ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

安倍政権の延命に貢献する家族会のエゴと無知。

山桜さま、コメントありがとうございます。
ブログの紹介ありがとうございます。
稿を改めて、長文なので序文の部分を転載させていただきます。
魂のこもった文章が多くの人の琴線に触れるものと思います。
これを読んでも尚被害者家族への批判だという人がいたら、もう相手にしないだけのことです。
山桜さまが あそこまで家族会に容赦のない厳しい批判を書かれたのも、それだけ拉致をわがこととして取り組んでこられたからでしょう。
わたしも含めて外野がとやかく言えることではないと思います。

わたしは、文中引用されている神学者ラインホルト.ニーバーの「平和の祈り」の言葉に強い感銘を受けました。

「神よ、変えられないことを受け容れる心の平静さ
変えられることを変える勇気
変えられないものと変えられるものを
見分ける知恵を授けてください」

わたしも言葉にはなりませんでしたが漠然と考えていたことがそういうことだったからです。


c0243877_1413655.jpg


横田早紀江さんがいつだったか教会で、めぐみが亡くなっていても、あの世で必ず会えると信じているからと明るく話しておられるのを聞いたことがありました。
その頃は、そう思うことでこころの平静さを保っておられるのだなと思って聞いていました。
拉致被害は日本だけではなく、韓国を筆頭に東南アジア、中東、ヨーロッパにまで及んでいました。
しかし、どの国の政府も取り上げることはなかったようです。
だから、家族は「変えられないことを受け容れて」心の平静さを取り戻していくしかなかったのだろうと思いました。
変えられるというより変えるしかないのだというところにこころが収斂していったのでしょうか。
きょうの記事にフクシマのこと、とくに小児甲状腺がんの子どものことを書いたのは、今現在、苦しみと恐怖の中にいる人に一日も早く救いの手を差し伸べてほしいと思ったからです。
今現在貧困や病気や過労で苦しんでいる人をまず助けてあげてほしいのです。
皮肉っぽく言うのを許していただけるなら、、家族会は16年も待てた上に、まだ急ぐべきでないと言っているのですから後回しでもいいではありませんか。

横田早紀江さんの顔に諦観を感じるのはわたしの勘違いでしょうか。
変えられないことを受け容れて平静な心でいようと思っても周りが許してくれないということかもしれないなと思ったりします。
あの息子たちにガンガン言われたら逆らえませんよね。


c0243877_1415562.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-06-17 14:06 | Comments(1)
Commented by 山桜 at 2018-06-17 20:46 x
ブログをご紹介いただきありがとうございます。
あの文書を作成したのは私一人でしたのではなく、
仲間と書いたものです。
皆で話しをしながらでてきたものを分担して書いたのです。

家族会批判をどうするかは本当に悩みました。
でも、家族会が「全員一括帰国」を言い続けるのは
自縄自縛であり、帰国を実現させることが可能な人の
チャンスを奪うことにもなると思い、書くことにしました。
「言わされている」部分はあるのでしょうが、
気付きながら言い続けている人、言わされてしまっている人、
どちらもあるのだと思います。

更に管理人様も書かれている通り、
悲劇、緊急に手を尽くさなければならない事案は、
本当に沢山あります。
福島のこと、虐待、子供達の貧困、過労死など
今、国民の命が危険にさらされ、
自己責任と切り捨てられています。
拉致だけが唯一無二の悲劇でも緊急問題でもないのです。
集会で家族が
「1日のうち10秒でも20秒でも拉致について考えてください」と言いました。
では、家族の皆さんは災害被災者、虐待に遭っている子供のことを
考えていますか?と問いかけたい思いでした。
今でも破格の待遇を受けているのに、
少々傲慢ではありませんか?と。

本当は、支援者、周囲の人が家族にそれをいわなければ
ならないのでしょうが、聖域化しています。
それが風化、国民の心が離れる原因だと思うのです。

不可能なこともある。それをどうするのか?
ニーバーの祈りを基にして考えることができれば。
冷静になれれば、道はいくつも見えてくると思っています。

この度はありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

<< 山桜さまのブログより抜粋。 5人が帰ってこられて8人が帰っ... >>