人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

「人でなし」ばかりが目に付いて「人である」人が見えない。

街頭演説で山本太郎さんは涙さえ浮かべて必死に訴えていました。
いつも思うのですが、その横をまるで太郎さんの存在が目に入らないかのように下を向いて通り過ぎる人がいます。
そういうとき、わたしは、止まれ!足を止めて話を聞け!とこころで叫ぶのです。
人間なら、たとえ太郎さんが嫌いであっても足を止めるべきではありませんか。
かれらは太郎さんの方を向かないことで自己を主張しているのでしょうが、そんなに立派な確固とした考えがあるのなら、人の話に耳を傾けるくらいの余裕があってもいいではありませんか。
番組で太郎さんを揶揄し誹謗中傷していた千原せいじ、むかしの漫才師のような顔の岸博幸、東国原という面々など人の誠意や真剣さが分からない人でなしです。
揶揄するのは、やはり太郎さんの存在に危機感を持っているからです。
「自民党2019」のイラストですが、真ん中のカッコいい武士をクリックすると、「自由民主党総裁 安倍晋三」という字が出てくるそうです。
太郎さんの「新選組」を意識しているのです。
太郎さんの向こうを張るにしてはあまりにもレベルが違い過ぎて哀れを催します。

鈴木宗男さんが、丸山発言に怒りと悲しみを覚えるとコメントしていますが、わたしが怒りと悲しみを覚えるのはあなたが総理の誘惑に「転んだ」ことです。
転んだことで、それまでの政治的情熱や主張を自ら否定したことです。
丸山議員を批判って、体質や考えは安倍総理と同じなのに。
(大泉洋さんを総理に紹介したのは鈴木さんではないでしょうか)


c0243877_9544380.jpg


きょうの「酔生夢人のブログ」の「君子危うきに近寄らず」の諺ですが、わたしがいままで口を酸っぱくして言ってきたことですw
現代人はそれをすっかり忘れてしまいました。
だから、マスコミの幹部などは総理と会食しても何とも思わないのです。
思わないどころか、忖度し同調して国民を裏切り絶望させたのです。
総理の誘いに乗るなとは思いません。(マスコミ人は別)
会食するのも、桜を見るのもいいのです。
それがあることが前提ですが、魂を売ってはいけないということです。
前にも書いたかもしれませんが、いつか、奈良の超有名なお寺の管長が銀座のキャバクラの女性に入れ揚げたことがニュースになったことがあります。
そのとき思ったのが「君子危うきに近寄らず」でしたが、息子(長男)の考えは違いました。
偉いお坊さんなら、そういう場所に行ってもこころに迷いを生じさせてはいけないと言うのです。
これが、世間の人の人間観が決定的に分かれる視点です。
わたしは、ほんとうの人間の強さとは人間の弱さを知っている人間を指すのだと思っています。
だから、君子危うきに近寄らずなのです。
また、魅力的な女性を横に置いてこころに迷いが生じないような人間も人間としてどうなのかなとも思ったりしますw
わたしが言いたいのは、人を地位や肩書で簡単に偉いと思ってはいけないということです。
愚か者をその気にさせてはいけないのです。
そういうことだから、世間に神様とか教祖と言われる人がたくさん生まれるのです。


c0243877_955177.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-05-25 10:02 | Comments(10)
Commented by louisx2 at 2019-05-25 12:47 x
山本太郎さんについて最近のネットでは、
「親・安倍氏のワールドメイトから献金を貰っている。」
「役者だからセリフまわしも涙も自由自在。」
だから、要は安倍・自民の別動隊。ガス抜き役なのだという話があります。

私はたとえそれでもいいじゃないか?と思うのです。
ガス抜きであっても、嘘の涙であっても、それにより若い人たちが、
いかに日本に未来がないか。
いかに自分達が搾取され続ける理不尽を受けているか。
いかに自分達より上の世代にこれらを解決する力がないか。
を分かってもらう最後の機会になれば御の字だと思うのです。

団塊の世代も、私のような昭和40年世代も、団塊jrも何も出来なかった。
ならばせめて、若い人たちが戦争に送られないよう、フクイチ事故現場の始末に送られないように、それだけで次の選挙を向かえないとです。

