ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

上川法務大臣は「法の正義」を守ったのだそうです。

きょうの産経新聞を開いて驚きました。
文化欄の見出しに「上川法務大臣の胆力に脱帽」とあったからです。
桑原聡という記者が自分の連載「モンテーニュとの対話」で上川さんは法の正義を守った大臣としてべた褒めしているのです。
一方で、モンテーニュが暴君ネロについて書いた次のような一節を紹介しています。

「残虐の標本ともいうべきネロまでが、或る日、例のように家来から一人の罪人の死刑の宣告に署名をしてくれと言うと『おお、字など学ばねばよかった!』と嘆息したとは、それほどまでに、人ただ一人を死刑に処することが、彼の心を悲しませたとは」

記者はどういうつもりでこの一節を紹介したのでしょう。
上川大臣はネロにもない胆力を備えていたと言いたいのでしょうか。
ネロでさえ躊躇した署名をしたことを褒めているのでしょうか。
わたしは先にも書いたように、今回の死刑執行は安倍晋三という人間が総理で、上川陽子という人が法務大臣だからできたことだと思っています。
実に、安倍晋三という人間の残忍性はネロをも信長をも超えていたということです。
父親の安倍晋太郎が「情がない」と言ったように、ネロでさえ持っていた「情」さえ持っていない人間が総理大臣なのです。


c0243877_1114188.jpg


上川という女性がどういう人間なのかは分かりませんが、安倍晋三という人間に出会わなかったら、死刑執行の命令書にサインできただろうかと思うのです。
「情」がないということは、人ではないと言っていいくらい決定的な欠陥です。
上川さんは自分のホームページに「腰の据わった政治を目指す」「難問から逃げない」と書いているそうですが、たとえ罪人といえども7人の同日死刑執行の代償は、上川さんだけに留まらず、日本にとって恐ろしく高くつくような予感がします。
慎重の上にも慎重に審査したということですが、多くの謎を残しての死刑執行でした。
たとえば、海外ニュースで、同日7人の死刑囚の刑が執行されましたと聞いたときの衝撃を想像してみてください。
総理にはその衝撃が分からないのです。
産経が上川さんを胆力のある女性だと持ち上げたように、ネトウヨたちは、さすが総理、やるときはやるんだと喜んだのでしょうね。
地獄へ導かれてもまだ目が覚めない連中です。
自民党には胆力を備えた女性が他にもいます。
丸川珠代さん、小野田紀美さん、杉田水脈さんなどですが、この女性たちなら鼻歌まじりに執行書にサインするのではないでしょうか。
総理に喜んでもらえることですから。


c0243877_1123425.jpg









×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-07-20 11:07 | Comments(0)
<< わたしは自民党が憎い。 「法の下の平等」がわたしの思う... >>