人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

2013年 12月 27日 ( 1 )

総理の靖国参拝から見えるもの

次々と国民に厳しい施策を打ち出してその有言実行ぶりを誇っている総理が、一つだけできないのが靖国参拝だと思っていたちょうどそのときに、総理参拝の一報に接しました。

アメリカは「失望した」と不快感を示しましたが、このアメリカの反応は誤算だったいう論評が正しいのなら、総理初めブレーンやスタッフにアメリカの真意を読める人物がいなかったということになります。

それとも、後で説明すればいいと簡単に考えていたのでしょうか。

それとも、反対を承知で押し切ったということでしょうか。

世界の反応を見ると、従来の靖国参拝に反対しているのは中、韓だけという主張は通用しなくなりました。

台湾でさえ懸念を表明しています。

総理の参拝があまりにも露骨な政治利用だということが世界に見透かされているということです。

日本はまた孤立の道をいくのでしょうか。

もしかしたら、日本は陥穽に嵌ったのでしょうか。

きょう、仲井真知事は辺野古埋め立て承認の会見を行います。

アメリカはほんとうに辺野古を必要としているのでしょうか?

政府はアメリカの真意を読み違えていないでしょうね。


c0243877_11182047.jpg










×
by michi-no-yuri | 2013-12-27 11:21 | Comments(5)