人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

 トランプは「情の人」?

トランプが全米のメディアをトランプタワーに召集したことを孫崎享さんが

「内容はすべてオフレコ。大統領権限で圧力をかけてくる。米国はメディアの暗黒時代に入って行く。日本の安倍政権は先取りしていますが。記者会見せず、一本釣りで情報提供の手法を取っていく。」

とツイートしておられることに、わたしは「え!?」と思いました。
もちろんわたしはトランプのこれからのメディア戦略を知る由もありませんが、仮に百歩譲ってそうなるとしても、暗黒時代に入って行くということは、いままではそうでなかったのかという疑問が残るのです。

トランプとクリントンの支持率がず~っと拮抗していたことの不自然さ。
メディアがいっせいにトランプのネガキャンを張っていたことの不自然さ。
トランプはそのつど、「メディアによる偏ったフィルター」「メディアは不誠実で、そして腐敗している」と非難してきました。
主要メディアの57社がクリントン支持を打ちだし、トランプを支持したのはわずか2社だけでした。
今回、嫌というほど分かったのが、日本以上にアメリカのメディアがユダ金の洗脳下にあるということでした。


c0243877_10354457.jpg


大分前のことになりますが、イランのアフマデネジャフ大統領が欧米のマスコミを招いて会見をしたことがありました。
そのときわたしは、欧米の記者から発せられる質問の程度の低さ、無知に唖然としたものでした。
かれらは、なにも知らない、知らされていない、そして知ろうともしない迷妄の中にいるようでした。
今回、世界のメディアが茫然自失したそうですが、ぜひこれを真実を知ろうというきっかけにしてほしいものです。

トランプは、就任式まで待てずに、所信をビデオメッセージにしてユーチューブで流しました。
メディアは反発しましたが、メディアはこれからはトランプがユーチューブで流すメッセージをテレビや新聞で取り上げるだけの存在になるかもしれません。

選挙期間中、「ヒラリーは刑務所に入るだろう」と言っていたトランプですが、クリントン一家を傷つけたくないからと訴追を求めない方針だそうです。
トランプが分裂を好まず、国民の融和を図ろうとしているところにも、いままでの「分断して統治する」という政治手法への強い不満や批判があるように思います。
「情の人」「思慮深さと同時に決断できる人」と言ってはトランプ観を誤ることになるでしょうか。


c0243877_10364121.jpg











×
by michi-no-yuri | 2016-11-24 10:32 | Comments(2)
Commented at 2016-11-24 18:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by michi-no-yuri at 2016-11-24 19:51
ツユクサさま

コメントありがとうございます。
やはりそうでしたね。
一瞬迷ったのですが、大統領は宗教指導者のハメネイとかハタミではないかと思ってしまいました。
ご指摘感謝します。
<< 二十五日 その一  プーチン大... 二十三日 その二  安倍政権は... >>