ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

バカにバカと言ってこなかったからバカが総理になってしまった。

4月中旬に訪米してまだ2ヵ月も経たないのに、総理はお尻に火がついたように慌ててまた訪米します。
尻軽とは女性限定の言葉だと思いますが、わが総理がそうだとするといままでの通念が覆ります。
かっての植民地の総督や属領の奴隷頭でももう少し威厳があったのではないかと思うほど、総理の軽薄さは異常で際立っているのです。
北へは圧力の一点張りできていたのに、トランプ大統領が「最大」という言葉をもう使わないと言ったことで錯乱したのでしょうか。
きのうの日米韓の防衛大臣の会談ではその「圧力」さえ姿を消しました。
もう圧力を言えないとなると、囁かれているように対北強硬派のボルトンにすり寄るつもりなのでしょうか。

北の復興支援は日本と韓国でせよとトランプ大統領は言いました。
おそらく、日本だけが戦後賠償の形で数兆円を出すことになるのではないでしょうか。
防衛費の増額も既定路線になり、自民党からは総理に空母の導入が提言されました。
空母がどれだけ有効なのかわたしには分かりませんが、なんとなく戦艦大和の運命と重なってなりません。
戦前の大鑑主義は健在なりということでしょうか。
中國との軍拡競争は日本に疲弊と荒廃を齎すだけです。
(もしかしたら、それが総理に与えられたミッションだったりして)
賠償金と軍事費の増強で、皮肉なことですが、今度は日本が北朝鮮のようになるのが決まっているのかもしれません。
今度の訪米が総理の重大な転機になりそうです。
命運が尽きていることを無視すれば、それこそほんとうに天の罰が下ることになるのではないでしょうか。
その天罰に国民が巻き込まれませんようにと願うのは虫が良すぎるかもしれませんね。


c0243877_9491041.jpg


菅野完さんのツイッターから。

お前らが耳を塞ぎ口を閉ざし、醜悪だってわかってるクソレイシストやアホネトウヨを、「無視が一番」とかいうてやり過ごしてるうちに、我が祖国は、森友事件が起こるような発展途上国未満みたいな国になってもうたんやで?バカにバカだと言わない癖がついたから、バカが総理やるような国になったの。

実に実にそう思います。
わたしはテレビも新聞も嘘ばっかりだから見ないと嘯いている人も同類だと思っています。
自分だけが嘘を知っていればいいのですか。
嘘は誰かが暴いて糺してくれると思っているのですか。
日本人は面倒になることを予想して何ごとにも関わらないように生きています。
水に流すことが美徳だと思っています。
だれかがしてくれると思っているのですね。


c0243877_9492536.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-06-04 09:55 | Comments(0)
<< 逮捕の根拠を曖昧にすることは許... 人間性と肩書が別物だというのは... >>