人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

いま動かずにいつ動くのか。

雨は止まず、気象庁は会見を開いては「自分のいのちは自分で守ってください」というのですが、これを聞くたびにドキドキするのはそういう効果を狙っているからでしょうか。
しかし、このときいつも思うのは、障害を持つ人、寝たきりの人たちはどういう思いでこの警告を聞いているのだろうということです。
気象庁(国)も守りたくても守れない人がたくさんいることを知らないはずはないでしょうに。
それとも、避難警告を発しても実際に避難する人は0.5%だという現実に対するいら立ちなのでしょうか。
わたしは町内会が機能していないこと、隣近所で声を掛け合うという習慣が失われていることが被害を大きくしているように思えてなりません。
ハザードマップだけあってもダメなのです。

きのう「れいわ新選組」の候補者が出揃いました。
太郎さんは木村英子さんに続き、ALSの舩後靖彦さんを擁立しました。
考えもしなかった、盲点を突かれたと思ったのは、要するにそういう人たちの存在が視野に無かったということになるのでしょうか。
太郎さんが政策でそういう人たちを優先的に守るだろうとは思っていましたが、まさか、当の本人が当事者として選ばれるとまでは想像できませんでした。


c0243877_9511521.jpg


人間を生産性で計るという思想の先にあるのはいのちの選別だと太郎さんは言いましたが、目に浮かぶのは、アウシュビッツの門の前でまだ役に立ちそうな人間とそうでない人間(ガス室送りの)が選別されている光景の映像です。
まさか日本でと思うでしょうが、こういう世界はあっという間に来るものなのです。
モラルハザードも極まった日本では何が起きてもおかしくありませんし、自民党も杉田水脈さんの発言を否定していません。
動けない候補者に代わって動ける人、それも影響力のある人が名乗り出て応援してほしいと思います。
太郎さんの最初の出馬のときは沢田研二さんが応援のスピーチをしました。
何十万、何百万というフォロワーを持つ人の影響力は計り知れません。
歌詞に政治(政権)批判を盛り込んで話題になった桑田佳祐さんや長渕剛さんはもうその思いは薄まってしまったのでしょうか。
バッシングや忠告を装った圧力に屈したのでしょうか。
どうか力を貸してほしい。
太郎さんのためではありません。
すごいスピードで壊れていく日本にブレーキをかけるためです。
あなたたちにはそれができるのです。
わたしなんかがいくら訴えても耳をかしてくれるのはせいぜい数十人です。
あなたたちがツイッターで一言「れいわ」と言うだけでどれだけの票につながることでしょう。
とくに、なんとなく安倍信者になっている若い人に向かって、安倍政権を支持することは亡国への道だと言ってください。


c0243877_9531266.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-07-04 10:03 | Comments(1)
Commented by FIRE-FOX_2 at 2019-07-07 18:58
安倍首相にも子供は居ませんね!「生産性が無い」方に分類されますね!

小さな「明らかなおかしな事」でも揮発しない様に、コメントさせて頂きました。

長渕 剛 氏は、麻薬で捕まった後から、人が変わりました。とても良い人になりました。
「圧力に屈する」のは、仕方が無い部分は必ず有るはずです。当事者にしか分からない闇、痛手を味わわされている可能性は有ると思います。
それでも頑張って欲しいのは勿論の事にはなりますが、理解も必要だとは思います。
(偉そうにすみません。)

ただそれでも出来る事は。
期待する側の方が「忘れない」事になります。
それは故人に対する話にもなります。

もし活躍中(存命中)なら、きっとこうだったはず。そう想像力を働かせる事、時折でも必ず思い出しているという事は出来るのです。
これは、「人が(悪く)変わってしまった場合」にも当てはまります。「かつてのお前なら、こうだったんじゃないのか!」と。

高度なネット。しかし「言論封鎖」の危機にさらされつつも有ります。
でも「全く通信を使わなくても」出来るコミュニケーションなのです。
実際に(長時間かけて遠方から来たりして)会った時や手紙のやり取りでしか「接する事」が出来なかった、昔のコミュニケーションとも言えるはずです。
「心の中にはいつも(いつ迄も)生きている」、その事こそが大事だとは言えるはずなのです。

突然消されてしまっている、心の拠にさせて貰っていたブログやHPについても、同じ事が言えます。

ただオンライン(又はリアルタイム)で繋がれていれば良い、というのでもないはずなのです。
片っ端から忘れているぐらいなら、そうして大事に心に留める(心の中に生かさせている)事の方が、良いとも言えるはずです。

甘えたり依存したり、戯れたりしているだけではいけないという事には、なるのかもしれません。
勿論、可能なら元気で復帰して貰えれば一番にはなりますが、その時、悪い方へ人が変わっていなければ良い所にはなりは致します。
(そうなれば、逆に愕然とさせられますから。「知らない方が良い」事というのもこの世には有る事と、通じる話にもなりは致しますが。)
<< 子どものことを本気で考えている... 松本人志さんの嫌らしさ。 >>