人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

詐欺を言う者が詐欺師?

きのう、千原せいじさんが詐欺と言ったのは消費税ゼロにではなく寄付金集めに対して言ったことでした。
総理も籠池さんを詐欺師呼ばわりし、故飯山さんも人を詐欺師と決めつけて罵倒することがよくありましたが、もしかしたら、自身に詐欺師的体質を有する人間が人を見れば詐欺師にみえるということでもあるのでしょうか。
わたしなんかおかしい人だなと思うことはあっても詐欺という言葉は浮かびません。
ところで、その場面を切り取った動画を見ましたが、酷いです。
遠藤龍太郎新社長には一言あってしかるべきですが、これはBPO(放送倫理委員会)に諮るべき問題ではないでしょうか。
そのための委員会なのに、過去記憶にあるのは、納豆にダイエット効果があるとしたのは捏造だったという問題だけでした。
納豆にダイエット効果があろうがなかろうが、そんなことは取るに足らないことです。
あるいはそんなことでお茶を濁しているのでしょうか。
最も問題にしなければならない偏向報道をBPOが取り上げたことがあったのでしょうか。
名前だけの委員会なんか要りません。

電車から
c0243877_9314837.jpg


丸山議員は辞めないという決断をしたようです。
橋下徹が批判していますが、自民党と組んで改憲を急ぐのは戦争のできる国にしたいからでしょう。
それが「維新」の党是のようなものではありませんか。 
丸山穂高は上西小百合と全く同じタイプと言っていますが、ちょっとでも自分が批判されたらその人のことをいついつまでも根に持って反論の機会を逃がしません。
こんな人間を誕生させたのは僕の責任だってw
自分が大物だというアピールです。
その大物の自分が責任があると言えば、人は「潔い」と思うだろうという計算です。
総理と同じです。
「責任は自分にある」は聞き飽きたのです。
聞きたいのは「責任をとる」の一言です。

新聞の「政界新時代」というコーナーで、祖父と父が総理経験者だという福田達夫さんが言っているのを読んで「ダメだ、こりゃ」と思いました。
橋下徹や小泉進次郎に期待しているのだそうです。
総理の外交、安全保障を大いに評価し、「なぜ野党が評価しないのかがよくわからないんだよなぁ」と本当に分からないようでこちらもお手上げです。
まともな3代目もいなくはないのでしょうが、中曽根、福田、小泉、安倍 などの三代目(4代目)は「無残も極まれり」という感じです。
「徒然草」の時代の上級国民は子孫が劣化するのを恐れて子供を作らなかったと兼好は書いています。(劣化するのが自然の摂理だという認識でもあったのでしょうか)
総理の名前の晋は父晋太郎の晋からとったものだということは分かりますが、では、晋太郎の晋はどこから来たのでしょう。
それに総理は次男なのになぜ「三」がつくのかも。
母洋子さんが言ったという晋三は「運命の子」の意味は?


c0243877_9345784.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-05-21 09:46 | Comments(0)
<< 「恨み」だけあって「恥」のない人間。 千原せいじはなぜこれほど売れて... >>