人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2015年 01月 22日 ( 1 )

身代金は払うもの。

映像が合成だろうがそんなこと問題でしょうか。

二人の日本人が拘束され身代金を要求されているという事実がすべてではありませんか。

自民党の高村副総裁は身代金は払わないと言ったそうですが、わたしは払うべきだと思っています。

身代金は払うという暗黙のルールで人間社会が成立しているからです。

もし、払わないということになれば、すべては自己責任ということになってぞっとするほど冷たいギスギスした社会になりませんか。

山や海での遭難がたとえ無謀な結果だとしても自己責任だとして放置できますか。

それができないのが人間ではありませんか。

やっぱり、助けようというのが普遍的な心情であり、その心情を失えば人間社会は崩壊します。


c0243877_10383912.jpg


高村さんの発言から、かって自衛隊のイラク派遣で石原慎太郎が言ったことを思い出しました。

自衛隊に犠牲者が出たら国民が怒って憲法改正までいけると。

高村さんにもそういう思惑があったのでしょうか。

人質が殺されたら世論が沸騰して改憲にもっていけるとでも思ったのでしょうか。

沸騰するのは一部のネトウヨだけだと思いますが、しかしそれだって軽視はできません。

なにせかれらの親分が同じ体質なのですから。

きょうの新聞の、「イスラム国とのパイプなし」の見出しに不謹慎ですが笑ってしまいました。

ネタニヤフに頼めばいいではないですか。

今回の総理の中東訪問には軍事関連会社の人間が多数同行していて、イスラエルとの軍事技術との連携が固まったということです。

凄いですね。

日本から8500キロも離れた、日本とは何の因縁もない国と準軍事同盟が早くから築かれていたようです。

一方で、「伊藤忠」がタイの財閥系企業と共同で中国の政府系企業に1兆円強の出資をしたというニュースがありました。

習主席の強い要請だったそうです。

日本の大企業が撤退していくことに、習主席と伊藤忠の丹羽宇一郎さんの危機感が一致したということでしょうか。

どちらが平和に寄与しているかは言うまでもないことです。


c0243877_1039159.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-01-22 10:41 | Comments(2)