ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

六日 その一  なんでそんなにムキになるのですか。

国会で答弁する総理の姿を子どもが見ているかもしれないと思うと心配になりますが、案外、子どもの方が総理の人間性を見抜いているかもしれませんね。
籠池さんが、財務省を出たあと昭恵さんから電話があったと証言したことを妻は否定したと言って、総理は籠池さんの言うことは嘘八百だと決めつけました。
こういう場合は、どちらかの言うことが嘘なのですから、第三者の総理ならそう断った上で、しかし自分は妻を信じると言わなければならないのです。
そもそも、籠池さんとは面識がないのだから、それを掌を返すように、しつこい人だとか詐欺を働くような人だと言うこと自体おかしいのです。
何をムキになっているのですか。
前にも書いたように、教育方針はスバラシイ、だから100万円寄付したで良かったのです。
いろいろ出てきた値引きのことは、いまと同じように知らぬ存ぜぬで通せばよかったことです。
それをシドロモドロでムキになるものだから、余程まずいことがあるのだと自ら白状したに等しいことになったのです。


c0243877_1154843.jpg


籠池さんは、大勢のマスコミを前にして、この小学校にはたくさんの人の思いが込められていると言いました。
総理夫妻はじめ、保守系知識人、「日本会議」系の人々が瑞穂の国小学院開設にいかに情熱と期待をかけていたかということです。
これを先駆けとして次々と愛国教育を柱とする学校を増やすという計画だったのではありませんか。
瑞穂の国小学院は頓挫しても、その計画は、道徳教育を徹底させることで達成されていくことになるのでしょう。

総理が庇えば庇うほど、国民の怨嗟が妻の昭恵さんに向けられることを総理は考えないのでしょうか。
おそらく、そんなことを考える余裕はないでしょうね。
総理は自分が底なし沼に嵌っていることが分かっているのだと思います。
そういう状況を乾坤一擲ひっくり返すために用意されているのが北朝鮮であり戦争なのだと思います。

日韓首脳会談で、総理が文大統領にオリンピック後に米韓共同の軍事演習を実行するように進言するつもりでいるらしいことが外に洩れて国会でも追及されました。
総理の下心と焦りが透けて見えます。
南北の融和を阻止したいのです。
日本では、北のミサイルに備えて子どもに避難訓練までさせているのに、、
オオカミ少年になって北朝鮮や中国が攻めてくると大きな声で知らせているのに、ここで仲良くされてたまるものかということでしょう。


c0243877_116265.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2018-02-06 11:06 | Comments(0)
<< 六日 その二  排外主義に警戒を。 総理は自ら墓穴を掘っている。 >>