人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

異常人格者が総理大臣をしている。

きのうの「Mr.サンデー」に橋下徹が出ていて、例によって早口でまくし立てていました。
いつも思うのが、なぜこの人物にだけ発言の機会が多く与えられるのかということです。
以前、同じフジ系列の関西テレビで、青山繁晴が一時間以上の時間を与えられてあることないこと喋っていたときもそう思いました。

「森友改竄問題を斬る」ということですが、自分を第三者だとする印象操作がみえみえで、そのための番組だったようです。
私立小学校認可の審査基準を緩和したことを、まるで閉ざされていたものを解放したかのような口ぶりでしたが、認可したのが森友だけだったということで、最初から森友ありきだったのは明白です。
いずれそこにもメスが入れられるのでしょうが、すでに橋下徹は国からの圧力があったと逃げを打っています。
それにしても、総理が下野時代に大阪にきて「そこまで言って委員会」に出たり、たかじんさんといっしょにお風呂に浸かっていたりしていたのは何のためだったのでしょうね。
年末になると、恒例のように橋下徹、松井一郎、総理、菅官房長長官の4人が逢っていましたが、何を話していたのでしょう。


異常人格者が総理大臣をしている。_c0243877_1028163.jpg


きのうの自民党大会で総理が、国民の行政に対する信頼を揺るがした責任を痛感している、組織を根本から立て直すと言っていたのですが、精神を病んで強制入院している患者が、病院をぬけ出して勝手に演壇に上がって演説しているような印象を受けました。
まだ言葉によって国民を騙せるとでも思うのでしょうか。
生き残るために見苦しいまでの悪足掻きをしています。
24日には、呉の海上保安庁の卒業式に出席し、(現職の首相が卒業式に出席したのは平成18年の小泉元総理以来2人目)「法の支配にのっとった自由で平和な海を後世に引き継いでほしい」と訓示しています。
総理の口から法の支配、自由、平和という言葉がでてくることがわたしには堪え難いまでに悍ましい。

きのうの新宿にはたくさんの人が来ていました。
デモは届け出が必要でも、人が自然に集まってくるのまで事前に規制することはできません。
警視庁はせいぜい国会周辺を水も漏らさ厳重な警備体制を敷いて世界に恥を晒せばいい。
あの警備はもちろん交通整理のためではありません。
暴動を恐れているのでもありません。
警察権力を誇示して国民を萎縮させるのが目的です。
権力の犬をして恥ずかしくないのでしょうか。


異常人格者が総理大臣をしている。_c0243877_10284873.jpg









×
by michi-no-yuri | 2018-03-26 10:31 | Comments(0)
<< この寂しさはどこからくるのか。 振り返ったら後ろには北朝鮮しか... >>