人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

歴史はつくられる

兄の蔵書の大半は専門書なのですが残り半分は近現代史、とくに昭和に関連するものが殆どです。

いつだったか、わたしが兄に「山本五十六ってアメリカと通じていたらしいよ」と言ったら、なにを言うかバカモンが!という顔で睨まれました。

しかし、わたしが独り言のように、これらの本の中にどれだけの真実があるのかなと言ったのは理解できなかったようで黙っていました。

歴史は信じないというのがわたしの信念みたいなものですが、卑近な例で言えば、副島さんがお釈迦さんは輪廻転生を否定していたと断定されたことが新たな歴史をつくっていくかもしれないということでも分かるのではありませんか。

こういう個人、あるいは組織の思いつきや悪意によってどれだけの歴史が捏造されてきたことでしょう。

もう、いい加減にしてくれませんか。

竹原信一さんは知識は誤解だと言われました。

誤解の断片が歴史になっていくということではありませんか。。

意識して嘘をばら撒く人、

無意識に嘘を垂れ流しているひと

世の中、右を向いても左を見てもうそばっかりです。

それなのに、どうして歴史が真実でありえましょうや。

さっき、芥川龍之介の「藪の中」を思い出していたのですが、
(小説は読んでいません)結局、真実は何だったのでしょう。

あるファクトがあって、それを見る人はバラバラな印象を語ります。

つまり、初めから混乱と誤解があるということです。

奈良公園にて。
c0243877_1191026.jpg


娘が五歳くらいのとき、知らないおじさんが遊んでくれたそうで、それを娘が「いいオッチャンだった」と言ったのを、たまたま来ていた姉が聞きとがめて「いい加減なことを言うものではない」と厳しく叱ったことがあります。

「オマエはその男の人の何を知っているのか」と。

最近になって、この姉の言葉が思い出されます。

先日も、兄の告別式で、初めて会う人たちへの予想や予断がことごとく外れていたことからも、もう、これからはだれに対しても、何に対しても予断は持つまいと思いました。

それはわたしにとって難しいことではありません。


c0243877_1165965.jpg


兄の膨大な書物はお弟子さんに貴重なものだけを選んでもらい、あとはきれいさっぱりと処分するということを聞いてわたしは大いに安堵しました。

兄はいい息子を持ちました。

父親の貪りや執心を、息子が一刀のもとに処断してくれたのです。

最高の供養ではありませんか。

わたしは、わけもなくこれで兄の人生は完結したのだと思って感動しました。

作りかけの「戦艦大和」のプラモデルも処分されるのでしょう。

それがもともとの「大和」の宿命だったのです。









×
by michi-no-yuri | 2013-11-22 11:22 | Comments(5)
Commented by まつ at 2013-11-22 12:16 x
戦後、アメリカ人と結婚してアメリカへ渡って来た女性たちももう80歳を大分すぎています。ところが、不思議なことに子供ができなかった人達がとても多いのです。私が知っている中でも軽く15人くらいいます。時々、養子をもらったという人もいますが、ほとんどの人はご主人も先立ち、文字通りひとりぼっちです。この夏、そう言う人が老人ホームにはいることになったので、家の物を処分したいと連絡があったので皆で行きましたが、もう山のようながらくた、捨てるのもお金が掛かるし私達もそれほど欲しい物もありません。それを見て私も年を取ってからのことが恐ろしくさえ思われました。家に帰って来てさっそくいらない物をかなりリサイクルに出しました。どんなにお金があっても、物を持っていても、あの世へは持って行かれません。回りからは迷惑がられます。私の目標は茶室のようにこざっぱりと住まうことです。でもなかなかむつかしいです。あとは、こちらで一人になった場合、在米フィリピン人に囲まれて全部持って行かれるケースもあるので要注意です。別にそれでもいいならいいですけど。
Commented by michi-no-yuri at 2013-11-22 17:42
まつさま

母が旅行でサンフランシスコに行ったときホテルで掃除婦をしているそういう日本女性に会っています。
話してみると家のすぐ近所の出身だったそうでいろいろ身の上話を聞いたと言っていました。
写真の彼女は七十歳くらいでその顔には苦労が染みついているようでした。
日本に帰りたいけどお金がないと。
なんと悲しい運命かと胸のつぶれる思いがしました。

そういう施設にはお金がなくても入れるのですか。
やはり、生まれた国ではないということで心細いことも多いのでしょうね。

わたしもできるだけものを減らすことを心がけています。
津波に全部流されてしまった人のことを思って執着や未練を断ち切るようにしています。
Commented by 菜の花 at 2013-11-23 01:01 x
私の伯父は戦艦大和に乗っていました。もちろん戦死です。
実家のお墓参りをする時、伯父の墓にも必ず参ります。
奥さんと、生まれたばかりの娘(私にとっては従姉妹)がいたそうですが
、奥さんは再婚したそうです。
私は生まれていなかったので、伯父にはもちろん会ったことはありませんが、祖父母の家に飾られていた軍人姿の伯父はほんとうに凛々しくて、この伯父の戦死を無駄にしてはいけないと、なぜか小さい時から思っていました。
Commented by まつ at 2013-11-23 04:06 x
アメリカの施設は大変高いです。彼女のはいっている所は日本で言うグループホームのような所で、比較的お元気な方がはいる所ですが、一ヶ月に3000ドルほどです。6000ドルくらいの所はざらにあります。みんな家や土地を売ってはいって来ます。10年以上前に私の義理の母が完全看護の施設にはいった時は、相部屋で月5000ドルでした。何でも、財産が日本円にして200万円以下になった時に政府が面倒を見てくれるそうで、それまでは家も売ったり貯金もすべて使うようになるそうです。義母は1年ほどでなくなりましたので、家の売却まではしませんでした。ただ、この日本人の方の様に、ご主人が職業軍人の場合は、とてもベネフィットがいいので年金も沢山もらえ、医療費もほとんどカバーしてもらえるそうです。でも20年以上勤めなければだめだそうです。(しかも、太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム、全部行ってる!?コワイ〜)米国は医療費も異常ですが、老人施設の金額も異常です。今後どうなって行くかはわかりませんがね。このままでは済まされないでしょう。
Commented by michi-no-yuri at 2013-11-23 07:46
菜の花さま

そうなのですか。伯父様は「大和」と運命を共にされたのですか。
むかし、吉田満の「戦艦大和」を読んだことがありますが
うろ覚えですが、艦が沈んでからの描写に嘘があったと
問題になっていなかったでしょうか。

凛々しいお顔だったことは想像できます。
あのころはみんな凛々しい顔をしていましたね。
男性も女性も。
<< 伊勢と朝熊山 その一 あこがれの生活 >>