人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

昨日とは違う今日の空気。

毎朝目が覚めると、日本は別世界になったことを思って深いため息をつきます。

そして、この昨日に変わる今日をなんと表現したらいいのだろうとしばし思案に暮れるのが朝の日課のようになりました。

この変化を、大多数の人がタカをくくって見ているのでしょうが、わたしはとてもそんな気にはなれない。

まして、安倍総理を支持して日本大好きなどと言っている人には本気で「頭大丈夫?」と怒鳴りつけたくなる。


19日の国会前のデモで逮捕された人たちが釈放されて先ずはよかったと思うものの、戦前回帰の悪しき典型がはや現出したことに暗然とします。

「あなたのような思想犯は、、」と取り調べの警官が言ったらしいことを知りわたしはゾッとしました。

警察の中には、どういう人間が思想犯かの詳細な識別表のようなものがあるのだと思います。

まず、トップに来るのが、アカ=共産主義者でしょう。

(警察の頭は戦前のままです。)

そして、体制や組織に逆らう者、世間から浮いている者などもそうでしょう。

戦争反対を唱えている人間も警察から見れば思想犯になる怖さ、、

その内、若いママたちも思想犯にされるかもしれません。


c0243877_9581577.jpg


わたしにとって、思想とは生活のことです。

よりよく生きたいと考えるのが思想だと思っています。

警察官は決して自ら考えることはありません。

識別(色別)表に従って行動しているだけです。

しかし、驚くのが総理もそうだということです。

「ニッキョーソ」と野次ったり、戦争反対を言う人たちを「左翼くん」というキャラで呼んだり、現憲法を「みっともない」と言ったり、すべては人が貼ったレッテルを信じているだけで、何一つ自分の頭で考えたことがないのです。

総理の頭の思考回路が警察官と同じであることにわたしはゾッとします。

総理のポスターの顔に落書きしただけで71歳の男性が逮捕されました。

犯人に目星をつけて張っていたそうですからご苦労なことです。

政権がいかにこういうことに「ムキ」になっているかということです。

今に、息もし辛いような社会になるのでしょう。

こんなブログもいつまで書いていられることかと、、


c0243877_9593392.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-09-27 10:18 | Comments(0)
<< 人のほんとうの価値が分からない... 後藤田正晴の死と共に終わった?日本。 >>