人気ブログランキング |
ブログトップ

谷間の百合

taninoyuri.exblog.jp

醜悪なるもの。

山本太郎さんの直訴が大きな問題に発展していますが、わたしには問題の本質がどこにあるかを隠すためだとしか思えません。


参院での懲罰委員会での委員や太郎さんの国会質問を前に居並ぶ議員の顔がテレビに映しだされましたが、人間らしさの片鱗もない表情の下に隠れている打算や嫉妬や憎悪が垣間見えて、わたしは思わず、この醜悪なるもの!と思って見ていました。

陛下から手紙をひったくるようにして懐に仕舞った侍従長の顔が象徴的なのですが

政治利用だとか、それ以前のマナーの問題だとか、田中正造との比較などを訳知り顔に述べたりするすべての言論がわたしには忌まわしく疎ましく思えます。

わたしは憲法のことも歴史のことも知りません。

知らないなら黙っていろ、と言われるかもしれませんが、そう言われてもわたしのこころが黙ってくれないのです。


c0243877_13284917.jpg


山本太郎さんは3.11の直後から福島の子どもの避難を一貫して訴え続けています。

個人でできることはやってもやってもその成果は微々たるものです。

それで政治に訴えていこうと政治家になったものの、上述したように、政治の世界は打算と嫉妬が渦巻く魔界でした。

では、どうすればよかったのですか。

いま、太郎さんのことを問題にしているときですか。

福島の子どもの健康が刻々と蝕まれているというのに

いま、山本太郎のことを問題にしている場合ですか。

わたしたちは言うだけです。

言うことも行動の内だと思いますが、止むにやまれぬこころで行動に出た人のことを批判にしろ擁護にしろいろいろ論評を加えていること自体がわたしには醜悪にしか思えないのです。

手紙は陛下にはわたらなかったということです。

しかし、そんなことは最早どうでもいいことです。

山本太郎さんのあの行動がすべてであり、陛下はそのすべてを大御心で受け止められたのだと思います。


柳生の里
c0243877_13291320.jpg










×
by michi-no-yuri | 2013-11-06 13:37 | Comments(2)
Commented by ミルキー at 2013-11-07 07:10 x
<<陛下から手紙をひったくるようにして懐に仕舞った侍従長の顔が象徴的なのですが
同じことを感じました。天皇陛下宛の手紙なのに、天皇の意志は無視して没収なんですね。宮内庁は、問題ですね。
山本太郎さんは、感動させてくれる人です。国民のことをこれほどまで、思ってくれる政治家がいたでしょうか。感謝しなければいけないのに、バッシングですか。
なぜ、政府は、福島の住民を助けないでしょうか。自国民させ、救えないのに、海外への援助をするのはなぜですか。在日駐留米軍には、ずいぶん気前よく、日本の血税を使うのに、日本国民には、援助なしで、増税するのは、なぜ・・?
世の中が、日本が、まったく、わからなくなりました。
Commented by michi-no-yuri at 2013-11-07 13:01
ミルキーさま
わたしも同じことをいつも思っています。
ワタンという方が
「自公民が天皇利用が既得権益だと思い込んでいて
新米の若造に見事にお株を奪われ嫉妬に狂った」と
書いておられますが
ほんとうに、政界に限りませんが、打算と嫉妬ばっかりです。
わたしは、なにはともあれ、
美しいこころを美しいと思えるこころだけは失いたくありません。

<< どこにも居なくなってしまうなん... 畏れながら、陛下は喜ばれていた... >>