人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

曽野綾子さんのこと。

産経の曽野さんのコラム「小さな親切、大きなお世話」に、きょうは「当事者でない者の謝罪」と題して、謝罪とは当事者同士でないと為し得ないのではないかと書いておられます。

国家の罪を個人のことに転嫁しておられるのですが、だれも個人に、まして曽野さんに謝罪しろなどと言っていないのです。

中國は悪いのは指導者であって日本国民には罪はないと言いました。

戦後賠償の請求権を放棄したのがそういう考えに基づいたものかは分かりませんが、事実はそういうことです。

(事実を言っているだけですから、中国の工作員などと思わないでくださいね。)

ところが、日本はその戦争指導者のA級戦犯を靖国に合祀したのです。

天皇が、信義にもとる行為だと思われて参拝を取りやめられたとしてもなんの不思議もありません。

A級戦犯を靖国に合祀したころから、一部の人間の間で「戦前回帰」の野心が蠢いていたのかもしれません。


c0243877_1112163.jpg


曽野さんは謝罪を要求しているのは中韓だと思っておられるようですが、いちばんそれを要求しているのが、戦争の相手国であるアメリカであり欧米列強です。

アメリカが総理の演説内容にまで干渉してくるのは、もう二度と自分たちに逆らうことは許さないという強烈な意志のメッセージです。

いちばん日本に厳しいアメリカを日本の味方などとは間違っても思わないことです。

曽野さんが

「戦後の日本人は、国中焦土になった中から復興し、誠実に働いて優良な製品を作り、人道にもとる行為もせずに生きてきた。

それが過去の戦争に対する反省であり償いでもあろう。」


と書いておられることはその通りかもしれません。

その象徴が日本国憲法です。

それを根底から覆そうとしているのが総理だということが、なぜ曽野さんには見えないのでしょうか。


c0243877_112148.jpg


総理は日本を「再び」世界の真ん中で輝く国にしようと言いましたが、かって世界の真ん中で輝いたとは、なにを指しているのでしょう。

そのような実績や実態があったのでしょうか。

海を渡り、はるか遠い国にまで侵出して戦ったことが輝いたということでしょうか。

しかし、総理の頭にあるのは真珠湾攻撃と特攻隊の映像だけで、300万人の国民が死んだことにはまったく想像が及ばないようです。

つまり、世界の真ん中で輝やいたとは、真珠湾攻撃であり、特攻隊を指しているのです。

あとのことはどうでもいいのです。

国民のいのちや暮らしのことなどまったく眼中にありません。

曽野さんも似ていますね。

クリスチャンの曽野さんから、いのちや暮らしに対する眼差しを感じたことはありません。

いのちへのかなしみや慈しみを感じたことはありません。

皇后陛下が、ゆすり蚊を見て詠まれたいのちのかなしみのことです。


c0243877_1134757.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-04-26 11:06 | Comments(3)
Commented by ミルキー at 2015-04-26 20:58 x
国際平和支援法;国連決議がなくても、外国が戦争した時に、自衛隊が弾薬や食料、燃料を提供することを可能にする法律。こんな法案を自民党と公明党は話し合っています。憲法に抵触しているだけでなく、軍資を運ぶ任務は、一番攻撃の的となり、とても危険です。
自衛隊の外国派遣を阻止することが、平和の最初の砦であるはずですが、国民は蚊帳の外で、議論がされず。閣議決定で多くの法律を通そうとしています。

軍事専門家によると、中国の軍事力がさらに増強した場合、米軍は戦略的撤退を開始するそうです。
米国が日本を守ってくれるという妄想は、捨てましょう。
守ってくれるどころか、米軍の下請け、米軍の盾にされると考えるべきでしょう。

安倍首相が米国へ出発。ブルーな気分。
もう日本へ帰ってこなくてもいいですよ。
戦闘地へ流罪させてしまいましょう。(冗談^o^)
Commented by asayasu at 2015-04-26 23:15 x
「いちばんそれを要求しているのが、戦争の相手国であるアメリカであり欧米列強です」
そうかもしれませんね。黄色い猿が恐れ多くも白人に世界中で初めて逆らったのですから。戦争では黄色い猿を徹底的に痛めつけることは出来ましたが、黄色い猿のお陰で世界中の植民地が独立することになりました。たぶんご存知だとはおもいますが、ビルマのバー・モウ首相は「日本ほどアジア人を白人から離脱させることに貢献した国はない。しかし日本ほど誤解を受けている国はない。」 インドのネール首相「日本は謝罪を必要とすることなど、我々にはしていない。それ故インドはサンフランシスコ講和条約には参加しない。」 タイ国首相のククリット・プラモート氏「日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが生まれた子供はすくすく育っている。」
エジプトのナセル大統領「アジアには日本があった。しかしアラブには日本がない。」 アムステルダムのサンティン市長「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦したがその東亜の解放は実現した。日本の功績は偉大であり、血を流して戦ったあなた方こそ最高の功労者です。」
これもご存知だと思いますが中国共産党は日本軍と戦っていません。逃げまわり蔣介石軍に戦わせその消耗を待ちました、大陸で最も民衆に寄り添っていたのは日本です。蔣介石国民等も毛沢東も軍閥等も略奪強盗強姦高税の取立てなど厳しいものでした。日本軍が最も規律厳しく灌漑工事をしたり農作物の指導をしたりインフラにも相当日本国民の血税を注ぎ込んでいます。蔣介石、毛沢東などはそれを壊して回っています。決して民衆の味方などではありません。日本が米国に負けた後、毛沢東は3000万人とかの民衆を虐殺していますし、蔣介石は台湾で残虐非道なことを台湾の人々にしています。
Commented by michi-no-yuri at 2015-04-27 09:15
ミルキーさま

コメントありがとうございます。
あれよあれよと思う間もなく、集団的自衛権は閣議決定される運びとなりました。
なんでこんなことに!と思わない日はありません。
でも、先日も書きましたが、総理のことはもうどうでもいいのです。
自民党の中や国会議員の中からだれ一人異議を唱えたり反対して党を出る人がいないのは余りにも異常ではないでしょうか。
共産党も何をしているのかサッパリわかりません。
唯我独尊の共産党なんか存在しないも同然です。

日本はどこまでも当てにしていますが、アメリカは中国とは戦争なんかしませんよね。
そんなことも分からずに、総理は日米同盟強化と言っています。

どっさりお土産を持っていきましたから、オバマ大統領も前回とは違い少しはご機嫌な顔をみせるのでしょうか。
会見で、共にTPPの妥結したことを喜ぶ発表でもするのでしょうか。
<< コメントへのお答え。 存在の耐えられない軽さ。 >>