人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

日本は日本のものではない?

あさ、新聞を見るとユーウツになる、、(それでも止められない)

とくに「正論」や「Will」の広告の出る日はそうです。

先日、笑ってしまったのは、中国、韓国が世界から見限られて孤立するだろうという本の広告でした。

それは日本のことではないのですか。

きのう、偶然、ある保守派知識人が朝日の誤報について講演している動画を一瞬見てしまったのですが、恐いなと思ったのは、聴衆の熱狂的な反応でした。

なにもかもが戦前の空気になっていく、、

正気の反対は狂気なのですが、狂っている人は自分が狂っているとは思いません。

立ち止まって、もしかしたら自分はおかしいのでは?と思うような人はまずいません。

わたしはネット上にわずかにある「正気」を見て、なんとか息をついているような感じなのですが、それも早晩姿を消していくのでしょうね。



c0243877_1215210.jpg



「正論」の見出しに

「あり得なかった『性奴隷』『強制連行』」とあり、この人は戦争をなんだと思っているのだろうかという疑問を持ちました。

戦争そのものが「強制連行」なのに、、自由意思が許されるとでも?

サンケイ紙上に「鈍機翁のため息」を連載している湯浅博さんが書いているのが

「国家存亡をかけた安倍外交の戦い」

しかし、戦いなんてものではありませんが、これはある意味当たっているかもと苦笑しました。

「国土の未来像なき『リニア不要』論こそ不要なり」

を書いているのは天野光三という人。

わたしはこういうことで日本を誇りに思いたい人が嫌いです。

日本の技術は凄いだろうと自慢したいのでしょうが、そんなことより自分が誇れるような人間になることが先決ではありませんか。

国民の生活を地獄に突き落としてもリニアだそうで、まるで北朝鮮です。



c0243877_12164291.jpg



名誉とか誇りとかわたしには寝言にしか聞こえません。

三十日、アーミテージとキャンベルが官邸を訪れ、菅官房長官に会っています。

とても不愉快です。

いちいち文句をつけにくるのです。

アメリカ政府とは無関係な人間をなぜ堂々と官邸に招じ入れるのですか。


「反戦な家づくり」ブログが、大臣の不祥事が次々と出てくることについてこう書いておられます。



米国の指示で云々という話をすると陰謀論者というレッテルを貼る人がいるが、形だけの独立国である日本には、総理大臣をトップとする表の系列と、米本国からの指令を受ける裏の系列があることなど、もはや周知の事実だろう。

幻の小沢政権を葬り去った裏の系統は、厳然として存在する。

陰謀などと言うオドロオドロシイものではなく、普通の顔をした官僚や検察やマスメディアである。

この裏の系列の許可なしに、メディアはこのような不祥事オンパレードを報道できない。




c0243877_1242613.jpg



日本は日本人のものだろうかとときどき不思議な思いにとらわれることがあります。

名誉だ誇りだと言っている人は、半島経由(発祥?)の宗教を信じる何百万人の信者によってほぼ日本全国隈なくかれらの勢力下に置かれていることを知らないのでしょうか。感じないのでしょうか。

わたしは知らなくても感じることができるのです。

(皇室や靖国神社も狙われていた、、)



c0243877_1291127.jpg



「反戦な家づくり」ブログの記事にはいつも衝撃を受けるのですが、今回はとくに堪えました。


その一方で、金、資産、頭脳、公共サービス、すべてが容赦なく奪われていく。

もちろん、その中には自衛隊も入っている。

集団的自衛権というのは、――自衛隊という軍事財産を人間ごと米軍に差し上げます、ということなのである。

TPPの軍事部門と言ってもいいかもしれない。



わたしも同じことを思ってきましたが、こうハッキリとした言葉で言われるとショックを受けます。

もうしかたないのかな、、、

肝心の自衛隊から反論もないようだし、、

それでいいのかな。

アメリカへの貢ものになってもいいのかな。

考えると、日本にはどこにも出口がありませんね。



c0243877_1293611.jpg








by michi-no-yuri | 2014-11-01 12:10 | Comments(6)
Commented by machidanooka at 2014-11-01 13:29
二年ほど前になりますか、偶然本ブログの存在を知り爾来ずっと愛読させて頂いております。時折ハッとさせられる問題指摘と、居丈高でないたおやかな文章に感心します。

