ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

因果応報が無ければ人は救われない。

「阿修羅」を見ることは滅多にないのですが、先日、何気なく見たときに自分の写真があって驚きました。
有難いことだと思いますが、正直なところ困惑もあります。
目立ちたくない、やはり「谷間の百合」でいたいという気持ちなのですが、読んでほしいから書いているのに、われながら矛盾していて我儘だと思いました。
記事はアップした時点で自分の手を離れて、あとは煮て食われようが焼いて食われようが文句は言えません。

文句はないというものの、先日の「日本人は事実に向き合えない国民なのでしょうか」の記事に大いに気になるコメントがありました。
やったことは返ってくるという因果の法則を書いたことに、そんなものはないと断言したコメントです。
因縁生起(縁起)はあるが、因果応報はないのだということですが、では、因縁は何によって生じるのですか。
偶然ですか!
思えば、仏教の教えで、これは正しいあれは正しくないと言う人たちの思い上がりがどれほど教えを歪めてきたことでしょうか。

それは差別につながるといわれていることは承知していますが、差別だからといって真理を否定はできません。
それに、なによりも差別だとする見方が浅いというより間違っています。
そういう考えを流布したのが似非宗教家です。
因果は気が遠くなるような時間と空間のなかで生起するもので、今生の幸不幸は一瞬に過ぎません。
もし、因果応報がないとなれば、いま不幸な人はどうなるのですか。
それっきりでは救いも光明もないではありませんか。
平等とは、どの魂も輪廻のなかの因果によって幸不幸を繰り返していて同じだということで理解できるのです。
魂は平等なのです。


c0243877_10574427.jpg


過日、岡潔を主人公にしたドラマを見ましたが、そのなかで、正確な言葉は覚えていませんが「この世(宇宙)は完璧だ」という意味のことを叫ぶ場面がありました。
科学者や数学者が仏教を信じるのは仏教が法則を説いているからでしょう。
宇宙が法則だから科学、数学が成立するのだと思います。
金子みすずが「見えないものでもあるんだよ」と言ったその「在る」けど見えないものと格闘しているのが科学者、数学者だといえないでしょうか。
地球が太陽を一周して一年、一年は12に分かれ、一日は24時間。
どうしてそうなっているのか不思議でなりません。
ちなみに、わたしは仏教の本を読んだこともなく、生活にも宗教的なものは一切ありません。
断片的な知識をもとに感覚と経験を通じて確信してきたことです。


c0243877_1103652.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-05-20 10:59 | Comments(8)
Commented by louisx2 at 2018-05-21 05:48 x
ブログ主さま、前回は失礼しました。ちょっとマイナーになっていました。
私は宗教に嵌まっていたこともあり、「因果応報」は宇宙の絶対法則で、この世とあの世を貫いて完結する完全・公平な法則だと思っているのですが・・・
最近主流になってきている「量子力学」との関係が分からないんです。
ニュートン以来の古典物理学なら、宇宙の摂理・法則は人間の思いとは別に厳然としてあるわけですが、
量子力学だと、不確定なものが観測者があったところで決まる確率の世界になってしまう。因果律が適用されなくなってしまうので、???なのです。
まあ、宇宙の法則をまだ人間の科学や物理学・化学・数学は解けないわけで、人間の浅はかな知恵が及ばないものなのでしょう。
また量子力学で考えれば、「人間」が生まれるのも誰かが観測したことにより物質化したわけですから、やはりサムシンググレートな存在は「ある」のでしょう。
今の世界を動かして、他人を恐怖や死に追いやる人々には、死後やはりそれなりの世界が待っているはずです。
Commented by michi-no-yuri at 2018-05-21 12:37
Iouisx2さま
コメントありがとうございます。
ごめんなさい。
わたしには量子力学なんてちんぷんかんぷんです。
仏教も膨大で難解な哲学ですが、それを理解している人がいるのだろうかと思います。
能力のないわたしのような人間が這入っていけるところではありません。
這入っていって迷子になった人がたくさんいるのではないでしょうか。
迷子になるならいいのですが、分かった気になって間違ったことを説くのは実に罪深いことだと思います。
わたしは輪廻と因果だけでいいと思っています。
それだけでなんの矛盾もありません。
学問より、見る(観る)こと、感じること、考えることだと思っています。
でも目は見ていても何も見ていない人ばかりです。
ニュートンは林檎が落ちるのをしっかり見たのですね。
Commented by louisx2 at 2018-05-21 18:55 x
迷った人、変心してしまった人、巻き込まれた人、多いですよね。
私も私の母も、幸せになりたい一心で誤ったものにすがり全てを失いました。
既存宗教には宇宙の法則は説けませんね。
人間の科学や学問がそこに到達するのにも永い年月がかかるでしょう。

