人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

憲法を嘲笑した総理。

きのうの衆院本会議で岡田克也さんが代表質問を行っている間、総理は下を向いて自分の原稿を読んでいました。

せわしなく口が動いていましたから、黙読ではなく音読をしていたようです。

そして、岡田さんが改憲に触れた中で、われわれは70年間憲法を守り育ててきたという意味のことを言ったとき、なんと、総理はなお原稿に目をやりながら、嘲るように声を立てて笑ったのです。

(どうかそのときの映像をテレビで流してほしい。)

わたしは、総理はもう自分の精神状態をコントロールできない領域に達してしまったのかと衝撃を受けました。

そう言えば、きのうの総理は明らかに「躁状態」でした。

(今テレビを見たら、「躁」は殆ど収まっているように見えました。)

何がきっかけで「躁」になるのか分かりませんが、わたしには思い当たることがありました。

お昼のニュースが、来月、オバマ大統領夫人のミッシェルさんが訪日すると伝えていました。

総理のご機嫌がいいのはこれではないかと思いました。


c0243877_11135793.jpg


総理はアメリカから頭を撫でてもらったのではないでしょうか。

アメリカの軍事目的のためにお金だけではなく、自衛隊もだして立派にアメリカの代わりを勤めますということですから、感謝されて当然でしょう。

アメリカは総理に「ごくろう」と言ったのかもしれません。

お礼の印としてミッシェルを遣わすと。

これで日米関係の親密さを国民にみせつけられると総理は喜んだに違いありません。

あの嘲笑は、安堵感からつい気が弛んだということだったのでしょうか。


c0243877_11143893.jpg


議長席の前に議員がずら~っと並んでいてナニゴトかと思ったら勤続25年を迎えた議員を表彰するというものでした。

中に、指揮権を発動して小沢さんの秘書を逮捕させた森英介、女子大性を買春していた佐田玄一郎、いいカッコしたいために議員になったような石原伸晃の顔がありました。

わたしには、罪人が見せしめのために並ばされているように見えました。

佐田さんなどよく人前に顔を出せますね。

むかし、岸信介の評伝をざっと読んだとき、わたしは孫の安倍さんはどう思うのだろう、祖父を恥じて世間に顔向けできないのではないかと思ったのですが、まったくの杞憂でした!


c0243877_1116274.jpg










×
by michi-no-yuri | 2015-02-17 11:20 | Comments(1)
Commented by たいち様 at 2015-03-03 15:53 x
安倍家っていうのは本来山口の海賊出身で明治後 ガラの悪いゴロツキ連中が 腕力で地域をのさばり 家系図を書き換え
日本軍国を推し進めた悪の一員でしかない
岸とか あべしんすけ あそう 実は戦犯生き残り ユダヤアメリカが 天皇と共にこれら 生かしとくと使い物になりそうだなっと 危ふく助かった ゴロツキです
笹川良一 児玉なんとか
<< 「ヨーロッパの繁栄はアジアの屈... 十六日 その二  第二次大戦一... >>