ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

どれだけ被害が拡大し、どれだけ人が死ねば政府、マスコミは本気になれるのか。

死刑執行前夜の宴会がネットだけではなくテレビでも流れました。
きのう、驚いたのが、愛媛の中村知事が官邸を訪れていたことです。
この時期に陳情でもないでしょうから、呼ばれたのでしょう。
8分間の面会でした。
それにしても、知事が断らなかったのは残念なことでした。
参勤交代の手法は今も生きているのです。
権力を見せつけるために呼び出したのでしょうが、この大災害のさなかでもそういうことを考えている総理が恐ろしい。
あの写真には影の薄い存在でしたが、総理の隣には岸田さんが写っていました。
総理に声を掛けられたらヘビに睨まれたカエルになってしまうのか、これで総理の目は完全に消滅しました。

総理が外遊に行かないことが決まったら、報道も遠慮なく被害状況を伝えるようになった気がするとのカキコミをどこかで見ましたが、わたしも同じ印象を持ちました。
きのうお昼の番組では、大口病院のこと、オウムのこと、巨人の選手の窃盗事件のこと、そして、フジはなんと日大のアメフトをやっていたのです。
大口病院は2年近く前の事件、巨人の選手の件ですが、これに類する犯罪は毎日いたるところで起きているような軽微な犯罪です。
大抵は諦めるか、犯人が分かれば示談で済ますような事件です。
ところが、巨人ということだからかかれは全国ネットで執拗に顔と名前を晒されました。
巨人は示談にすることもなくかれを解雇しましたが、それが巨人の体質なのでしょう。
温情ある処分をすれば、早く立ち直ることができたかもしれないのに、巨人はその芽を徹底的に摘み取るに等しいことをしたのです。


c0243877_1085798.jpg


救助隊が必死で泥の中から人を救い出そうしていたときに、
家族が泥の中から見つかった遺体と対面していたときに、
人が行方の分からない家族を思って呆然然自失していたときに、
テレビは何を考えていたのか。
ぎりぎりまで行かないという決断ができなかった総理にまだ忖度していたのか。
どこまで被害が拡大しどれだけの人が死ねばマスコミは忖度を止めて本気になれるのか。
小此木防災担当大臣が広島、岡山に入るようですがテレビが映さないだけなのか、国民には何も伝わってきません。
タイでは、日本の県知事に相当する人物が少年の救出の陣頭指揮に当たっていますが、なんとしても全員を無事に救出したいという真剣な思いが伝わってきます。
責任者のあのような姿を、日本人はしばらく目にしていないのではないでしょうか。


c0243877_107316.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-07-10 10:09 | Comments(0)
<< 国を当てにしていると命はない。 信長をも凌ぐ総理の残忍性。 >>