人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

「I am not Abe」

古賀茂明さんへの批判的なコメントを見て、わたしはその程度の認識なのかと失望と怒りを覚えました。

言うまでもなく、問題は古賀さん個人ではなく、古賀さんが訴えておられたことです。

日本がとんでもないことになろうとしているのに、この静けさは何だろうという焦りと絶望感、、、

結局、古賀さんを批判している人たちは図らずも日本への無関心と無知をさらけ出したことに気がつかないのです。

小林よしのりさんが古賀さんを「被害者意識が強い」と言っていますが、つまり、小林さん自身に日本人としての被害者意識も危機感もなく、危機的状況がまったく分かっていないということです。

こんなときでも個人攻撃しかできない人間がいることに悲しくなります。


c0243877_1127546.jpg


また、小林さんは「コメンテーターなんて、そんなに執着することか」と言っているのは、自分がテレビからお呼びがかからないことへのウップンですか。

しかし、テレビに出ることは執着すべきことなのです。

山本太郎さんは執着しています。

なぜか? それほどテレビの影響は大きいからです。

自分の考えをできるだけ多くの人に伝えたいからテレビに出ることに執着するのです。

個人的な動機ではありません。

被爆に無関心な人が多いのも、テレビが政府の意向に忠実だからです。

だから、太郎さんは被爆の現実を知らせたいと必死なのです。


c0243877_1129857.jpg


古賀さんをテレビ向きではないという声が多かったということで、わたしはバカも休み休み言えと思いました。

情けなくて涙が出ます。

テレビ向きの人ってテレビに出ることの「責任と義務」を知っているらしい竹田圭吾のような人間のことですか。

毒にも薬にもならない人のことですね。

局の方針に添うコメントをすることが「義務であり責任」だと考える人間のことですね。


c0243877_11293218.jpg


ほんとうに哀しくなります。

高村副総理がアメリカへ行って、自衛隊員のいのちを差し出したというのになにも関心を示さない日本人、

アメリカが南シナ海での戦争まで示唆しているというのに、何も感じない国民。

ポーツマスの不平等条約に怒り、全権大使の小村寿太郎を帰国させるなと激昂した日本人はどこに行ってしまったのでしょうね。

進んで日本を売ってきた高村さんは、何も心配することなく、むしろ凱旋気分で帰ってくるでしょう。

山本太郎さんの街頭記者会見は、カメラを向けないのでどれほどの聴衆がいたのか分かりませんが、近くを多くの人が通り過ぎていきました。

立ち止まることもしない人々、、


c0243877_11305664.jpg


古賀さんが橋下市長のブレーン?だったことや規制撤廃論者だということは知っています。

だからどうなのですか。

そんなことに囚われ引っかかって本質を見逃している人がたくさんいることがわたしは嘆かわしい。

わたしは古賀さんが「アイ アム ノット アベ」と言われたことに賛同し感動しているのです。

それがすべてなのです。

批判する人は「アイ アム アベ」か「アイ アム ノット アベ」か旗幟を鮮明にしてほしい。

もちろん、これは総理個人への好悪ではありません。

そのことに日本の運命がかかっているということです。

どちらでもないとか関心がないという人は黙っていてください。


c0243877_11311670.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-03-29 11:33 | Comments(6)
Commented by machidanooka at 2015-03-29 12:19
”いいネ”ボタン復活を!

以前、確か「イイネ!!」ボタンがありました。
「そのとうり!」「よくぞ言った!」「同感!」をぜひ
伝えたい際には重宝しました。

昨日も本日もとてもいい記事です。こんな時はいいねボタンが
あるといいのに、と思うのです。
Commented by michi-no-yuri at 2015-03-29 17:34
machidanookaさま

