ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

どこからもやる気が感じられない。

名護市長選では期日前投票をした人が44パーセントにものぼったそうで、名護には、日曜日でも抜き差しならぬ用事のある人がそんなにいるのかと不審に思いました。
これでは投票日の意味がありません。
早く済ませてしまいたいという心理なのか、或いは、期日前投票を奨励するようなムードがあったのか、とにかく異常な数字です。

わたしは、不正選挙の証拠がなくても、そういう疑問を持っている国民がたくさんいることを国会に届けてほしいと思わずにいられません。
山本太郎さんの街宣でも必ず出る疑問ですが、証拠がないことにはと、太郎さんも消極的です。
なんども言うことですが不正選挙だと言ってほしいのではありません。
そういう疑問を持っている国民がたくさんいるということを国会で言ってほしいだけなのです。
このままでは、ほんとうに国民は投票意欲を失います。
いのちと暮らしに直結する政治に関わることができる唯一の機会であり、その貴重な一票なのです。


c0243877_10502160.jpg


憲法が時代にそぐわなくなったと言う人がいますが(そんなバカなことはありまん)ほんとうに時代にそぐわないのが世論調査の方法です。
もう、固定電話にかけるのも限界にきているのではありませんか。
まず働いている人の声が世論に反映することはありません。
そういう世論調査の結果に一喜一憂したり情勢判断の参考にしている人がいますが、愚かしいことだと思います。
世論調査の結果は何の指標にもなりません。
オンライン投票は怖くてできないでしょう。
一発で正確な世論が出ては困りますからね。

枝野さんは籠池さんの釈放を要求しましたが、言うだけですか。
辻元さんもなんかエラくなってしまったような感じだし。
ほんとうにやる気が感じられません。
ただ一人面会ができる弁護士と長男の籠池佳茂さんも同席してもらい、日本記者クラブででも記者会見しようというような考えはないのでしょうか。

先日の「時事放談」に出ていた村上誠一郎さんが、財政の分からない人、隣国と仲良くできない人、国民の痛みが分からない人は総理になってはいけないと言ったのですが、同じ自民党で、三つの条件にことごとく反するような人間が総理をしているのに、何でそんなに鷹揚に構えていられるのかなあと思いました。
(隣の浜矩子さんも皮肉っていましたが)
みんな言うだけですか?


c0243877_10503968.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-02-07 10:51 | Comments(4)
Commented by ミルキー at 2018-02-07 23:05 x
国会で、公職選挙法を改正することを提案することは、不正選挙の証拠がなくてもできることだと思います。
ムサシのような企業が独占的に選挙を管理することができないようにすることが必要です。株式会社が行うのではなく、市町村でやるべきでしょう。こんな状態で、不正選挙がないはずがありません。
日本の平均的な品性の高さからは、考えられない、おかしな人ばかりが、国会に出ています。
証拠がないというが、不正選挙ではないという証拠だって、政府は示すことは不可能でしょう。
Commented by michi-no-yuri at 2018-02-08 15:06
ミルキーさま

コメントありがとうございました。
稲嶺さんの票が途中から伸びなくなったと言うのならともかく、減ったというのが事実なら一発でダメではありませんか。
なにをしているのかと思います。
野党から不正選挙を疑う声が上がらないのも不思議です。
わたしたちがどんな思いで一票を投じているのか分かっているのかと言いたくなります。

わたしは日本を出たことがなくて比較のしようがないのですが、ミルキーさまがそれでも日本人の品性が高い方だと言われたことで、少しほっとしました。
おっしゃるように、国会は最低の人間の吹き溜まりです。
知性、品性のかけらもなく、せめて「情」だけでもと思うのですが、その情もないときています。
利権のおこぼれに与ることしか考えていないような人間が多すぎます。

先日、日本のテレビがパリのマレ区というところを写していたのですが、道路に普通にゴミがたくさん落ちていて気が滅入りました。
Commented by ミルキー at 2018-02-12 15:55 x
パリは、花の都からゴミの都になりました。
アフリカは、ゴミと一緒に住む、ゴミが気にならない『文化』があるようで、難民を受け入れると、こういうことになるということです。ゴミの分別を完璧にやることを国民に義務付けている国に、このような難民を受け入れることができるでしょうか。
パリは、難民のゴミの処理のために、莫大な税金が使われています。
でも ゴミの問題は、枝葉の部分でどうでもいいのです。野蛮な犯罪が増え、国の風景が変わり、自国の文化が消えていき、アイデンティティーが失われていきます。
昨日、パリに用事で行きましたが、地下鉄にフランス人が一人もいませんでした。中東やアフリカの人ばかりで(しかも人相が悪い)、ここは、どこだろうかと考えてしましました。
日本の左系の人が、日本も人道的な立場から、難民を受け入れるべきだと言っていますが、もっと、現実的になってほしいと願います。
フランス人の多くが、自分の国にいながら、外国にいるようだと言っています。
日本が好きなフランス人の若者は、日本に外国人を入れないでほしいと言います。

幻想かもしれませんが、私にとっては、日本が聖域のように思えるのです。そのような日本が。あのような野蛮な習慣と民主主義を破壊する封建的な宗教を頑なに守っている人達に汚されないことを切に願っています。
Commented by michi-no-yuri at 2018-02-13 17:35
ミルキーさま

コメントありがとうございます。
日本が聖域であってほしいと思われるお気持ちは痛いほど分かるのですが、どうやら実態はパリに近づきつつあるのではないでしょうか。
東京などの繁華街では外国語しか聞こえてこないとも聞きます。
上級国民は電車に乗ったり繁華街をぶらついたりすることはないから知らないのでしょうが、たとえ知っても自分とは関わりのないことだと思うだけでしょうね。
わたしにはもう悲観しかありません。
日本人は日本は未来永劫にあると信じ切っているのだと思いますが、歴史上には名前の消えた国は枚挙にいとまがないくらい存在します。

日本という名前がいつの日かに消えないという保証はありません。
先日、姉が、日本人はこれから中国語か英語がしゃべれないと生き残れないだろうと言っていましたが、わたしもそう思います。
日本人が今まで英語が不得手だったのは、日本の中だけで生きられたからです。
これからは、小学校から英語を必修にしなくても、必然として、みんな中国語や英語を流暢に話すようになるのではないでしょうか。
総理がそういう国にしてくれたことを感謝しましょう!?
ほんとうに日本はもう救いようがないところまで来ました。
<< 新しい血を入れることの意義。 六日 その二  排外主義に警戒を。 >>