人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

拉致と慰安婦の問題に共通するもの。

トランプ大統領が本気で総理に仲介を頼んだとは到底思えません。
迎賓館での記者会見に現れたトランプ大統領は総理と握手をしたとき、邪険に払うようにして手を離し不機嫌な顔をしていました。
レッドカーペットの件といい、支持者が自慢する信頼関係や蜜月の関係などとは程遠い対応ではありませんか。
総理には相当な葛藤があったと思います。
イランに行くことで外交の安倍をアピールできて参院選を有利に戦えるという打算と、成果が見込めないどころかこれが引き金になってとんでもないことになるのではないかという不安の間で激しく揺れ動いていたのではないでしょうか。
ハメネイ師に、トランプには何も答えないと言われたらもうお手上げです。
きのう、日本のタンカーが攻撃されましたが、日本の総理のイラン訪問はそのために企画されたということが考えられないでしょうか。
CIAの考えそうなことで、総理は嵌められたのかも。
物欲しげにのこのこ出かけて行った総理が、もしかしたら戦端を開くきっかけを作ったというようなことにならないことを祈ります。

訪韓した鳩山由紀夫さんが、日韓合意のあと、日本の政治家などが「この問題を二度と蒸し返すな」と言ったことですべてが壊れたと言いました。
あの合意はほんとうに胡散臭い。
あれほど日本に対して頑なな態度をとっていたパク.クネさンがなぜあのような屈辱的な合意文書にサインをしたのでしょう。
わたしは、あの合意には金美齢さんはじめ強固な嫌韓派のトリマキが関わっていたような気がしてなりません。


c0243877_1012641.jpg


鳩山さんの言動に反論はないものの、永遠?に謝罪すべきと言われると、それを言う前に考えなければならないことがあるのではないかと思うのです。
しかし、いつまで謝罪をせよと言うのかとか、韓国だってベトナムで何をしていたかとか言うのは筋の違うことで言うべきではありません。
なぜならそれは韓国自身の問題で韓国人が考えることです。
日本は日本のしたことだけに向き合うべきだからです。
きのう、慰安婦問題に疑問や違和感が付き纏うのはなぜだろうと考えていて、前日に読んだ山桜さまのブログにそのヒントがあることに気が付きました。
分かったのは、拉致と慰安婦が同じ構造だということです。
共通しているのは、自分たち以外のものが見えない、見ようとしない、ということです。
そこには「自分たち」だけしか存在しないということです。
他者への想像力など微塵もなく、あるのは被害者意識だけです。
戦争がもたらした悲劇(地獄)は膨大な数にのぼります。
慰安婦問題はその一つに過ぎません。
慰安婦をクローズアップすることで、膨大な数の悲しみ、苦しみが埋没、封印されるのはあまりにも不条理ではないでしょうか。
さらに共通しているのが、どちらも政治に利用されていることです。

叩けばホコリの出ない人間がいないように、国にも光と影があり、直視したくない歴史があります。
この共通認識があって初めて歴史問題が解決できるのだと思います。
不倶戴天の仲だったドイツとフランスが敵対関係から脱したのも、そういう大人としての共通認識に依るところが大きいのではないでしょうか。
いつまでも、自分が、自分がと言っていてどうなるというのですか。


c0243877_10122781.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-06-14 10:26 | Comments(3)
Commented by y-ohkubo at 2019-06-14 17:39
こんにちは

>分かったのは、拉致と慰安婦が同じ構造だということです。
>共通しているのは、自分たち以外のものが見えない、見ようとしない、ということです。
>そこには「自分たち」だけしか存在しないということです。
>他者への想像力など微塵もなく、あるのは被害者意識だけです。

僕もそう思います。そもそも、慰安婦問題、太平洋戦争当時、日本軍が管理していた慰安婦のほとんどは日本生まれの日本人女性だったはず。にも拘わらず、韓国人の元慰安婦は何人もいるのに、日本人の元慰安婦は一人もいない。おそらく、名乗り出ないだけだと思うけど、ならば、どうして、政府もマスメディアも調べないのか。普通に考えけば、賠償にしろ、謝罪にしろ、まずは自国の元慰安婦にするのが筋というもの。逆に自国の元慰安婦に何もしないのなら、韓国の元慰安婦にも何もしないでいいし、その旨、韓国政府に伝えるべきだろう。また、戦地で戦死した人が多い中、韓国人慰安婦が生き残ったということは、矢面に立って犠牲になった日本兵がいたからではないのか。そうことには、何の恩も感謝も感じていないのだろうか?俯瞰的に考えれば考えるほど、韓国の言い分はおかしいとしか思えないことばかり。そして、そういうことを言い続けている限り、決着することはないと思う。
Commented by 山桜 at 2019-06-14 20:53 x
慰安婦問題と拉致問題は同質と
言われるのはその通りです。
慰安婦には「挺対協」、拉致には「救う会」
という支援団体があり、がっちりと当事者たちを
取り込んでいます。
そして、本質そっちのけで「運動」をし、
故に、どちらも「解決」など望んでいないということも
同じでしょう。
運動から得られる利益は大きいのです。
私は、これを「産業化」と呼んでいます。

慰安婦問題で、日本人慰安婦を
マスコミが取り上げないのは話題性が無いからです。
それは秦郁彦氏、朴裕河(パク・ユハ)氏も
著書で書いている通りです。
そして、朴教授の言われるように
「被害者の度量を示し、和解を受け容れるべき」
という声が抹殺されると言うところも
拉致と同じなのです。
相手を憎む、憎悪を煽る道具として利用することを
国家の政策として取り込み、
都合の良い時にいつでも、何時までも持ちだす
ことができるということなのです。

慰安婦の中でも和解を望み、基金のお金を受け取り
日本側の謝罪を受け容れている人達も
大勢いることを日韓政府は殆ど語りません。
どちらの政府も憎悪に利用する為でしょう。
世代を超えて憎悪を引き継いでいるところも
そっくりです。

日韓の民間人の間では、
実際には嫌韓、反日は見られないものの、
両国政府ともに、マスコミを使って
嫌韓、反日が全国民の感情、運動のように
取り上げているところも同じです。
東アジアの安定のために、憎み合うことが良いのでしょうか?
アメリカの戦略に乗せられてはならないのです。

Commented by michi-no-yuri at 2019-06-15 12:44
y-ohkuboさま
コメントありがとうございます。
問題なのは、政治利用しているのが、日本政府、韓国政府だけではないということです。
半島と日本を対立状態にしておきたいもっと「上」の人間が望んでいるということです。
かれらが民族間の憎悪を作り出し煽っているのです。
(国連なんかもそうです)
当人たちは二重にも三重にも利用されていることなど知り由もないでしょう。
いま助けを求めている人々、助けなければならない人々がいるのに、いつも大きく取り上げられるのが拉致と慰安婦でいいのでしょうか。
ちょっと考えれば、その異常さが分かると思うのですが、だれも言いだす人がいません。
<< 拉致被害者家族の罪。 「血」そのものに高貴も下賤もない。 >>