しかし、「血統」って・・・そんなに大事なんですかね?
偉業を為した誰かわからない一代目の血を繋いで、同じような家系の血を混ぜることになんの意味があるのか?さっぱり分からないです。
血やDNAの共通性と、人間的信頼ってまるで別物ですからね。

丸山穂高氏も、議員辞職せず、可笑しな持論を展開していた時は、「まあ、病休に逃げないだけ甘利氏よりはマシな子か?」と思っていましたが、「キャバクラ」で2ヶ月お休みですか。
「恥」が分からないのは「日本人」ではないということでしょうか。
(私は韓国は好きな国なので、そういった差別の意味ではありません。)

Commented by y-ohkubo at 2019-05-25 21:30
こんばんは、michi-no-yuriさん。検索サイトからこのブログに辿り着き、4月、5月のブログをちょっと拝読しました。「同感」と思うことが多々あり、ある種、爽快さを覚えました。

>わたしが言いたいのは、人を地位や肩書で簡単に偉いと思ってはいけないということです。

僕は何年か前からネットには、総理大臣を「アホ首相」と書き込みしています。そして、そう書き込めば書き込むほど、失言や失態の繰返し。昨今ではいちいちニュースなならない程、一国民としては、なんとも情けないことです。今風に言えば「最上級国民」である総理大臣。地位も肩書も日本一でありながら、どう見ても無能で、偉いと思えるところが全く無い。忖度政治と言われていますが、その忖度も、見方を変えると言うなれば介助、他の政治家や官僚の介助が無ければ、総理大臣として何もできない、そういうアホが今の日本のトップ。そういうことが分かっている人なら、地位や肩書で簡単に偉いと思わないでしょうね。しかも、法の番人たる検察は、いまや官邸の番犬。警察も同じ穴のナカムラ狢。法治国家というのも形骸化しつつあります。あとは老いてくたばるだけの世代の人間は、それでいいですけど、これから長い人生を送る子供たちは、なんとも可哀想です。なにせ、目標とする偉い人が目立つところにいないのですから。
Commented by michi-no-yuri at 2019-05-26 11:25
Iouisx2さま
コメントありがとうございます。
わたしは血統主義者ではありません。
遺伝的なものを除いて、血にこだわるのは良くありません。
皇統も血統が尊いというより、もしかしたら断絶していたかもしれない皇統を必死に繋いできた人々の思いや営為が尊いのだと思っています。
そういう人の営為がなければ皇室も存在していないわけですから。
逆に言えば、それだけ皇室はなくてはならないものだったということです。
「水瓶座時代」のブログご覧になっていますか。
経団連が「終身雇用を維持できなくなった」と言ったことで、日本はこれから大変な時代になるようです。
しかし、そこに一縷の希望もあります。
あすそれを記事にしたいと思います。
Commented by michi-no-yuri at 2019-05-26 11:35
y_ohkuboさま
コメントありがとうございます。
このごろ、総理だけを見ていてはいけないと思うようになりました。
安倍一強は総理一人の力ではないからです。
総理を支えている人間が問題だと思うのです。
名指しはしませんが、安倍晋三を総理大臣にするべく、水面下で何十年という年月をかけて日本の政治の裏側で動いてきた人間がいるのです。
そして、ようやく念願がかなったのです。
かれらの執念と努力があっての安倍一強です。
しかし、そこはタブーになっているのかだれも手を付けません。
Commented by louisx2 at 2019-05-26 12:14 x
言葉足らずで申し訳なかったです。
私のいう「血統」とは、天皇家のことではなく、
藤原氏以下の貴族~、現在の李朝・田布施系政権、政財界の人脈のことでした。
血が人間を縛り合えるという幻想が理解出来ないなと思っているのでした。

天皇家に関しては、私はニュートラルにいようと思っています。
YAP遺伝子の継続の為なのかは分かりませんが、天皇家自身と周囲が男系を意志を持って継続しているのですから、そこには立ち入ることは出来ません。悠仁親王がお産まれになった。これが天啓と思っています。
それがまた、再度女性天皇と女系をあえて混同させる勢力には胡散臭さしか感じません。
小泉氏の時に話が立ち消えて12年。男系/女系を学ぼうとしなかった国民にも罪があります。
国民の無知を利用した陰謀。たくさんありますが、それが通るなら、天はそういう新しい日本を望んでいるということなのでしょうか。
Commented by michi-no-yuri at 2019-05-26 17:58
Iouisx2さま
言葉足らずではありません。
わたしはそのように理解していました。
皇統のことを書いたのは余分なことでした。
Commented by FIRE-FOX_2 at 2019-05-27 00:31
コルナサインというのをご存じでしょうか?

