人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

一日 その一  醜い日本人。

中國の王毅外相が、日本に対して、南京に来て謝罪をしろと言ったそうで、それについて曽野綾子さんが「南京で日本兵の何人が殺さなくてもいい無辜の市民を殺したたか、歴史の解釈の違うところだ」と書いておられますが、解釈の違いとは、被害者の数のことですか。
続けてこう書いておられます。

「戦後の日本は70年間も外国で戦わなかったのはもちろん、むしろ、平和構築のために働いてきた。国民の思想表現の自由も妨げず、人体に有害な食品も売らず、、」
「その間に、中國は、大気を汚染し、有害な食品を売り続け、、」


70年間戦争をしなかった日本が、去年安保法案を通して戦争のできる国にしたとき、曽野さんは何と言われましたか。
安保反対を唱える世論に対して、批判的、冷笑的な記事を書いておられませんでしたか。
戦前の空気に似てきたと言った人に対して、自分は戦前、戦中に少女期を過ごしたが、まったくそんな空気を感じなかったと書いておられましたね。
70年間戦争をせず平和を築いてきたことを自慢されるのなら、なぜ安保法案に反対されなかったのでしょう。
総理の、国の安全を守るためという虚言を信じておられるのなら、物書きとしては余りにもナイーブです。


c0243877_105433.jpg


マナーが悪いとか、空気が汚いとか、模倣が横行しているとか、中國を下に見て笑っている日本人をわたしは醜いと思います。
こういうことを書けば、反日、親中だと思われるのですが、わたしは中国が好きなわけでも擁護したいわけでもありません。
わたしは日本人だから、日本に責任を感じているだけです。
日本を愛するがゆえの責任です。
他国の悪口を言ってまで日本を自慢しようとは思いません。

日本も戦後、アメリカの真似ばかりしてきたのでしょう?
そこら中に、アメリカのアニメのキャラクターが氾濫していたのではありませんか。
日本のトイレだってどれだけ汚かったことでしょう。
中國人のマナーが悪いのも、空気が汚いのもみんな日本が通ってきた道です。
遅れて中國が同じ道を通っているだけです。
日本の食品も添加物まみれだと言われています。
曽野さん、なによりも、放射能に汚染された農水産物が普通に流通していることをどう説明しますか!
中國のことを言っている場合ですか!


c0243877_1051750.jpg










×
by michi-no-yuri | 2016-06-01 10:08 | Comments(0)
<< 一日 その二 サミットの成果を... 「支離滅裂」 (「水瓶座時代」より) >>