ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

これでオリンピックが中止になり、竹田親子が失脚すれば言うことはない。

ゴーンさんが逮捕されたとき、わたしはフランスがこの後どう出るか不安だと書きました。
意趣返しではないかという見方に対して、竹田JOC会長の贈賄容疑でフランスの検察が捜査を開始したのが2016年5月12日だからゴーンさん逮捕とは関係ないと言う人がいますが、では、なぜ3年近くも前のことを今持ち出したのでしょうか。
その後続報がなかったので捜査は打ち切られたとばかり思っていたのですがそうではなかったということでしょうか。
200万ドルはコンサルタント料だという竹田会長の主張が認められるかどうかというだけことですが、フランスがそれを賄賂だと立証するには何が必要なのでしょう。
それが立証されたら会長の逮捕となりそれで終わるのか、それともオリンピックも中止になるのか分かりませんが、その両方を望む国民は多いと思います。
そうなったら大変だと、ここは総理の出番となるのですが、ゴーン釈放にでもなるのでしょうか。
中國の海洋進出阻止で日本とフランスが海洋安保で連携を強化するということで、これは総理の強く望むことでもあり、フランスには譲歩するしかないでしょう。
ゴーン逮捕が11月19日、竹田会長が3年近く前のことで事情聴取を受けたのが21日後の12月10日です。
これでも無関係だと言えるでしょうか。


c0243877_10225772.jpg


きのう夕、総理夫妻が海外旅行から帰ってきました。
何のために行ったのか、それは総理が出向いていくほどのことだったのか、だれも何も言いません。
イギリスのEU離脱でイギリスに進出している日本の企業が不利益を被ることがないようにと言いに行ったようですが、それを言うためにわざわざ行きますか。
オランダ訪問にいたっては尚のこと理由が分かりません。
その間、妻の昭恵さんの買い物や食事に付き合わされることになる当地の大使館員は大迷惑でしょう。
総理夫妻がこれほど国家を私物化しているのは、アフリカの発展途上の未開国の酋長くらいではありませんか。
日本はついにそんな国になってしまったのです。
人が想像する以上に、日本は無法国家になっているのです。
厚生省の統計不正で与党の議員も怒り心頭だということですが、何を今更です。
公文書改ざんで怒りましたか。
公文書改ざんが罪に問われないということは、もう日本が国の態を為していないということです。
総理の嘘で始まり、総理の嘘で終わることになるのでしょうが、
早くその終わりが来てほしい。


c0243877_10233142.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-01-12 10:23 | Comments(0)
<< 「あのころはお互い大変でしたね... 言葉足らずでした。 >>