恐ろしい事に、山本 太郎 氏も、デニー 玉城 沖縄県知事も出しています。
裏切りの中の裏切りに他ならない話になります。
Commented by michi-no-yuri at 2019-05-27 10:14
FIREーFOXさま
10年くらい前に知っていましたが、ず~っと忘れていました。
Commented by FIRE-FOX_2 at 2019-06-01 01:13
念の為付け加えますが。

自分は勿論反アベで、谷間の百合 様のその点のご意見には、いつも殆ど共感しています。

万が一山本 氏やデニー 氏があちら側の役者だったなら、創造をはるかに上回る恐ろしい話だという事に他なりませんでした。

『人工芝運動』というのが有ります。
出来レース、プロレスだという事です。
この人工芝運動について詳しく書かれていた方のブログが有りましたが、ご本人の意思か、何らかの圧力(工作)かは分かりませんでしたが、ブログごと消えてしまいました。


ただ。
一人一人誰にでも責任が有ります。
仮に役者だとしても、それは「向こう側」が市民を「試している」事になるのだとは、自分はいつも考えています。
(イルミナティーとかディープ ステイトだとか言われる全てが対象になる事です。結局市民を「試して」いるのだと。その上で点の悪事へ運んでいると。どちらの方も(闇側も市民側も)、「責任の擦り合い」なのです。)
戦争も、行うのは一人一人になります。
一人一人が拒否すれば、いくら上層部が「やる(やれ)」と言っても行われる事はありません。
騙される騙されないではなく、とにかく目が醒める事が大事です。

しかしそうは言っても、「万が一には向こう側が誘導しているかもしれない」という事も、留意している必要が有ると思い、コメントさせて頂きました。
「99%の真実に1%の嘘を混ぜる」という事も言われています。
どちらの方向にしろ、最後迄「自分で考えて判断する」姿勢は崩してはなりません。
うまく「誘導」してから、ひっくり返されるという事も有り得るのです。
「いかにも」な事で引き付けても、よく探ると「違う(とんでもない)」可能性も有り得ます。
近似値で騙す訳です。

ただ、(仰る通り)気付き意識を持つ為には、例え「役者」でも「役には立つ」事にもなり得はします。
結果が良ければ良い訳で、同時に結果が悪くなったら何にもならなくはなります。

Commented by michi-no-yuri at 2019-06-01 11:52
FIRE-FOXさま
コメントありがとうございます。
FOXさまが真面目な人だということはコメントからも分かりますし、わたしも陰謀を否定はしていません。
世の中は陰謀で成り立っていると思っています。
しかし、世の中に蔓延っている陰謀論は違います。
わたしがすべてを疑えと言うのは、そういう陰謀論も含むのです。
すべてを疑えと言えば、重箱の隅をほじくるようにして何から何まで疑ったり、陰謀論に嵌ってそこから抜け出せない人がいたりします。
例えば、あの手のサインを信じるとして、そこから何が得られますか。
わたしがとっくに忘れていたのは、それに捉われず、つまりウソかホントかに捉われず、先へ先へ進んだからだと思います。
わたしはそのころたくさんの陰謀論を目にしましたが、いつの間にか忘れていました。
忘れない人は、大きな陰謀や小さな陰謀を見落としているように思いました。
大きな陰謀とは、ワンワールドの野望で、小さな陰謀は、毎日のように目にする政治の嘘、隠蔽、謀略です。
わたしは主に小さい陰謀から目が離せませんでした。
かれらは何かをするとき、世界を騙すためにテマヒマ掛けません。
驚くほど杜撰です。(9.11など)
かれらは自分たち以外の人間を人間だと思っていないようです。
だからバレることを恐れたりしていません。
まして、世界の情報を掌握しているのは自分たちなのですから。
山本太郎さんと陰謀家に接点があるとは思えません。
万が一あるとしても、どうせ後がない日本なのですから太郎さんに賭けてみるのもいいのではありませんか。
ほかにどんな手立てがあると思われますか。
わたしは山本太郎さんを信じています。
0 +1
<< 戦争したいばっかりにシッポを振る。 戦後の歩みそのものが無に帰しました。 >>