人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

裏切り者が戦後日本の礎を作った。

総理の祖父 岸信介はA級戦犯で禁固刑7年のところを半分の3年半で釈放されました。
アメリカの公文書には、岸と弟の佐藤栄作の兄弟はアメリカの言いなりになるから首相にして間接統治をすることが書かれているということです。
アメリカの言いなりになりますと誓って釈放されたのでしょう。
その後、総理になった岸が憲法改正を言いだしたのは、これもアメリカの指示だったのではないでしょうか。
平和憲法はアメリカにとって不都合なものだったと思われるからです。
なによりもアメリカの軍需産業にとっては。
安倍政権が続くのも、やはりアメリカにとってこれほど旨味のある政権もないからでしょう。
兵器はばんばん買ってくれるし、戦争もしようという男は、アメリカにとっては飛んで火に入る夏の虫です。
アメリカがもっとも嫌うのは東アジアが平和になることです。
小泉政権もそうでしたが、安倍政権が続くのも理由は一つ、アメリカに都合がいいということに尽きます。
アメリカの言いなりになる人間には、「ゴホウビ」が出たのです。
佐藤栄作には形だけの沖縄返還。
小泉総理には訪朝と靖国参拝。
しかし、安倍総理にゴホウビが無いのは総理の大日本帝国へのノスタルジーをアメリカが嫌ったからだと思います。
A級戦犯を「自らの魂を賭して祖国の礎になられた」として哀悼の誠を捧げたような人間をアメリカは決して忘れないでしょう。
しかし、そういうことを差し引いてもおつりがくるほどの利用価値が総理にはあるということです。


c0243877_10361483.jpg


きょうの新聞を開いて驚いたのは、星野仙一さんの死去が一面トップを飾っていたからです。
これでは、長嶋、王さんのときはどうなるのでしょう。
号外くらいは出るかもしれませんね。
「ポスト」さん(ポスト米英時代)が書いていることは、さすがです。
そういうことだと思います。

「ナベツネのパシリとして、ノムさんが、長嶋より偉大に見えないように功績横取り人生の仙一が死去である。」

わたしが先日書いたように、よみうりは阪神の監督になったノムさんに嫉妬したのです。
長嶋さんより人気者になることを断じて阻止したかったのです。
よみうりは、たとえナベツネさんが死んでもその体質は変わらないのではないでしょうか。
思えば長島さんの人生って哀れですね。


c0243877_103777.jpg










×
by michi-no-yuri | 2018-01-07 10:32 | Comments(0)
<< 国賊 石原慎太郎。 狂信者どもの大きな声に惑わされるな。 >>