ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

表示されなかったコメント。

しもべさま
下書きが残っているものと思って再投稿をお願いしたのですが、そうではなかったようでほんとうに申し訳ないことでした。
勝手ですが読み易いように一節ごとに改行させていただきました。

遅ればせながら、あけまして…うーん、あまりめでたくないかな。
安倍晋三が去年のうちに失脚&逮捕されていればおめでたかったんですが…。
言葉足らずということでしたが、先日の記事でしっかり言いたいことは伝わっていたと思いましたよ。
私も最近は本を読むようにしているんですが、読み方によって毒にも薬にもなること、それから読む人のレベルによって手に取る書物が違ってくることなんかはかなり共感できますね。
前者の最たる例は聖書やコーランでしょうか。
あれらはまっさらな気持ちで一字一句全文読んで肯定的に解釈していくと、人殺しや差別を決して肯定してはいないことがわかるのですが、実際はそんなふうに読まれていません。
部分的な表現を拾って拡大解釈し、それが悪につながるような読み方ばっかりされているように思うんですな。
後者の例は…まあ私の父はネトウヨ気味なんですが、今朝例のレーダー照射の番組をやっていたんですね。小野寺なんかが出てたな。
そんで私は「この一連の報道はおかしい。公平に見れば韓国の方に分がある」といったわけなんですが、そうしたら「なんでそんなこと言ってんだ」ってキレたわけなんですよ。
朝っぱらから気分悪かったですな。
というか、「なんでそんなこと言ってんだ」って、もうそこからおかしいですよね。
韓国に有利なことは言っちゃだめだと言わんばかりじゃないですか。
本当に、ああいう手合はただただ人種差別に根ざしたヘイトなんですよね。
女の裸を見ると勃起するのと同じレベルで、韓国と聞くとムカッとするんだと思います。
世の中には論理的に考えるってことができない人が一定数存在するんでしょうな。
まあ、言葉が通じないというか。
それこそ論理的に見ると、防衛省が出したあの映像などなんの証拠にもならないことが理解できるはずなのですが(防衛省が映像を出し渋った一番の原因はおそらくそれだと思います。あれではバカしか納得しない)、そういう考えをしない、できない。
うちの父は理系脳みたいで文字の本を全く読みませんが、こういう人に百田とかソッチ系の、所謂「言論モドキ」を与えたらそれこそキチ○イに刃物というか、考えただけでもおぞましいですね。


そういうことなのですか。
防衛省や防衛大臣が映像を出し渋ったのはあくまで両国の関係を慮ったものだと思っていたのですが。(そんなわけないかw)
それをあの人の鶴の一声で出したということですね。
戦場では愚かな上官のせいでどれだけの兵士が無駄死にさせられたことかと思うのですが、それを国のトップがするるのですから国民はたまったものではありません。
ここまで拉致を引き延ばしているのは、もしかしたら北との戦争を考えているのかなと思ったり、、


c0243877_9194097.jpg











×
by michi-no-yuri | 2019-01-14 09:21 | Comments(2)
Commented by しもべ at 2019-01-14 19:29 x
なんかいろいろお気遣いさせてしまったようで申し訳ありません。

読み返してみると、記事に乗せていただくほどのコメントではないですなw

私はヒイヒイ言いながら地上を這いずり回って、足を痛めてすぐに辞めた山猿クズレなので海とか空とかのルールについては詳しくわからんのですが、この件で現場がどれだけ苦労しているのかという点についてはなんとなくわかるような気がするんですな。

本来外務、防衛、そして官邸が自体を収集させるために尽力しなければならない局面で、官邸が防衛サイドの資料をリークしてそれを燃料にし、世論を逆の方向に誘導しているわけですから、一番しんどいのは板挟みになっている防衛省じゃないかなと。

まあこの問題には、アジアに紛争の火種を残しておきたいアメリカの思惑とか、破綻寸前で混乱し、統制が効かなくなっているのかもしれない韓国の状況とか、いろいろ複合的なものが絡んでいるのでしょう。しかし私の経験からの視点として知っておいてもらいたいのは、現場の自衛官が国民の盾となって責任持って処理しなければならない問題が官邸によってリークされ、世論に無用の刺激を招いたということは、ある意味官邸というか安倍晋三個人が彼らの職務や誇りといったものをを踏みにじってそれを利用しているという見方も成立するということ。
まあ現場には、首相の鶴の一声とやらで余計な仕事を増やされ、うんざりし果てて、駅のホームで眼の前を行き交う電車に飛び込んでみようかな…なんて考えている哀れなコームインがいるかもしれないってことを頭の片隅にでも入れておいてもらえたらな、と思います。
Commented by michi-no-yuri at 2019-01-15 11:15
しもべさま

コメントありがとうございます。
たいへん示唆に富んだコメントで勉強になりました。
レーダー照射の件は理屈では分かっても、当たり前かもしれませんが、臨場感を伴った理解はできません。
自衛隊のことも実際なにも分かりません。
そんなことを言えば、すべてが分からずに書いていることになります。
それを補うのが人間を知ることではないでしょうか。
先ずは自分を知ることではないかと。
<< 橋下徹の動向に注目です。 「あのころはお互い大変でしたね... >>