けれども真実はある。自然は休みなく動いていく。全ては移り変わる。今の1%の上の上の存在の栄華が永遠に約束されたものなのか?否!!私たち99%が常に搾取され続けるなんて決まっていない。全ては陰陽含めて完全に帳尻が合わされていく。その力が「宇宙の法則」のひとつだと思っています。
私たちは愚鈍に見えても、良心に従って生きる。後生を恐れながら生きていく。今はこれだけです。

Commented by ツユクサ at 2018-05-21 19:01 x
私もよく分かってはいないのですが、相対性理論で有名なアインシュタインが「神はサイコロを振らない」と最後まで量子力学に反対したのは有名な話です。量子力学と一般相対性理論の間には矛盾があり、今も解決されていません。ニュートンは「真理の大洋は解明されないまま眼前に広がっている。私は波打ち際で綺麗な小石を見つけては喜ぶ子供のようなものだ」という美しい言葉を残しています。
Commented by louisx2 at 2018-05-22 06:55 x
ツユクサさま、ありがとうございます。
「陰謀論」に慣れたせいか?ふと思い浮かびました。
1%の人間たち(哺乳類か爬虫類かはわかりませんが)は量子力学の真実に気づいて、常に自分達の観測したい世界を作り出している。
そして99%には古典物理学・因果因縁を信じ込ませ、今の自分の不運は前世の報いで変えられないもの&死後は良いものになる・・・と諦めさせているのかも???
Commented by michi-no-yuri at 2018-05-22 10:51
ツユクサさま
コメントありがとうございます。
「神はサイコロを振らない」というのは、いわゆる神といわれている存在を否定してる言葉だと解釈していいのでしょうか。
ニュートンの言葉、ありがとうございます。
わたしは、自分の知っていることなど一粒の砂くらいの量だろうと思うことがよくあります。
事実そうだと思います。
Commented by 谷間の百合 at 2018-05-22 11:07 x
Iouisx2さま
コメントありがとうございます。
だれだって最初は陰謀論を信じてしまいますよね。
でも時が経てば、そのほとんどが信じるに値しないものだと分かってきます。
しかし、「陰謀」は厳然としてあります。
ほんとうの陰謀を隠すために、そういう薄汚いインボー論を拡散しているのかもと思ったりします。

量子力学と聞いてすぐにツユクサさまのことが浮かびました。
良かったです。

「前世の報い」とか言ってはいけないと思います。
絶対にそれはだれにも分からないことだと思うからです。
因果を収入と支出に譬えるなら、かならず帳尻が合うようになっているのだとわたしは思っています。
Commented by ツユクサ at 2018-05-22 18:21 x
ありがとうございます。科学者には無神論者もおられますが、ニュートン、アインシュタインはどちらも神を信じる人でした。私たちは人生で悩むと「サイコロを振って決めよう。かみさまのいうとおり」と言ったりします。人はそれでもよいですが、「量子力学は、神様がサイコロを振って『かみさまのいうとおり』と言って宇宙の行く末を決めるようなもの。そんなことは有り得ない」と考えて、アインシュタインは量子力学に反対したのではないかと思います。
<< 天皇への誹謗中傷は愛情の裏返し... 「独立国家でありたいという気持... >>