ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

言葉足らずでした。

先日の記事が言葉足らずでしたので補足します。
「本を読むことの弊害」ですが、本自体に罪はないのに読む人間によってゲスにも狂気(凶器)にもなるということです。
それほど世の中には読解力に欠ける人間が多いということです。(人のことを言えませんが)
また、本を読むことと人間性や教養は関係ないということが言いたかったことでした。
福田恒存が(以前にも書いたと思う)「教養について」書いていた中に、田舎のバスに乗っていたときのこと、途中から姑と嫁という感じのふたり連れが乗ってきて隣に座ったということですが、姑と思われる女性はエプロンをつけたままだったということですが、その女性が突然窓を開けてもいいかと声を掛けてきたのだそうです。
福田恒存が虚を突かれたように感じたのは相手が田舎の無学の女という先入観のせいなのですが、実はこれが「教養」というものではないかと書いているのです。
西部邁さんは「保守とは妻の看病をすることだ」と言ったそうですが、この二人の知識人の言葉もそこそこ読解力がないと理解できないのではないでしょうか。
余談ですが、西部さんの自死は、奥さまを亡くされたことに原因があるように思います。
江藤淳さんも奥さまに先立たれたことの喪失感、空虚感、孤独感に耐えられずに自殺しましたが、喪失感は恐怖にまでなっていたのだと思います。
お二人に共通しているのが、奥さまが最良の「話し相手」だったということではないかと推測していますが、「話し相手」としての妻の存在は大きかったと思います。


c0243877_10302716.jpg


本を読まない妻を無学(大学出)無知だと愚痴る兄が読んでいるのがゴミのような本なのです。
人間としてみたら明らかに妻が優れています。
百田尚樹はクラシックレコードを2万枚所蔵しているそうです。
高尚な音楽を聴いてもゲスはゲスだという見本です。
そもそもクラシック音楽はなぜ高尚なのでしょうか。
演歌やムード歌謡は人間の劣情を刺激するからというのなら、高尚な音楽は高い精神性と共鳴しなければなりません。
そんなもの爪のアカもないではありませんか。

福田恒存の言っていることは、「教養」とは配慮(こころ配り)ができる人間だということでしょう。
きのう書いたことですが、人権も尊厳も教えられるものではなく本来人間が持っていなければならないものだというのがかれの言う「教養」というものだと思います。
勉強と競争に明け暮れている人間は、その間に「配慮」するというこころを失っていくのかもしれません。
忖度されることに慣れている政治家や、強い立場の検事などに「配慮」を求めることの虚しさ。
暴言検事などヤクザと変わらないではありませんか。
どんな家庭のどんな親に育てられたらそうなるのですか。


c0243877_10305728.jpg










×
by michi-no-yuri | 2019-01-11 10:35 | Comments(6)
Commented by michi-no-yuri at 2019-01-13 10:19
コメント 名前 日付 IPアドレス

表示中
遅ればせながら、あけまして…うーん、あまりめでたくないかな。 安倍晋三が去年のうちに失脚&逮捕されていればおめでたかったんですが…。 言葉足らずということでしたが、先日の記事でしっかり言いたいことは伝わっていたと思いましたよ。 私も最近は本を読むようにしているんですが、読み方によって毒にも薬にもなること、それから読む人のレベルによって手に取る書物が違ってくることなんかはかなり共感できますね。 前者の最たる例は聖書やコーランでしょうか。あれらはまっさらな気持ちで一字一句全文読んで肯定的に解釈していくと、人殺しや差別を決して肯定してはいないことがわかるのですが、実際はそんなふうに読まれていません。部分的な表現を拾って拡大解釈し、それが悪につながるような読み方ばっかりされているように思うんですな。 後者の例は…まあ私の父はネトウヨ気味なんですが、今朝例のレーダー照射の番組をやっていたんですね。小野寺なんかが出てたな。そんで私は「この一連の報道はおかしい。公平に見れば韓国の方に分がある」といったわけなんですが、そうしたら「なんでそんなこと言ってんだ」ってキレたわけなんですよ。朝っぱらから気分悪かったですな。 というか、「なんでそんなこと言ってんだ」って、もうそこからおかしいですよね。韓国に有利なことは言っちゃだめだと言わんばかりじゃないですか。本当に、ああいう手合はただただ人種差別に根ざしたヘイトなんですよね。女の裸を見ると勃起するのと同じレベルで、韓国と聞くとムカッとするんだと思います。 世の中には論理的に考えるってことができない人が一定数存在するんでしょうな。まあ、言葉が通じないというか。それこそ論理的に見ると、防衛省が出したあの映像などなんの証拠にもならないことが理解できるはずなのですが(防衛省が映像を出し渋った一番の原因はおそらくそれだと思います。あれではバカしか納得しない)、そういう考えをしない、できない。 うちの父は理系脳みたいで文字の本を全く読みませんが、こういう人に百田とかソッチ系の、所謂「言論モドキ」を与えたらそれこそキチ○イに刃物というか、考えただけでもおぞましいですね。
Commented by michi-no-yuri at 2019-01-13 10:20
コメント 名前 日付 IPアドレス