以前にも書きましたが、ブログのほとんどに共感するものですが唯一あなたがこの上なく警戒する「半島経由の宗教」について私には理解が不足しています。ご教示頂ければ幸いです。

町田の丘

Commented by michi-no-yuri at 2014-11-01 19:46
Machidanookaさま

コメントありがとうございました。
以前もそういうご質問をいただきましたが、
理解できないとおっしゃるのには
何かわけがおありなのでしょうか。
もし差支えなければそのわけをお聞かせ
いただければありがたいと思います。
何百万人の信者を擁する宗教といえば
そう多くはないと思います。
このブログを読んでくださっている人なら
みなさんよく分かっておられると思いますので
これ以上わたしから言うことはないと思っています。
申し訳ありません。
Commented by machidanooka at 2014-11-02 04:13
ご返事有難う。何だかまずいことを質問し当惑させたようで申し訳ありませんでした。別段深い意味はないのです。
韓国の宗教事情には全く疎いのですが、日本の政治にそれ程の影響力を持つ宗教団体が存在するとは信じられません。
時おり耳にする統X教Xのことでしょうか。

私はクリスチャンではありませんが聖書については相当突っ込んだ研究をしました。この書物がどのように成立しのちのカトリック、プロテスタント神学がどう確立されていったのかそれなりの知識を有しています。ギリシャ語・ラテン語の原典にもあたりました。上記韓国宗教のHPを一覧してみましたが、独特のカルトでありとても老獪な日本の政治家が受信するとは思えません。政治献金と選挙支援を期待しているだけの付き合いと思うのですが。
Commented by michi-no-yuri at 2014-11-02 14:40
Machidanookaさま

ネットをしている人には周知のことだと
思っていたのですが、町田の丘さまは一つにことを
深く知りたいという学究肌の人なのでしょう。
わたしはブログを始めてから(その前からですが)
一冊の本も読んでいません。
(読書への情熱はごく若いときに終わりました。)
こんなブロガーはわたしだけでしょう。
過去と現在のことは車の両輪でなければいけないのですが
わたしは今現在のことで精いっぱいです。
逆に、歴史の中の一つのことにこだわって、今現在のこと
には無関心というか、関連付けられない人もいて
それも勿体ないことだと思います。
それを関連付けて考察できる人を歴史家というのでしょうね。
Commented by at 2014-11-03 06:51 x
先日友人とあった時、彼が、米国の鮨屋に鮮魚をおろしている業者は統一教会系と話して居てビックリしました。別に私は創価であろうが統一であろうが、おいしければそこへ食べに行きますけど、そう言えば最近の日本食ブームに乗って寿司屋が増えている事はたしかですが、経営者は韓国か中国かもしくはベトナム辺りの人が多いですね。おいしいのはいいのですが、なにぶん生の魚を食べる文化がない国の方がどのように調理しているのかちょっと心配な部分はあります。また、場所の賃貸契約時に日本人がトラブル事もあるそうな。そんなとき、巨大宗教団体などに属していれば安心という事もあるのでしょうか。生長の家とか天理教とかの人もたまにいます。ちょっと興味ありますね。日蓮宗の夏のバザーで千ドル当たったという人もいましたね〜。それもいいな〜♪
Commented by michi-no-yuri at 2014-11-03 10:36
まつさま

つい先日、日本のトーイツ教会の信者の人が
アメリカでレストランを回って魚を売っていることを
知ったばかりです。
日本ではもうショウバイできなくなったのでしょうか。
ソーカだろうがトーイツだろうが美味しければいいという
そういうまつさんの精神が好きです。
<< 救済されるということ 空気伝染の恐ろしさ >>