人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

二十九日 その一  官邸はマフィアかゲシュタポか。

北朝鮮関係筋によると、日本政府が最近朝鮮総連を通じて首脳会談の開催の意思のあることを北に打診してきたということです。
6月初めにも平壌で日朝首脳会談が実現するかもしれません。
米朝会談が決まり、金正恩が訪中するという急転直下の動きに、官邸は蜂の巣状態なのが目に見えるようです。
しかし、こんなことは今までだって、総理の身内のような統一教会や総連を通じてできたことだったのではありませんか。
わたしは、あえてそうしなかったのではないかと思っているのです。
圧力強化やミサイル発射は出来レースではないかと疑っていたからです。
首脳会談が実現すれば、イヤでも拉致問題は結末を迎えることになります。
故意に?伸ばし伸ばししてきた拉致がついに結末を迎えそうです。

総理は辞任しそうにありません。
辞めたら即逮捕になるそうで、、もしかしたら、中国に倣って永世総理を企んでいるのかもしれません。
実際そんな話も出ていたのではありませんか。


c0243877_1018756.jpg


なぜ安倍一強なのかと疑問に思う人がたくさんいます。
わたしも長い間分からなかったのですが、最近になって思ったのが、官邸がマフィア化しているからではないかということです。
悪の因子を持っているような人間ばかりを登用した結果鉄の結束が出来上がっているのではないかと。
(悪党は、悪の因子を持っている人間は一目で分かるはず。)
スネに傷持つような人間が重宝されるという犯罪集団です。
それでなくても長期政権は必然的に独裁化し、そして腐敗します。
佐川さんへの質問に立った丸川珠代さんなどさしずめ腐敗した権力にたかるハエです。
腐った権力を栄養にして生きているのです。
自民党内から倒閣運動が起きないのは、声を上げられないような空気があるのでしょう。
一般人がヤクザにものが言えないのと同じような状況があるのではありませんか。

なにかにつけ小泉進次郎がカメラの前に立ちますが、かれはワンフレーズを言うのがやっとなのです。
頭が悪いから、何も考えていないから、続きの言葉が出てこないのです。
国民はこんな人間に何を期待するのでしょうね。
総理にでもなった暁には、父親がそうであったように「ハッタリ」で通すしかありません。


c0243877_10182762.jpg










×
by michi-no-yuri | 2018-03-29 10:20 | Comments(0)
<< 二十九日 その二  金正恩が動... 佐川さんにあれ以外の答弁は考え... >>