ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

十五日 その二 邪な人間が考える改憲。

総理は今夏の参院選を改憲を争点に戦うことを鮮明にしましたが、ここにきて、党内からそれにブレーキをかける意見が出てきました。
この動きは案外大きくなるような予感がします。

高村副総理は「大きな争点として国民が受け止める状況にない」と言い、二階総務会長も「多くの人が穏やかな関係で賛否を言える状況をつくらなければならない」と言っています。
高村さんなど、憲法違反の安保法案をゴリ押しした人の意見とは思えません。
安保法案だってまったく国民が受け止める状況ではありませんでした。
やり過ぎたことに良心が咎めたとは思えず、要するに、周囲から反対の声が澎湃として起きているということではないでしょうか。
自民党員の50数%が改憲に慎重だということですから。
また、「日本会議」の副会長を務める小堀桂一郎さんも、こんな大事業を今年中にやることには無理があると言っておられるのです。

急いてはことを仕損じるということでしょうか。


c0243877_1458374.jpg


憲法改正なんてトンデモナイことです。
改憲論者が何を変えたいか分かっていますよ。
憲法の三大原則の主権在民、基本的人権、平和主義を目の仇にしているのです。
憎んでいるのです。
こないだも、慰安婦は売春婦と言った自民党議員がいました。
まるで、生まれながらの売春婦がいて、人間として一人前に扱う価値もないように思っているようで、ゾッとします。
いつ、男が兵隊にとられ、女が売春しなければならないか分からない世の中ではありませんか。

わたしは中でも基本的人権がもっとも大切だと思っているのですが、改憲でもっとも狙われているのが人権の制限ではないかと不安にかられます。

しかし、なにごとも変わらないものはありません。
万物は流転するのです。
要するにスパンの問題ですが、そのスパンが縮まっているような感がします。
あっという間に風向きが変わることもあります。

しかし、株が下がり続け、フクシマが隠しきれなくなってきたことから、何が起こり、何が起こされるか、しっかり見ていなければと思います。


c0243877_14591594.jpg










×
[PR]
by michi-no-yuri | 2016-01-15 15:01 | Comments(0)
<< 十六日 その一  大学に行く以... 十五日 その一  「平和であっ... >>