ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

北を避ける総理のこころの闇。

金正恩(敬称略)が、なぜ日本は(拉致を)直接言ってこないのだと文大統領に洩らしたそうです。
いま総理はうまい言い訳を考えているところでしょうが、南北の融和を見た後に、もう話が通じる相手ではないとは言えなくなりました。
なんども交渉の場を持ったと言うかもしれませんが、外務省のお役人や部外者が行っても駄目なのです。
大将(総理)が出て行かなければ話にならないのです。
お役人は、トップ同士の話し合いが前提にあってその下準備に行くだけです。
それにしても、金正恩のこの言葉は痛烈でした。
総理は世界に恥を晒しました。
世界は金正恩と同じことを思っていたはずです。
なのに、日本国民だけが鈍感でした。
それだけ日米同盟の呪縛に慣れきっていたのということだと思います。
総理だけでなく、日本国民の恥でもあったのです。
わたしは、総理や家族会がアメリカへ陳情に行くたびに、なんでそんな回り道というより反対の道を行くのだろうと不思議でなりませんでした。


c0243877_2031682.jpg


地球儀を俯瞰する外交を展開する総理の意識に、なぜか北朝鮮は入っていなかったのです。
なぜか北を避けているようでした。
北を避ける総理のこころに何か重大な秘密が隠されているのではないかと思いました。
口を開けば拉致問題解決は最優先課題だと言ってきた総理ですが、拉致を他に優先させたことが一度でもあったでしょうか。
最優先の意味を知らないのでしょうか。
金正恩が、いつでも話し合う用意があると言った直後に総理が横田茂さんを見舞いに行ったことからすぐにも話し合いの準備に取り掛かるのかと思いきや、アメリカに飛び、次いで用もない中東へ用もない妻を伴って出かけたのです。
しかし、逃げおおせるものではありません。
それは北だけではなく、きのうの柳瀬さんの証言が決定的なダメージとなって後がない状況になっています。
何ごとにも終わりがあり、嘘はどこまで行っても嘘だということです。

総理も総理ですが、わたしは家族会も同罪だと思っています。
なぜ、総理に北へ行くことを求めなかったのですか。
言えない空気があったのかもしれませんが、その程度の思いだったのですか。
わたしには、むしろ積極的に総理の政治利用に協力してきたようにしか見えないのです。


c0243877_9103584.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-05-12 09:10 | Comments(0)
<< 十四日 その一  憲法と法律の... 嘘をつくと人は影のようになる。 >>