人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

金美齢という女性。

戦争になるとは思わないというコメントをいただいたのですが、もちろん、戦争になるかどうかはだれにも分かりません。
しかし、何もかもが戦時体制に近づいていることは確かなのです。

「逝きし世の面影」ブログに、国技館で総理が自分のお友達に握手させようとトランプ大統領を誘導している写真がありましたが、いったい総理は何をしているのかという違和感はハンパではありませんでした。
総理はこういうお友達しか見ていないのです。
ブログでは、「アメリカ民主主義に反対する札付きの反米知識人?3人組」と書かれていましたが、そのうちの二人は反米はともかく中国憎しで凝り固まった女性です。
総理も当然その一人なのですが、国民はあれだけ日米同盟を強固にして蜜月関係を築いた総理が反米だとは思わないでしょうが、二人とは同類の「ホンネは反米」の人間です。
そのこころを隠してトランプ大統領のご機嫌を取り結びお金を貢ぐのは、中国との戦争が視野にあるからです。
それを吹き込んでいるのが金美齢という女性です。
この女性の影響力を侮ってはいけません。
あるときは乳母、あるときは秘書、あるときは親になって、総理につきっきりで教育している女性です。
総理はこどものときは母親ではなく乳母に育てられたようですが、その延長で乳母をやっているのがこの女性です。
総理はこの女性に一切逆らえません
台湾帰化人の一人の老女が日本の政治に深くかかわっているのです。
もしかしたら最高権力者と言ってもいいのかもしれません。
いつの時代にもこういう女性がいます。
どんな権力者もその女性には手も足も口も出せません。
中国や韓国や北朝鮮との関係がいつまでもぎくしゃくしているのは中国憎悪、朝鮮嫌悪のこの女性の存在が影響しているだろうことは想像に難くありません。
この女性の影響力を消滅させるためにも安倍政権打倒なのです。
戦争をけしかけるのがこういう女性で、男はそれに従っているということかもしれません。
歴史の陰に女性ありということです。


c0243877_10351388.jpg











×
by michi-no-yuri | 2019-05-30 10:39 | Comments(2)
Commented by y-ohkubo at 2019-05-31 10:27
こんにちは
僕は以前から、帰化人が簡単に国や地方の議員になったり、在日外国人がテレビ、それも、バラエティ番組なく、政治や社会問題を扱う討論番組に出演していることに、大変、違和感を持っている。別に彼らを差別するつもりもないが、育った環境や教育内容が違えば、当然、多くの日本国民の価値観やモノの考え方は異なるわけで、そういう人が、国民の代表になったり、日本の世論をせん動しうるマスメディアにいては、日本の防衛とか、社会治安を考えたとき、平時は良いとしても、michi-no-yuriさんが懸念しているような有事になった場合、手かせ足かせになったり、それで、日本の犠牲者や損害を増大させかねないような気がします。しかも、アホ首相の移民党は、さらに外国人労働者を受け入れようとしている。戦争をしたいかはともかく、アホ首相は日本を壊していることは、火を見るより明らか。背後に誰がいようと、トップは、もっと賢い政治家に換わってほしいと、僕も思います。
Commented by michi-no-yuri at 2019-05-31 22:43
y-ohkuboさま
コメントありがとうございます。
総理と金美齢さんの出会いは12年前の飛行機の中だったそうですが、わずか12年でかの女が日本の政治を裏から操るまでになったことに驚きます。
あれが中國女性の典型で、わたしは毛沢東夫人の江青や西太皇を想起しました。
江青は裁判で死刑判決(のち無期)を受けたときも堂々と反論していましたが、金さんはその上を行く女性かもしれません。
総理の対中、対韓政策はほとんどは金さんの考えだと思っていいのではないでしょうか。
今は止んでいますが、産経でひところ台湾関連の記事が続いていたことがあります。
蔡総統は日本との連携を深めたいと言っています。
在日台湾人、在日朝鮮人が自分たちの野心のために日本を利用し骨までしゃぶろうとしています。
情けないことに日本はされるがままです。
みんな利権やお金に転ぶのでしょうか。

わたしが移民に反対するのは、何かのきっかけで迫害やジェノサイドに発展することを怖れるからです。
もうそういう歴史は終わってほしい。
時間はかかるかもしれませんが、おっしゃるようにルーツ(出自)を明らかにすることが差別や偏見をなくす唯一の方法だと思っています。
日本にその責任があるとはいえ、父祖の地を偽るのは誇りある人間がすることではありません。
<< 菅官房長官の許しがたい発言。 いくら過剰な接待をしてもトラン... >>