表示中
遅ればせながら、あけまして…うーん、あまりめでたくないかな。 安倍晋三が去年のうちに失脚&逮捕されていればおめでたかったんですが…。 言葉足らずということでしたが、先日の記事でしっかり言いたいことは伝わっていたと思いましたよ。 私も最近は本を読むようにしているんですが、読み方によって毒にも薬にもなること、それから読む人のレベルによって手に取る書物が違ってくることなんかはかなり共感できますね。 前者の最たる例は聖書やコーランでしょうか。あれらはまっさらな気持ちで一字一句全文読んで肯定的に解釈していくと、人殺しや差別を決して肯定してはいないことがわかるのですが、実際はそんなふうに読まれていません。部分的な表現を拾って拡大解釈し、それが悪につながるような読み方ばっかりされているように思うんですな。 後者の例は…まあ私の父はネトウヨ気味なんですが、今朝例のレーダー照射の番組をやっていたんですね。小野寺なんかが出てたな。そんで私は「この一連の報道はおかしい。公平に見れば韓国の方に分がある」といったわけなんですが、そうしたら「なんでそんなこと言ってんだ」ってキレたわけなんですよ。朝っぱらから気分悪かったですな。 というか、「なんでそんなこと言ってんだ」って、もうそこからおかしいですよね。韓国に有利なことは言っちゃだめだと言わんばかりじゃないですか。本当に、ああいう手合はただただ人種差別に根ざしたヘイトなんですよね。女の裸を見ると勃起するのと同じレベルで、韓国と聞くとムカッとするんだと思います。 世の中には論理的に考えるってことができない人が一定数存在するんでしょうな。まあ、言葉が通じないというか。それこそ論理的に見ると、防衛省が出したあの映像などなんの証拠にもならないことが理解できるはずなのですが(防衛省が映像を出し渋った一番の原因はおそらくそれだと思います。あれではバカしか納得しない)、そういう考えをしない、できない。 うちの父は理系脳みたいで文字の本を全く読みませんが、こういう人に百田とかソッチ系の、所謂「言論モドキ」を与えたらそれこそキチ○イに刃物というか、考えただけでもおぞましいですね。
Commented by michi-no-yuri at 2019-01-13 10:32
しもべさま

なぜかコメントが表示されません。
コピーして貼り付けようと試みるのですができません。
お手数ですが、もう一度投稿してみてくださいませんか。
Commented by しもべ at 2019-01-13 17:38 x
うろ覚えですが…

言葉足らずということでしたが、私には記事の真意はちゃんと伝わっていたと思いましたよ。
同じ本でも読み方によって毒にも薬にもなること、そして人間のレベルによって手に取る書物が違ってくることは私の経験からも共感できることです。

前者の最たる例は聖書やコーランでしょうか。あれらはまっさらな気持ちで通読し、その根幹を肯定的に読み取れば必ずしも戦いや殺し、そして差別なんかを肯定しているものではないことがわかるのですが、実際はそうではなく、一部の表現をつまみ出して強調し、かえって悪い結果を招くような読まれ方しかされていないように思うのですな。

後者の例は、私事で恐縮ですが、私の父はネトウヨ気味なんですが、昨日の朝、例のレーダー照射の番組をやっていたんですね。小野寺なんかが出てたな。私は何度もここでコメントさせてもらっている通り、「この一連の報道はなんかおかしい。公平に見れば韓国の方に分があるように思う」といったわけなんですが、それに対し彼は「なんでそんなこと言ってんだ」ってキレたわけですね。
「なんでそんなこと言ってんだ」ってそこからしておかしいですよね。まるで韓国に有利なことは言うなといわんばかりですよ。
こういった手合は韓国と聞くと脊髄反射でムカッとする。
思考原理が人種差別に根ざしたヘイトなんですね。論理ではなく感情なんです。父は幸運なことに本を読まないのですが、もしそうでないなら、手にとるのは百田とか竹田とかの言論モドキで、考えただけでもおぞましいことです。

世の中には、読みようによっては害になる本(ペンは剣よりも強しといいますが、刃物は殺せる数に限りがありますが、書物はそれを遥かに凌駕する恐ろしい結果にもなりうると思いますね)あと、本を読むレベルにない人、そういう人向けのおぞましい本があるということですな。

要約、加筆しましたがまあこんなふうな主張でしたかね。

Commented at 2019-01-13 17:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by michi-no-yuri at 2019-01-13 21:38
しもべさま

容量オーバーなら表示が出るはずですからそれではないですね。
NGワードがあるとも思えません。
あす、ブログの方に転載させていただきますのでそれでご了承ください。
<< これでオリンピックが中止になり... 法はどんな人間にも公正に適用さ... >>