしかありませんが、しかし、日本の過去に厳しいアメリカも、近い未来、日本に突き付けたように、自分の過去と向き合わなければならないときがくるのです。必ず。


c0243877_11454018.jpg


長谷川三千子さんが「侵略」という言葉は、戦争の勝者が敗者に対して、自らの要求を正当化するために負わせる罪のレッテル」だと言っておられるのはその通りでしょう。

しかし、それが歴史というものではありませんか。

もし、「侵略」のレッテルを剥がしたいのであれば、戦って勝者になるしかありません。

もしかして、長谷川さんはそれを望んで総理を支持しておられるのですか。

では、日本が中国の奥深くまで攻め入って残虐行為を働いたあの戦争は何と呼べばいいのですか。

侵略でなければ何と言えばいいのか教えてください。


c0243877_11283840.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-03-26 11:30 | Comments(0)