ありがとうございます。
以前「イイネ」が消えたことがあったのですが、そのときは知らない間に復活していましたので、今回もそうかと思って待っていたのですが、随分月日が経ってしまいました。
あまりにも時間が経ってしまい、遠いアメリカから、必ず「イイネ」をつけてくださっていたわたしが「ひとりの人」と呼んでいる方にも言い訳できないような状態です。
復活させる方法をご存知の人がおられたら教えてくださればありがたいのですが。
「イイネ」が何十もついている人もいるようですが、わたしは最高で「5」でした。
たいてい「1」でした。
そんなことはないでしょうが、「10」を超えたら怖くなりますw
Commented by Choosy村田 at 2015-03-29 20:27 x
こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
私も、件の「報道ステーション」を観ていたのですが、正直な話、古賀氏の勇気ある行動に感銘を受けました。
この件については、「古賀氏が全国に向けて問題提起した」ことが重要なのですね。日本のマスメディアがいかに腐敗しているか、ジャーナリズムの役割を放棄しているかという事実を、多くの日本人に伝えようとしたのでしょう。そして安倍政権の恐るべき情報統制を、です。
これだけでも彼の行動は称賛に値します。

IWJのインタビューでも話しておられましたが、古賀氏は自分の利益のためにあの行動をしたのではありません。「自分のため」なら、逆にあれは絶対にしないですから。

私も、現在の日本はすでにディストピア化が進行していると思います。何の力もありませんが、とりあえず「黙らない」ことだけは、続けたいと思っています。
Commented by michi-no-yuri at 2015-03-29 22:43
choosy村田さま

コメントありがとうございました。
わたしもほんとうに勇気のある行動だと思って感動しました。
いろいろ言う人がいますが、古賀さんや山本太郎さんはだれもしないこと、だれもできないことをされたのです。
それだけでも凄いことだと思います。

さきほど「阿修羅」で、元フジアナの長谷川豊という人の記事を読んで気分が悪くなりました。
わたしのもっとも苦手とする人間です。
わたしも真面目とは言い難い人間ですが、それでも人が真剣に訴えていることを揶揄したりふざけて批判する行為は許せません。
唾棄すべき行為です。
それがどれほど恥ずかしいことかも分からずにいい気なものだと思います。

とりあえず「黙らない」ことだけは続けたいと書いておられたことに勇気をもらった気持ちになりました。
ありがとうございました。
Commented by ひたくれない at 2015-03-31 18:15 x
百合さま、
まさに生放送の醍醐味を味わった感じです。発言内容もその時間も決まっているようでは 台本通りの学芸会と同じでは無いでしょうか。臨機応変に生の声が聞かれることこそが面白いのに、これからは益々制限されてしまうのでしょうね。また国民サイドに立って頑張っていらしたプロデュウサーも左遷されたとのことで、古賀氏の思い切った行動によってメディアの内部事情も明らかになりました。でもそれに対して何も抗議できない無念さが残ります。
「わが軍」とか「積極的平和主義」などと安倍首相が自分勝手で矛盾することを平気で言っても その理不尽さを止める手立てのなさに打ちひしがれている最近です。というより安倍首相の後ろには大きな力が隠れているそうですで、私の能力では暗闇しか見えません。さまざまなブログが現状を訴えてその分析をしてくれますが その解決方法を示唆してくれるものは見当たりません。
日ごとに悪化していく故国をただ見ているのは本当に辛いことです。
ガンジーさんの言葉もよく分かりますが ただそれだけでは、と思ってしまいます。

天霧らう余寒を払い久方の光のどけき花をのみ待つ
Commented by michi-no-yuri at 2015-04-01 07:52
ひたくれないさま

コメントありがとうございました。
わたしも古賀さんがニュース以外のことを喋ったと非難されていることが理解できません。

江川紹子さんが、貴重な時間を個人的な恨みに使ったと批判していますが、あれを個人的な恨みとしか感じられないのは、精神の貧しさ、卑しさ以外の何ものでもなくジャーナリスト失格だと思います。
その他多くも個人的な見解を喋ったことを批判していますが、意味が分かりません。
結局いまの状況にまったく危機感を持っていないということです。
エゴイズムしか感じません。

ひたくれないさまの「うた」わたしは好きです。
現代歌人のうたは殆ど知らないのですが、「気の利いた」風なうたというか情緒的というか、そういううたが持て囃されているように感じてあまり好きではありません。
ひたくれないさまのうたはそういうものと違うように感じています。
バックボーンですね。
<< 一蓮托生の官邸とマスコミ。 腹を括った男の顔は美しい。 >>