人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

これからいろいろなことが明るみに出てくる。

山本太郎さんの政見放送に、感動した、泣いた、素晴らしいという称賛の声がたくさん上がっているという。
わたしも3回視聴しましたが、圧巻の、そして怒涛の17分でした。
ネットとは無縁の人々に漸く太郎さんの声が届いたのです。
それでもテレビは見るけど政見放送は見ないという国民が圧倒的多数なのが現実です。

三原じゅん子さんには次は大臣という声も出ているそうですが随分大物になったものです。
15年くらい前(テキトーです)深夜のバラエティ番組に出ていた三原さんが何かを食べる場面で、これは必需品でいつも携帯していると言ってトウガラシの入った小瓶を見せていたことがありました。
そういう日本人が皆無とは言えないかもしれませんが、そのときわたしは三原さんは半島出自の人なんだなと思いました。
断るまでもなくそのことは問題ではありません。
その後、政界に進出して見事当選を果たしたわけですが、わたしは過去の名声はともかく、当時は深夜番組にちょこっと出ているだけのタレントの三原さんを担ぎ出して当選させてしまう組織の存在を想像せずにいられませんでした。
ネットゲリラさんが自民党議員のほとんどは帰化人だと言いましたが、さすがそれはないだろうと思うものの当たらずと言えども遠からずかもしれません。
わたしがよく書くように、ぼ~っと生きている日本人と目的をもって動いている人間の差がいまの安倍一強を作り上げたのは間違いないのです。
先日、慰安婦像にツバを吐きかけた日本人というショッキングなニュースがあり、わたしはそんなことができる(悪い意味で根性のある)日本人がいるだろうかと思っていたら、案の定韓国人の4人組でした。
酔った勢いでということですが、お酒を飲んでいたのは事実だとしても、酔った勢いでというのは嘘だと思いました。
日本と韓国、北朝鮮との仲を引き裂くことを任務としている工作員は厳然と存在します。
ヘイトスピーチもそうだろうとわたしは思っています。


c0243877_920136.jpg


先日、パソコンを換えたときに忘れてそのままになっていた新井信介さんのブログで7月のメッセージの動画を見ました。
そのなかで新井さんは、G20は日本と北の間を引き裂くために画策し暗躍しているグループを抑える(潰す)のが目的だったと言っています。
総理を助けるかのようにタイミングで打ち上げられていたミサイルが今年に入ってぴたっと止まりました。
わたしはそのとき、画策に従事している人間の間で内輪もめが起きたのか、それとも方向転換が起きたのかと思ったのですが、どうやら、そのころからトランプ大統領の頭の中では金委員長との板門店での歴史的会談が考えられていたのかもしれません。
紆余曲折を経ながらそれは秘密裏に着々と進行していたのでしょう。
知らぬは総理一人だったということです。
ミサイルが止まったのはその合図だったのでしょうか。
その前にトランプ大統領は日本にイージスアショアやF35を売りつけるという早業をやってのけました。
両国を引き裂く画策をしていたグループに乗せられていたのが総理です。(その元締めはCIA?〉
総理がなかなか北へ行こうとしないのはそういう事情が絡んでいるからかもしれません。
わたしは、わが総理を軽蔑し嫌悪しているであろうトランプ大統領を評価します。
いまの日本人は情けない国民ですが、総理は日本人を代表する人間ではありませんからどうか混同して日本国民まで軽蔑しないでほしい。
日本人の中には、太郎さんが見つけ出してきたような素晴らしい日本人がまだたくさん埋もれているのですから。
表には売国奴とバカしかいませんから。

(なお、新井さんのメッセージのなかで天皇について語られている部分には賛同できません)


c0243877_9222769.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-07-10 09:27 | Comments(0)
<< 山本太郎さんの直訴事件から思うこと。 山本太郎は日本の最後の希望。 >>