人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

元号を非科学的、不合理、非経済的だと言う菅野完さんに驚きました。

きょうの記事をUPしたあと、ネットを渉猟していたとき、菅野さんのツイッターで驚くことがありました。
元号は非科学的、不合理、非経済的だと書かれていたからです。
「そんな古代東アジアみたいなこと中国も韓国も卒業したんで、、」ということですが、元号ではありませんが、もとの漢字の一部分だけを採って簡略化した中国や、漢字を排してハングルだけにした韓国を見習えとでも?
中国は文化大革命で自国の文化を破壊しつくしました。
韓国が漢字を排したのも日本と一緒は嫌だということだったのではありませんか。
(台湾だけは何一つ変えていません)
元号を廃止するということは天皇も廃絶するということですね。
元号を廃止して天皇制だけ存続させるというのは、あまりにも天皇の人格や権威をないがしろにするもので想像するだけで涙が出ます。


c0243877_132439100.jpg


元号は日本独特の大切な文化です。
2千年続いた文化をここで切断するというのは天をも畏れぬ行為だと思います。
一度切断したら二度と繋がりません。
煩雑なこと、無駄なことを削って行って後に何が残りますか。
むしろ無駄なことのなかに文化があるのはだれもが知る事実ではありませんか。
これでは菅野さんの考えは橋下徹と同じですね。
たとえば、先日テレビで「明暦の大火」をやっていましたが、それは1657年のことだと言えば、すぐに現在との時間的距離が分かりますが、それでは、「明暦」という字から感じる時代の匂いが消えてしまいます。
元号がなくなるとノッペラボーな感じで時代や社会の色や空気が消えてしまうのです。
先日、菅野さんはあまり使われない漢字や慣用句を多用することから保守主義者ではないかと書きましたが、撤回するしかありません。
まさか、元号に拘る「日本会議」や衛藤晟一さん、古屋圭司さんが憎くて、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いということではないでしょうね。
ほんとに驚きました。


c0243877_12531612.jpg










×
by michi-no-yuri | 2018-08-07 12:55 | Comments(2)
Commented by 一読者 at 2018-08-08 14:06 x
少し反論させてください。
言っているのは元号をなくせということではないと思います。
元号をメインの表記方法とするのはやめようということであって。
今でも昭和何年、と言われて何年前のことかすぐ理解できる人は少ないと思います。頭の中であれやこれや計算してやっとです。
ましてやさらに新元号が使われるとなるとみんなもっと大変になります。
それが非合理非効率だと思うのです。
風雅として楽しむのはよいでしょう。例えば月名を弥生、水無月などどいい、あるいは今年は戌年です。というように。
でも人が亡くなる度にまた一年から始まって、それを公文書などに必ず使用せよと命令されると、それ単にあんた(日本会議)の趣味の押し付けでしょと。
新元号になるともう持たないと思います。不便すぎて。
あっても元号併記くらいに留めないと。
元号は天皇と共にあります。
でも日々の社会生活は、西暦でお願いしたいというのが一日本人の希望です。


Commented by 谷間の百合 at 2018-08-08 19:02 x
一読者さま

コメントありがとうございます。
よく理解せずに感情的、情緒的な反応をしてしまったのかもしれません。
むかしの元号を見ていつごろだと分かる人はほとんどいないと思います。
明治から一元一世になりましたが、それまでは何か事あるごとに改元していましたから大変な数です。
わずか2か月半で終わった元号もあります。
先ほどから考えていたのですが、西暦元号対照表を各家庭、学校、役所の目に付くところに貼り出したら、便利という以上に歴史の勉強になるのにということです。
2千年の歴史と書いたのは誤りで1400年弱でした。
対照表を眺めていると馴染みのある懐かしい元号があります。
特に、幕末の嘉永、安政、万延、文久、元冶、慶応などの元号は多くの人にとってもなじみ深いものでしょう。
「日本会議」の主張を知らないのですか、まさか併記に反対しているわけではないでしょうね。
わたしは、暴論かもしれませんが不便でもいいと思っています。
便利になることがいいことだとは限らないと思っています。
稲垣足穂に、「純粋人と不純粋人」というエッセイがあり、便利といういうことに心を惹かれる人を不純粋人のトップに挙げています。
まあ変人の言うことかもしれませんがw
<< 日本はもう「平和」という言葉も... 原爆への怒り悲しみをどこにぶっ... >>