ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

「強気」という悪の力。

きのう総理は麻生派のパーティに出席していまの混乱を招いていることを陳謝した後、膿を出しきらなければならないと言いました。
自分が辞めることが膿を出すことだということが分からない筈はなく、あくまで強気で行くということでしょうか。
総理は佐川さんに「強気で行け」と書いたメモを渡したそうですが、そうなのです、強気こそが悪党の最大の武器なのです。
それから連想したのが、浮気の現場(行為の最中)に踏みこまれても強気で否定すれば通ってしまうという都市伝説?です。
その強気の原動力こそが無恥であり悪の力なのだと思います。
(決して、強気そのものを否定するものではありません。)

国会が今冶市の備忘録のことで紛糾したあと、なぜかマスコミはこぞって小泉進次郎さんにコメントを求めました。
マスコミが同じ行動をとるということは司令塔が存在するということです。
ジャパン.ハンドラ―(戦争屋)は力を失ったとか日本から追い出されたとか言う人がいますが、それにしてはCSISのマイケル.グリーン子飼いの小泉進次郎さんが健在であることの理由が分かりません。


c0243877_10503550.jpg


「水瓶座時代」のマドモアゼル愛さまが、次の総理候補に石破さんと並べて無造作に小泉進次郎さんの名まえを出しておられるのはどうかと思いました。
本人がイチバン自分の未熟さ、頭の悪さを知っているのですから、周りはそっとしておいてあげるのが本人のため、それに何より日本のためです。
また、安倍政権がなぜこんなことになったのかは、世界の流れを読み間違えたのだと分析しておられるのもどうかと思いました。
そんな上等なものでしょうか。
極端且つ簡潔に言えば、朝日が憎いからやっつけたいということだけだったのだと思います。
(国会が荒れた日の晩の会食には和田正宗さんと渡邊美喜さんが誘われたそうですが、総理には自分と同じクズ人間といることが癒しになるのでしょう。)
それと、周囲や支持者に中国憎しの人間がたくさんいることから、そういう人たちを宥め引き付けておくための戦争やるやる詐欺もやらざるを得ません。
きょうの新聞に、海上保安庁が尖閣警備と航空体制の強化をすることが出ています。
困ったときの「尖閣」なのです。
さすがにもう北朝鮮の脅威も言えなくなって、結局「尖閣」になるのです。


c0243877_10554999.jpg








×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-04-13 10:56 | Comments(4)
Commented by ミルキー at 2018-04-13 19:46 x
先日、偶然、国会中継を見かけたのですが、あまりに子供じみた、馬鹿馬鹿しいお笑い劇場に、呆れました。麻生さんは、半分眠っていたり、下品に、鼻をほじっていました。日本の政治家は、このようなことをしていて、世界一高い給料を受けているのです。
それとは、対照的に、ロシアのプーチンは、すごい激務をこなしています。
ロシアは、1999年から、国民の平均給料が10倍になって、国民は、満足しているそうです。プーチンの政治家としての手腕は、国際問題だけなく、国内の経済にも結果を出しているということです。
日本は、安倍首相の辞任を追い詰めても、また、第二、第三の安倍首相が出てくるだけです。
本当に日本をよくしたいなら、日本が米国の支配から独立しない限りなにも変わりません。攻撃の的は、傀儡ではなく、真の敵に向けなければなりませんね。
Commented by michi-no-yuri at 2018-04-14 12:12
ミルキーさま
コメントありがとうございます。
先ほど、トランプ大統領がシリア攻撃を指示したという速報が流れました。
なんでもフェイクだと言ってきたトランプですが、化学兵器もフェイクだと知りながらも、そうせざるを得ない政治的な背景があったのかもしれません。
国連もシリアが化学兵器を使用したという確たる証拠はないと言っています。
けさニュースで言っていたのが、カメラを持った数人の男たちが毒ガスだ毒ガスだ、水を掛けろと叫びながら走ってきたと住民?が言っていたというものでした。
いかにも工作員を彷彿させますね。
攻撃は限定的なものだということですが、わたしが心配するのは、これで北朝鮮問題が流動的になるのではないかということです。
安部総理が喜びそうなニュースでもあります。
いまいちばん恐れるのは災害です。
そこで緊急事態法で、総理が完全復活するという流れになるのを恐れるのです。
シリア攻撃は、イギリス、フランスが歓迎し支持していますね。
日本もそうですが、この構図が変わらない限り大統領の顔が変わっても何も変わりません。
日本も、次の総理には噂にのぼっている人ではなく予想外の人に出てきてほしいものです。
それでないと何も変わりませんもの。
Commented by ミルキー at 2018-04-14 13:45 x
御返事、ありがとうございます。
シリア現政府を倒して、傀儡の政府を立てることを望んでいる世界権力者と近隣諸国がいるのです。シリアは、物凄い利権が絡んでいますから。
シリアは、学校も病院も無料だと聞いています。そんな国の政府が国民を殺しますか。そして、国際的に非難を浴びて、窮地に立つようなことを政府がするでしょうか。
そして、ロシア大統領選挙の前に、突然、起こった元ロシアのスパイの服毒事件で、証拠もないのに、西欧メディアは、ロシアがやったと決めつけて、ドイツ、フランスは、ロシアの外交官を国外追放しました。ロシアに対する経済制裁もしています。ちなみに、元ロシア・スパイは、入院中ですが、彼の家は、破壊されたそうです。(証拠隠滅のため?)
化学兵器についても、証拠がないのに、世界を揺るがす決定を即刻に行うフランスなどの国に恐ろしさを感じます。さすが、ロスチャイルド銀行で働いていたマクロンだけあります。今も、ロスチャイルドのために働いている売国大統領です。
(彼は、「フランス人はテロに慣れるべきだ」と発言しています。また、「多文化を受け入れないのは、裏切り者だ」とも)
Commented by michi-no-yuri at 2018-04-16 13:02
ミルキーさま
コメントありがとうございます。
シリアもそういう国だったのですか。
リビアがそうでしたね、
たしか結婚したら家が貰えたのですね。
国民の幸せを考えるリーダーを「かれら」は目の仇にします。
奴隷にして管理し、搾取することしか考えていませんから。
西側のメディアは、フセイン、カダフィ、そしてアサドを国民を苦しめる独裁者だと喧伝しました。
そして、世界はそれを信じてしまいました。
アメリカ、イギリス、フランスは悪のトライアングルです。
この壮大な嘘が崩壊する日を信じたいと思います。

ルモンドのことなど、日本では知りようがありません。
いつも貴重で有益な情報をいただき感謝しています。
<< 日報「ありました」で済む話では... 総理のついた一つの嘘がたくさん... >>