人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

総理が政見放送で「期日前投票に行こう」と呼びかけました!!

総理と三原じゅん子さんの政見放送などだれもまともに聞かなかったでしょうしわたしもそうでした。
ところがきのう、また山本太郎さんの話が聞けるかもと政見放送にチャンネルを換えたら、ちょうど前記二人の政見放送が終わるところでしたが、わたしは最後に総理が言ったことに吃驚しました。
なんと、総理は期日前投票に行くように呼び掛けたのです。
いままで自民党が国民に投票に行くように呼び掛けたことがあったでしょうか。
森喜朗元総理が、有権者は投票には行かずに家で寝ていてくれたらありがたいと言って物議をかもしましたが、これが為政者の本音です。
自民党にとって投票率が上がれば自党に不利になることは分かっています。
だから、総理が投票を呼び掛けることなどあり得ないのです。
しかし問題は、総理が「期日前投票」と言ったことです。
おりしも仙波敏郎さんが、阿久根市では期日前投票の票が操作されていたことを暴露している動画が出回っています。

先の衆議院選挙では期日前投票が37.54%もあったそうです。
今回も、公報が出て3日後の7日には141万以上の人がすでに期日前投票をしています。
投票日の21日までにはどれくらいになるのか想像もつきません。
そういえば、ず~っと投票に行こうではなく期日前投票を奨励するような宣伝がなされてきていたように思います。
国民は何の疑問ももたず、期日前投票に行くのが流行のように、投票日に用があるわけでもない人たちまでが期日前投票にいくという現象が見られました。
こうしていつも国民は簡単に騙されてしまうのです。


c0243877_920277.jpg


一年くらい前までは、維新なんて大阪でも相手にされていないと言われていたのが、いまでは圧倒的支持を受けていることになっています。
橋下維新が発足した当時は強烈なアンチがたくさん存在していましたが、かれらはどこに行ってしまったのでしょう。
わたしはいまも維新が勝ったことが信じられないのです。
先日わたしは、都構想とは大阪をカジノ特区にすることかと書きましたが、万博や世界遺産など、大阪にアメを与えて甘やかしている人間の存在を感じます。
その仲立ちをしているのが竹中平蔵でしょう。
ラスベガスのカジノ、リゾート会社(ユダヤ資本?)が大阪一本に絞ったと言いましたが、最初から大阪ありきだったのではないでしょうか。
3.11直後に、宮城県の村井知事は竹中平蔵にお尻を叩かれて漁業特区を作ろうとしましたが、地元の漁業関係者の激しい抵抗にあいました。
大阪では都構想といわれても府民にはイメージも湧きません。
推進する側がほんとうのことが言えないからだと思います。
真実は隠されているのです。

いつか期日前投票の不正が暴かれることがあれば、それは歴史に残る犯罪になります。
万死でも足りない罪です。


c0243877_923731.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-07-13 09:29 | Comments(0)
<< 総理、なぜ期日前投票なのですか。 「父殺し」ができない人たち。 >>