人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

松本人志さんと村本大輔さんの対決が見たい。

町山智浩という名前は知っていても、どういうことを言っている人かまでは知らなかったのですが、最近、かれの書いた「日本のお笑い芸人が権力批判できない理由」が話題になっています。
しかし、あらためて町山さんに指摘されることでもないのではないかというのがわたしの率直な感想でした。
博多大吉さんが言った「安倍政権批判は大きなリスクがある」もそうですが、鴻上尚史さんの「テレビが許さない。それだけの理由です」の発言がすべてではありませんか。
政権だけではなく、力を持つ芸能プロダクションの批判も禁句で、かってはそれで干されたタレントもいました。
発言に神経質になるのは当然です。
また、テレビはスポンサーで成り立っているのですが、スポンサーの多くが政権側、自民党寄りということもあり、テレビが許さないというのは、それだけ局がスポンサーの顔色を窺っているということです。
しかし、そのスポンサーも視聴者(消費者)の顔色を窺わなければならない弱い立場です。
結局、主権者である国民が何も言わないことがいちばん悪いということになります。

町山さんの記事を読んで、ウーマンラッシアワーの村本さんは「おれはやる」と呟き、さらに「町山さんの解釈もだいぶおれと違ったから今度この話をしたい」と書いています。
実際に、その中にいて戦っている人間と部外者とではその感じ方には大きな落差があることでしょう。
村本さんが「おれはやる」と言うのは、黙っているにはあまりにも愛があり過ぎるからだろうと思います。
その愛も愛国心などという安っぽいものでないことはかれの発言を拾っていけばよく分かります。


c0243877_1058622.jpg


松本人志さんが、「ワイドナショー」で上原多香子さんの不倫報道についてのコメントがボツにされたことに激怒して、番組を降りるようなこともちらつかせていたという。
だったら、これ幸いに降りてもらえば良かったではありませんか。
浜ちゃんのようにMCが務まるわけでもなく、漫才やコントをするでもなく、ただ、自分の発言の影響力の大きさの上に胡坐をかいているだけの人間など要らないのです。

情報番組からバラエティ、トーク番組などすべてに台本があるということです。
テレビではたくさんのタブーがあることはだれだって知っています。

テレビ局は松本人志さんだけではなくかれの可愛がっている後輩にまで神経を使っているそうですが、何を恐れているのでしょう。
かれがいなくなっても代りはいくらでもいます。
芸能界のためにも、新陳代謝や風通しを良くすべきです。
下剋上でなければ何も変わりません。
たけしさんの位置を狙っているのかもしれませんが、たけしさんに聞いてみればいい。
どれだけ言えないことがたくさんあるかを、、
それを打破したいというのなら、ブツブツ言ってないで、タブーに果敢に挑戦することです。
村本さんはそれをやっていますよ。
いちど村本さんとの対談、対決を見てみたい。
ノーサイドで。
共謀罪賛成で、冤罪もやむを得ないとする松本さんはすでに敗けているのですが。


c0243877_10583290.jpg











×
by michi-no-yuri | 2017-08-28 11:01 | Comments(0)
<< マスコミはいつだって悪魔の手引... 虚空のような現実の世界。 >>